曰く付きの絵画

公開日: 怖い話

倉庫(フリー背景素材)

一つ俺の体験談をば。

秋口の頃だったか、俺の勤めている会社の社長の菩提寺が建物の一部を修復するとかで、俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行かされたことがあった。

……本来は休日である土曜日に、だ(笑)。

ご本尊の裏にある位牌やら何やらを、丁寧に梱包して箱詰めしていたまでは良かったのだが、何か妙に気になる物があるのね。

あからさまに額縁入りの絵画なのだけど、布が被せてあるのよ。それも複数枚。

黙ってスルーしていれば良かったのだろうけど、やはり気になる。

それでもって住職の息子さんに聞いてみたのよ。

「これ、絵ですか? 何でこんな風にしてあるんです?」

そしたら息子さん、カラカラと笑いながら、

「ああ、それは皆『曰く付き』の絵です。だからうちで預かってるんですよ」

と事も無げに言う。

「……あー……ははは、そうですかー」

聞かなきゃ良かったなあ、とプチ後悔しながら作業に戻り、やがて夕暮れになった。

会社の大型ワゴン車二台分くらいのダンボール荷物を乗せたまま山道(田舎の高所にある寺だった)を下って、その途中道の駅で食事をすることになった。

食事しながら係長に、

「そういやあの荷物どこに下ろすんですか?」

と聞くと、

「会社の倉庫」

だと言う。

……えー。何か怖いじゃん。やだなあ、位牌まみれの倉庫で在庫調べるのは。

まあ、そんなこと言っても仕方が無いので、会社に戻ってから倉庫の一角に荷物を下ろし、それじゃあお疲れ様、という運びになったんだけどね。

本当に嫌だったのはその翌々日。つまり月曜の夕方。

うちで注文した資材が入荷したので、倉庫に運んだんだけどさ。

……例の位牌が入ったダンボール箱の一つの蓋が開いている。

そればかりか、何か見覚えのある布の被った絵が、そのダンボールに立てかけてある。

うわ、マジで洒落にならん、と思ったけど『気になる』なんて生易しいものじゃないから、一応確認してみようと思った。

布をそーっと捲って見てみると、女の人の肖像画だった。

肩口から上がモナリザのような構図で描いてある絵。

……ただ、まあ、流石だね。寺で預かるだけのことはあるね。

殺意のある目がこちら睨んでいて、唇の端がきゅーっと笑いの形に吊り上ってる。

十人に聞いたら十人が「気持ち悪い」と言うであろう表情。描いたやつの気が知れない、というレベルの。

速攻で倉庫を出て、係長に進言した。

「持って来たはずの無い絵がある」

ちょっとした騒ぎになった。

すぐにその時の面子が倉庫に集められて、

「これ、誰が持ち込んだんだ」

と質問。

そしたら隣の部署の新人が手を挙げる訳だ。最早、彼以外の全員が「???」状態。

だってそんなもの運べなんて誰も指示していない。何でそんなことをしたのか。

新人「……よく覚えてないんですけど、俺が(ダンボールに)入れたような気がします」

係長「気がした、ってのはどういうことだ」

新人「すみません、よく覚えてないんです」

係長「………」

俺「土曜日、ここに運んだ時は箱には封がしてあっただろ。開けたのは誰なんだ?」

新人「あ、それも僕です」

俺「……何で? 今日あの寺から荷物の問い合わせでもあったの?」

新人「いえ……昨日、ぶらっと会社に来てこの絵を見てたから……」

係長・俺・その他「……………っ!」

つまりそいつは、わざわざ嫌な絵を運んで来たばかりか、日曜日に会社に来てその絵を眺めていたらしい。

休日で誰も居ない会社の倉庫で、一人で。

しかも彼は自分がそういう行動を取ったのは覚えているのに『何故そんなことをしたのか』がどうしても思い出せない、とのこと。

この時点で俺は鳥肌立ちまくり。係長も「こりゃヤバい」と判断したらしく、すぐ寺に連絡した。

後で聞いたら、電話の向こうで住職の息子さんがこんなことを言っていたらしい。

「ああ、付いて行っちゃいましたか。その人を怒らないであげてください。悪いのはその絵ですから」

……手伝いメンバー全員が寺に持って行くことを拒否したため、返却は運送屋さんに任せました。

泣く泣く再梱包したのはその新人だったが(笑)。

関連記事

犬の呪い

オチのない思い出話。 昭和45年、小学5年の頃、ある呪いの方法が少年誌に書いてあった。 犬を首輪で繋いで、その口が届かぬところに餌を置き、そのままにしておく。 犬は空…

女友達の話

怖いと言うか気持ち悪い話。動物好きで特に猫好きの方は絶対に読まないで欲しい。 細かい会話とかは覚えてないので適当だが……。 俺の中学時代からの女友達の話。仮に佳織としておく…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。 ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。 それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。 私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。 夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。 私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。 しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。 「…

工事現場(フリー写真)

マンホールの男

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。 多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。 ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。 その細い裏道…

田舎の村

十九地蔵

俺の家は広島の田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。俺の村をA村、隣村をB村としよう。 不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明だ。A村の住人に聞いてもB村の住人に聞いても明確な理由は判…

廃村(長編)

俺が小学5年の頃の話だ。 東京で生まれ育った一人っ子の俺は、ほぼ毎年夏休みを利用して1ヶ月程母方の祖父母家へ行っていた。 両親共働きの鍵っ子だったので、祖父母家に行くのはた…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。 当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。 研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…