寂しがりなじいちゃん

公開日: 心霊ちょっと良い話

お茶(フリー写真)

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。

殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。

ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると居間で気配が。

行ってみると、生前じいちゃんの定位置だった座椅子に、薄ボンヤリとしたじいちゃんが座っていた。

ばあちゃんは、

「テレビぐらい点けたら良いのに」

と言いながらリモコンを操作。

台所に戻ってお茶を淹れ、じいちゃんに出すとすうっと消えて行った。

またある日、またばあちゃんが台所仕事をしていると、開けておいた勝手口の向こうでじいちゃんが雨の中立っていた。

ばあちゃんは、

「このバカたれ!雨降ってんだから早く中に入れ!」

と怒鳴りつけ、乱暴に手招きしてじいちゃんを呼び入れた。

そして、体が冷えているだろうからと風呂を沸かしてやったら、風呂場からチャプチャプと水音が。

ばあちゃん曰く、

「じいちゃん寂しがりだったからねぇ。寂しいなら行ったり来たりじゃなく、ずっと居ればいいのにねぇ」

そういう問題なのかとは思うが、ばあちゃんは結構楽しそうだ。

関連記事

空(フリー写真)

爺さんの教え

学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。「人前で泣くな」が爺さんの教えだったから。 ※ 数日後、母か…

天使のはしご(フリー写真)

成仏した女の子

私の母がまだ独身だった25年程前の話です。交差点を渡ろうとした時、前に10歳くらいの女の子が歩いていて、その子が目の前で左折しようとしたトラックの後輪に巻き込まれてしまった。 …

父と息子(フリー写真)

親父の微笑み

俺が地元を離れて仕事をしていた時の事。休みも無い仕事だらけのGW中に、普段は滅多に掛かっては来ない実家からの電話が鳴った。親父危篤、脳腫瘍。持って数ヶ月。親父が…

ビル(フリー写真)

お迎え

二ヶ月前、以前在籍していた会社の社長が亡くなった。就職の決まらなかった私を拾ってくれて、生まれて初めての『回らない寿司』を食べさせてくれた。癌で入院しているのは知って…

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

火事(フリー写真)

男の手

俺に父は居ない。俺と双子の妹が生まれるずっと前に癌に罹り、俺たち兄妹が生まれて暫くしてから亡くなったらしい。 ※ 俺たち兄妹が小学生になったある日。学校から帰っての…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。A子には3…

薔薇の花(フリー素材)

祖母の加護

小さい頃から、寂しかったり悲しかったり困ったりすると、何だか良い香りに包まれるような気がしていた。場所や季節が違っても、大勢の中に居る時も一人きりで居る時もいつも同じ香りだから…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

田舎の風景(フリー写真)

氷を買いに来る若者

これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。じいちゃんは、鉄工所を経営する腕利きの職人だった。じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があった…