亡くなったはずの役者さん

paralleee

私は昔、ある役者さんの熱狂的なファンでした。

その役者さんが出ている作品を全て見る事は勿論、雑誌を買い集めたりと、私の生活は彼と共にありました。

しかし役者さんは、ある日病気のために休養。

復帰を望んで待っていましたが、そのまま病気で亡くなってしまいました…。

彼の死を知った私は何も出来なくなり、とうとう半ば鬱の様な状態になってしまい…。

不安定に陥ると外でも家でも泣き崩れ、本当に今思うと愚かですが「役者さんが死んだのはお前らのせいだ」と、事務所に中傷の電話やファックスを何度も送るなどしていました。

次第に私は『なんとかして役者さんを蘇らせる事は出来ないだろうか』と、オカルトに嵌まり始めます。

悪魔だの精霊だの、交霊術やお寺参りだの、色々な事を試したのですが上手くいかず。

ある日ブチギレた私は、『もう絶対に死んでやる』と、半ば自棄で住んでいるマンションの屋上へ上がりました。

その夜は大きな青白い満月が浮かんでいるとても美しい星空で、少し頭が冷えた私は泣きじゃくり「返して!私が死んだら代わりに役者さんを返して!!うわあああ~ん!!!」と叫ぶもどうしようもなく。

結局、私はマンションの柵を越えて、そのまま頭から飛び降りてしまいました。

…というここまでの記憶はあるのですが、飛び降りたその瞬間に私は目覚め、気が付くと家のベッドに居ました。

妙に鮮明な夢だったなあと思いながらテレビを点けると『いいとも』がやっており、ああもうこんな時間だと思っていると、奇妙な事に気づきます。…日付がおかしい。

私が飛び降りたのは確かに11月14日だったのですが、今の日付も11月14日。

次第に夢のような感覚から覚めてきた私は、色々おかしい事に気付きます。

もしあれが夢だとしても、他の昨日の記憶が私には全く無く、床に就いた記憶も無い。

そしてもう一つ。今まで自分がやってきた事を思い出して酷い不快感に陥った事。

それから私は今まで役者さんに捧げていた情熱もすっかり失せて、役者さんに関する DVDや雑誌、グッズを全て売り払いました。

あれだけ愛していた役者さんでしたが今は全く興味が無く、あの頃の私は黒歴史です…。

それからしばらくは心を病む事も無く健やかに暮らしていたのですが、テレビを見ていた時、あの役者さんが普通にトーク番組で質問に答えていました…。

何がどうなっているんだと混乱しつつインターネットで調べてみると、病気の事などは一切書いておらず、普通に御存命中のようで、私はモニターの前で狼狽してしまいました。

あれから結構な頻度で役者さんをバラエティ系の番組等で見るようになったのですが、役者さんはそういった事で表に出るのは嫌いな人だったはずなのです…。

ところが、そういった私の手に入れた情報の記述はネット上から無くなってしまい、食い入るように見ていた 2chの『ご冥福をお祈りします』という役者さんスレの沢山の書き込みも見当たらない。

全部夢なんだと納得してしまえば良いのだし、実際1年経った今となっては夢のような記憶となりつつあるのですが、やはりどうにも納得いかない事が多く、たまに恥ずかしい黒歴史もあって一人モヤモヤしています…。

関連記事

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。彼は登山歴3年くらいの経験…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。欠伸を噛み殺しながら、『そろそろ火の始末をして…

プルタブ(フリー素材)

不思議なプルタブ

小学5年生の夏、集団旅行に行った帰りの事。貸し切りの電車の中、友人と缶ジュースを飲みながら雑談していた。私はスポーツ飲料を飲み干し、その缶を窓辺に置いて網棚の上から荷物…

姉からの着信

実家に帰省したある夏休み。夜中の3時に自分の部屋でネットをしていた時、私の携帯電話に姉から着信があったの。姉は廊下を挟んだ向かいの部屋にいるんだから、何か話したいのなら…

森(フリー写真)

不思議な子供とおじいさん

20歳の頃だったか、まだ実家でプータローをやっていた時の話。うちは物凄い田舎で、家のすぐ傍が森や山みたいな所だったのよ。それで何もやる事がないし、家に居たら親がグチグチ…

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。季節外れの台風により大きな被害が出た。古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。すると田んぼの中に、…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…