除霊するオッサン

公開日: ほんのり怖い話 | 笑える怪談

学生寮の部屋(フリー写真)

一年ほど前に起きたこと。

俺の学校は全寮制なんだけどさ、寮の一番端の部屋でよく幽霊騒ぎがあったんだよね。

俺は反対側の端っこの部屋だから、そこの部屋に行く機会は無く、直接見たことは無かったんだけど、軍服を着た人がその部屋の一番端のベッドの上でいつも踞っていたらしい。

害は無かったんだけど、あまり霊感の強くない人にも見えてしまっていたらしく、みんな気味悪がっていた。

ちなみに俺の学校は元々旧軍の跡地で、工事で穴を掘れば変なものがよく出てきていたらしい。

人骨が出たと言う噂も聞いたし、この軍服の幽霊以外にもよく騒ぎが起きるんだけど、学校が特定されても嫌だし、この話と関係ないからここでは省略する。

そしてついに、寮の学生長が管理人のオッサン(40歳半ばくらい)に相談したんだよね。

そしたらそのオッサン、

「任せろ、俺が追っ払ってやる」

とか言い出した。

その後、俺は部屋の外から見ていて詳しいことはよく解らなかったが、部屋の中から見ていた人から聞いた話によると…。

オッサンは部屋のドアを開けるなり、

「貴様か!」

と怒鳴り、幽霊に突進して行き、そのまま幽霊の髪の毛を鷲掴みにし、

「何勝手に人様の家に勝手に住み着いているんじゃボケ!!」

という感じで怒鳴り散らしながら幽霊の顔面をぶん殴ったり、蹴りをひたすら入れていたそうだ。

中から見ていた人謂わく、幽霊が可哀想に思えたとのこと。

オッサンが、

「いいか? 分かったなら出て行け!」

と叫んで幽霊の頭を放したら、スーッと幽霊は消えて行ったそうだ。

「もう大丈夫だ」

とオッサンは言った。

それからその幽霊は姿を見せることは無くなったらしい。

後日談なのだが、そのオッサンが言うには、霊なんてわざわざお坊さんにお祓いして貰わなくても、気合いと威圧感で幽霊は除霊出来るとのこと。

ちなみにオッサン、この寮に来る前もよくお祓いを頼まれて、同じ方法で幽霊を撃退してきたとのこと。

今まで失敗したことは無かったらしい。

ところでふと気になったのだけど、このオッサン、確かに幽霊を追っ払ったんだけど、成仏はさせてないよね…。

根本的なところ解決してないじゃん。

幽霊、どこか別のところに移動しただけなんじゃないの?

関連記事

女性のシルエット(フリー素材)

赤の他人

俺は物心付いた時から片親で、父親の詳細は判らないままだった。 俺は幼少期に母親から虐待を受けていて、いつも夕方の17時から夜の21時まで家の前でしゃがみ込み、母親が風呂に入って寝…

すごく地味な

中学生の頃、家が近いのでいつも学校から一緒に帰る友達がいた。 ちなみに自分女、友達はユキといって、幼馴染の女の子。 中学から家までは、大体歩いて30分ぐらいの距離だった。 …

長袖の下に

小学校の時に転校してきた奴で、少し変わった奴がいた。 家はやや貧乏そうで、親父さんがいないみたいだった。 お袋さんは2、3回見たことがあるけど優しそうで普通に明るい人だった…

綺麗に揃えられる靴

小学校の頃、近所にお化け屋敷と言われている家があった。 まあ、実際は屋敷という程でもない少し大きめな日本家屋なんだが、小学生の言うことだしな。 その日は両親共に帰宅が遅くな…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。 まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。 俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。 また、兄弟子たちも…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

女性のシルエット(フリー素材)

この女になろうと思った

友達が経験した話です。 高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。 Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bか…