坂道と父

公開日: 心霊ちょっと良い話

坂道(フリー写真)

5年ほど前に父を亡くしました。

体を壊して働けなくなり、自棄になってアルコールやギャンブルに走って借金を作り、最後は

「飲んだら死ぬよ」

と医者に言われながらも、飲み続けて死んでしまいました。

もっと優しくしてあげられたら自棄になることもなかったのかなとか、苦労させられたけど何かできることがあっただろうにと、後悔でいっぱいでした。

父が亡くなった朝、叔母が父が夢枕に立ってお辞儀して行ったと話していました。

挨拶しに来たんだろうねえと言われていましたが、それならどうして私のところに来ないんだろうと、密かに憤慨したものでした。

怖がりで暗い部屋や人気の無い夜道を歩くのは大嫌いな私ですが、いかにも『出そう』な場所に居れば父と会えるような気がして、わざとそういう場所で暫く佇んだりもしました。

あれは、父が亡くなって一ヶ月と少し経った頃でした。

その夜も会社からの帰り道、一人でとぼとぼ歩いていました。

その頃にはもう色々な後悔から、

『お父さんは私を嫌いだったのかな』『優しくしてあげなかった私を恨んでるのかな』

と思い詰めていました。

どうして夢にさえ出てきてくれないんだろうと思っていました。

家へ帰る長い坂道を登って行って、登り切ったところで振り返るのは私の癖です。

振り返って見ると、ずっと下の方に坂を降りて行く男の人が見えました。

一目見て心臓がドキッとしました。

その背中、その歩き方は、父によく似ていました。

思わず小走りで追い掛けましたが、5、6歩行ったところで

『まさかそんなことがあるわけないか』

と我に返りました。

見れば見るほどよく似ていたので、姿が見えなくなるまでと思いぼんやり眺めていると、姿が見えなくなる直前に男の人が立ち止まりました。

男の人は振り返り、こちらに向かって手を振るのです。

『誰に向かって手を振っているんだろう?』

と不思議に思って辺りを見回しても、他に人影はありません。

そう言えば、坂を登って行った私とその人は途中で擦れ違うはずなのに、擦れ違わなかったと後になって気付きました。

混乱したまま手を振り返すと、男の人は一層大きく手を振った後、また歩いて行ってしまいました。

それからは不思議と心が軽くなり、自分は愛されていたのだと、漠然とですが思えるようになりました。

関連記事

ソファー(フリー写真)

人の想い

俺は出張マッサージを生業にしているのだけど、十何年か前、名前を言えば誰でも知っている会社の会長さんのお宅に仕事でお伺いした時の事。いつものように呼び鈴を押して返事を待っていた…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。それから半年ほど経った頃、夢を見ました。従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

戦闘機(フリー写真)

白いマフラー

俺のじいちゃんは昔、パイロットだった。若い頃のじいちゃんの写真は、白のマフラーを巻いて格好つけていて、でも本当に格好良かった。俺もじいちゃんみたいな戦闘機乗りになりた…

庭に咲く花(フリー写真)

光る玉

私の母は私を産む前に二度流産しており、三度目(私)の時も、何度か駄目になりかけていたそうです。妊娠4ヶ月頃の時も、やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、その時、庭で二人…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

おとうさん、こっち!

お隣に、両者とも全盲のご夫婦が住んでいらっしゃいます。この話は、ご主人から茶飲み話に伺ったものです。 ※ ご主人は16歳の時に、自転車事故で失明されたそうです。当然…

金木犀(フリー写真)

金木犀の苗木

両親を事故で亡くした俺には、9歳離れた姉貴が居た。子供の頃、肥満気味で両親が居なくて虐められていた俺を、いつも助けてくれた。優しくて、強くて、俺の自慢の姉貴だった。 …

雪景色(フリー素材)

もどり雪

一月の終わり、山守りのハルさんは、山の見廻りを終えて山を下っていた。左側の谷から、強烈な北風に舞い上がった粉雪が吹き付けてくる。ちょっとした吹雪のような、『もどり雪』だ…

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。その店は10階建てのビルの地下にあった。地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…

手を繋ぐ(フリー写真)

おじいちゃんの短歌

高校の時、大好きなおじいちゃんが亡くなった。幼い頃からずっと可愛がってくれて、いつも一緒に居てくれたおじいちゃんだった。足を悪くし、中学の頃に入院してから数ヶ月、一度も…