除霊するオッサン

公開日: ほんのり怖い話 | 笑える怪談

学生寮の部屋(フリー写真)

一年ほど前に起きたこと。

俺の学校は全寮制なんだけどさ、寮の一番端の部屋でよく幽霊騒ぎがあったんだよね。

俺は反対側の端っこの部屋だから、そこの部屋に行く機会は無く、直接見たことは無かったんだけど、軍服を着た人がその部屋の一番端のベッドの上でいつも踞っていたらしい。

害は無かったんだけど、あまり霊感の強くない人にも見えてしまっていたらしく、みんな気味悪がっていた。

ちなみに俺の学校は元々旧軍の跡地で、工事で穴を掘れば変なものがよく出てきていたらしい。

人骨が出たと言う噂も聞いたし、この軍服の幽霊以外にもよく騒ぎが起きるんだけど、学校が特定されても嫌だし、この話と関係ないからここでは省略する。

そしてついに、寮の学生長が管理人のオッサン(40歳半ばくらい)に相談したんだよね。

そしたらそのオッサン、

「任せろ、俺が追っ払ってやる」

とか言い出した。

その後、俺は部屋の外から見ていて詳しいことはよく解らなかったが、部屋の中から見ていた人から聞いた話によると…。

オッサンは部屋のドアを開けるなり、

「貴様か!」

と怒鳴り、幽霊に突進して行き、そのまま幽霊の髪の毛を鷲掴みにし、

「何勝手に人様の家に勝手に住み着いているんじゃボケ!!」

という感じで怒鳴り散らしながら幽霊の顔面をぶん殴ったり、蹴りをひたすら入れていたそうだ。

中から見ていた人謂わく、幽霊が可哀想に思えたとのこと。

オッサンが、

「いいか? 分かったなら出て行け!」

と叫んで幽霊の頭を放したら、スーッと幽霊は消えて行ったそうだ。

「もう大丈夫だ」

とオッサンは言った。

それからその幽霊は姿を見せることは無くなったらしい。

後日談なのだが、そのオッサンが言うには、霊なんてわざわざお坊さんにお祓いして貰わなくても、気合いと威圧感で幽霊は除霊出来るとのこと。

ちなみにオッサン、この寮に来る前もよくお祓いを頼まれて、同じ方法で幽霊を撃退してきたとのこと。

今まで失敗したことは無かったらしい。

ところでふと気になったのだけど、このオッサン、確かに幽霊を追っ払ったんだけど、成仏はさせてないよね…。

根本的なところ解決してないじゃん。

幽霊、どこか別のところに移動しただけなんじゃないの?

関連記事

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。飛行機で沖縄経…

お婆さんの手(フリー写真)

差し出された手

これはある寝苦しい晩に体験した出来事です。その日、猛暑と仕事で疲れていた私は、いつもより早目の21時頃に、子供と一緒に就寝することにしました。疲れていたのですぐ寝入るこ…

俺が薪を嫌悪する理由知らない?

俺ね、物心ついた時から“薪”がどうしてもダメだったんです。あの木を割った棒きれが。どうダメだったかと言うと、例えば『北の国から』などのドラマで薪が出ると、物凄い嫌悪感というか吐…

犬と結婚した男

現在、インドには日本の人口の約10倍となる約12億人が暮らしている。ゆえに、それだけ人がいれば変わり者も多い。2012年に『犬と結婚した男がインドいる』とネット上で話題になった…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

アパート(フリー写真)

好条件物件

まだ自分が大学在学中、あれやこれやがあって、気分を変えるため引越しをすることにした。大学のそばにある不動産屋で、大学と係わりの強いおばちゃんに条件を提示しつつ、お勧めの物件につ…

年賀状をくれる人

高校生の時から今に至るまで、十年以上年賀状をくれる人がいる。ありきたりな感じの干支の印刷に、差出人の名前(住所は書いてない)と、手書きで一言「彼氏と仲良くね!」とか「合格おめで…

黒い塊

これは、二十歳になったばかりの男子学生の経験した話である。その学生が住んでるアパートは、築35年くらいの木造で、駅からも結構距離がある。トイレは共同だし風呂もついてない…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…