曰く付きの絵画

公開日: 怖い話

倉庫(フリー背景素材)

一つ俺の体験談をば。

秋口の頃だったか、俺の勤めている会社の社長の菩提寺が建物の一部を修復するとかで、俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行かされたことがあった。

……本来は休日である土曜日に、だ(笑)。

ご本尊の裏にある位牌やら何やらを、丁寧に梱包して箱詰めしていたまでは良かったのだが、何か妙に気になる物があるのね。

あからさまに額縁入りの絵画なのだけど、布が被せてあるのよ。それも複数枚。

黙ってスルーしていれば良かったのだろうけど、やはり気になる。

それでもって住職の息子さんに聞いてみたのよ。

「これ、絵ですか? 何でこんな風にしてあるんです?」

そしたら息子さん、カラカラと笑いながら、

「ああ、それは皆『曰く付き』の絵です。だからうちで預かってるんですよ」

と事も無げに言う。

「……あー……ははは、そうですかー」

聞かなきゃ良かったなあ、とプチ後悔しながら作業に戻り、やがて夕暮れになった。

会社の大型ワゴン車二台分くらいのダンボール荷物を乗せたまま山道(田舎の高所にある寺だった)を下って、その途中道の駅で食事をすることになった。

食事しながら係長に、

「そういやあの荷物どこに下ろすんですか?」

と聞くと、

「会社の倉庫」

だと言う。

……えー。何か怖いじゃん。やだなあ、位牌まみれの倉庫で在庫調べるのは。

まあ、そんなこと言っても仕方が無いので、会社に戻ってから倉庫の一角に荷物を下ろし、それじゃあお疲れ様、という運びになったんだけどね。

本当に嫌だったのはその翌々日。つまり月曜の夕方。

うちで注文した資材が入荷したので、倉庫に運んだんだけどさ。

……例の位牌が入ったダンボール箱の一つの蓋が開いている。

そればかりか、何か見覚えのある布の被った絵が、そのダンボールに立てかけてある。

うわ、マジで洒落にならん、と思ったけど『気になる』なんて生易しいものじゃないから、一応確認してみようと思った。

布をそーっと捲って見てみると、女の人の肖像画だった。

肩口から上がモナリザのような構図で描いてある絵。

……ただ、まあ、流石だね。寺で預かるだけのことはあるね。

殺意のある目がこちら睨んでいて、唇の端がきゅーっと笑いの形に吊り上ってる。

十人に聞いたら十人が「気持ち悪い」と言うであろう表情。描いたやつの気が知れない、というレベルの。

速攻で倉庫を出て、係長に進言した。

「持って来たはずの無い絵がある」

ちょっとした騒ぎになった。

すぐにその時の面子が倉庫に集められて、

「これ、誰が持ち込んだんだ」

と質問。

そしたら隣の部署の新人が手を挙げる訳だ。最早、彼以外の全員が「???」状態。

だってそんなもの運べなんて誰も指示していない。何でそんなことをしたのか。

新人「……よく覚えてないんですけど、俺が(ダンボールに)入れたような気がします」

係長「気がした、ってのはどういうことだ」

新人「すみません、よく覚えてないんです」

係長「………」

俺「土曜日、ここに運んだ時は箱には封がしてあっただろ。開けたのは誰なんだ?」

新人「あ、それも僕です」

俺「……何で? 今日あの寺から荷物の問い合わせでもあったの?」

新人「いえ……昨日、ぶらっと会社に来てこの絵を見てたから……」

係長・俺・その他「……………っ!」

つまりそいつは、わざわざ嫌な絵を運んで来たばかりか、日曜日に会社に来てその絵を眺めていたらしい。

休日で誰も居ない会社の倉庫で、一人で。

しかも彼は自分がそういう行動を取ったのは覚えているのに『何故そんなことをしたのか』がどうしても思い出せない、とのこと。

この時点で俺は鳥肌立ちまくり。係長も「こりゃヤバい」と判断したらしく、すぐ寺に連絡した。

後で聞いたら、電話の向こうで住職の息子さんがこんなことを言っていたらしい。

「ああ、付いて行っちゃいましたか。その人を怒らないであげてください。悪いのはその絵ですから」

……手伝いメンバー全員が寺に持って行くことを拒否したため、返却は運送屋さんに任せました。

泣く泣く再梱包したのはその新人だったが(笑)。

関連記事

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

オンマシラの儀

俺の実家周辺はかなり山深くて、未だに携帯の電波も届かない。子供の頃はTVゲームも知らず、山で遊ぶしかない暮らしだった。日が暮れるまで山で虫を捕まえたり、基地を作ったり…。 …

みさきとおばあちゃん

朝起きて家の前でタバコをふかしていると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。「○○ちゃん(私の名前)、頼みたい事があるんだけど……。ちょっと、みさき(Aさんの娘さん、小…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

太平洋戦争

大東亜トンネル

これは自分が大学生だった時の話だ。当時やんちゃだった自分は、よく心霊スポットに出かけていた。ある日、遊び仲間の友達が「すぐ近くに幽霊トンネルがあるらしい」と教えてくれた…

疫病神

20年くらい前、高校生の時一人で留守番をしていたら、インターホンが鳴った。出てみると、乞食みたいなのが立っていて「この家には死神がついている」と言い残して立ち去っていった。それから…

銭湯(フリー背景素材)

もう一人の足

母が高校生くらいの頃、母にはAさんという友人がいたそうです。その人は別に心霊現象に遭うような方ではなく、本当に普通の人だったそうです。ある日、母とAさんは近くの銭湯へと…