曰く付きの絵画

公開日: 怖い話

倉庫(フリー背景素材)

一つ俺の体験談をば。

秋口の頃だったか、俺の勤めている会社の社長の菩提寺が建物の一部を修復するとかで、俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行かされたことがあった。

……本来は休日である土曜日に、だ(笑)。

ご本尊の裏にある位牌やら何やらを、丁寧に梱包して箱詰めしていたまでは良かったのだが、何か妙に気になる物があるのね。

あからさまに額縁入りの絵画なのだけど、布が被せてあるのよ。それも複数枚。

黙ってスルーしていれば良かったのだろうけど、やはり気になる。

それでもって住職の息子さんに聞いてみたのよ。

「これ、絵ですか? 何でこんな風にしてあるんです?」

そしたら息子さん、カラカラと笑いながら、

「ああ、それは皆『曰く付き』の絵です。だからうちで預かってるんですよ」

と事も無げに言う。

「……あー……ははは、そうですかー」

聞かなきゃ良かったなあ、とプチ後悔しながら作業に戻り、やがて夕暮れになった。

会社の大型ワゴン車二台分くらいのダンボール荷物を乗せたまま山道(田舎の高所にある寺だった)を下って、その途中道の駅で食事をすることになった。

食事しながら係長に、

「そういやあの荷物どこに下ろすんですか?」

と聞くと、

「会社の倉庫」

だと言う。

……えー。何か怖いじゃん。やだなあ、位牌まみれの倉庫で在庫調べるのは。

まあ、そんなこと言っても仕方が無いので、会社に戻ってから倉庫の一角に荷物を下ろし、それじゃあお疲れ様、という運びになったんだけどね。

本当に嫌だったのはその翌々日。つまり月曜の夕方。

うちで注文した資材が入荷したので、倉庫に運んだんだけどさ。

……例の位牌が入ったダンボール箱の一つの蓋が開いている。

そればかりか、何か見覚えのある布の被った絵が、そのダンボールに立てかけてある。

うわ、マジで洒落にならん、と思ったけど『気になる』なんて生易しいものじゃないから、一応確認してみようと思った。

布をそーっと捲って見てみると、女の人の肖像画だった。

肩口から上がモナリザのような構図で描いてある絵。

……ただ、まあ、流石だね。寺で預かるだけのことはあるね。

殺意のある目がこちら睨んでいて、唇の端がきゅーっと笑いの形に吊り上ってる。

十人に聞いたら十人が「気持ち悪い」と言うであろう表情。描いたやつの気が知れない、というレベルの。

速攻で倉庫を出て、係長に進言した。

「持って来たはずの無い絵がある」

ちょっとした騒ぎになった。

すぐにその時の面子が倉庫に集められて、

「これ、誰が持ち込んだんだ」

と質問。

そしたら隣の部署の新人が手を挙げる訳だ。最早、彼以外の全員が「???」状態。

だってそんなもの運べなんて誰も指示していない。何でそんなことをしたのか。

新人「……よく覚えてないんですけど、俺が(ダンボールに)入れたような気がします」

係長「気がした、ってのはどういうことだ」

新人「すみません、よく覚えてないんです」

係長「………」

俺「土曜日、ここに運んだ時は箱には封がしてあっただろ。開けたのは誰なんだ?」

新人「あ、それも僕です」

俺「……何で? 今日あの寺から荷物の問い合わせでもあったの?」

新人「いえ……昨日、ぶらっと会社に来てこの絵を見てたから……」

係長・俺・その他「……………っ!」

つまりそいつは、わざわざ嫌な絵を運んで来たばかりか、日曜日に会社に来てその絵を眺めていたらしい。

休日で誰も居ない会社の倉庫で、一人で。

しかも彼は自分がそういう行動を取ったのは覚えているのに『何故そんなことをしたのか』がどうしても思い出せない、とのこと。

この時点で俺は鳥肌立ちまくり。係長も「こりゃヤバい」と判断したらしく、すぐ寺に連絡した。

後で聞いたら、電話の向こうで住職の息子さんがこんなことを言っていたらしい。

「ああ、付いて行っちゃいましたか。その人を怒らないであげてください。悪いのはその絵ですから」

……手伝いメンバー全員が寺に持って行くことを拒否したため、返却は運送屋さんに任せました。

泣く泣く再梱包したのはその新人だったが(笑)。

山(フリー素材)

人喰い寺

ある山中に、周りと異なって木が生えていない、少し開けた場所があります。 昔はそこにあるお寺が建っていたそうです。 その山は山菜が豊富に自生していて、地元の人は秋の実りの恩恵…

石段(フリー写真)

朽ち果てた神社の夢

二十年前から現在まで続く話。 俺は当時大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していた。 その時は、普段帰省時に通っている道とは別の道を通って行った。 見渡す限りの山や…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。 奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。 特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。 その男が病気の床にあるとき、…

古民家(フリー写真)

幸恵

戦後すぐのお話。 哲夫という田舎の青年が、カメラマンになるために上京しました。 哲夫には幸恵という恋人が居ました。 幸恵は両親の反対を押し切り、哲夫と一緒に上京。貧し…

冬の村(フリー素材)

奇妙な風習

これは私の父から聞いた話です。 父の実家は山間の小さな村で、そこには変わった習慣があったのだそうです。 それは、毎年冬になる前に行われる妙な習慣でした。 その頃になる…

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。 何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

銀杏の木(フリー写真)

止まった時間

私が小学校3年生か4年生の時のことです。 友人5人と神社の境内で『ダルマさんが転んだ』をやっていました。 小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放って遊んでいま…

白い顔の女

大学時代の友人、藤本の話をします。藤本は入学当初から賑やかで遊び好きな男でした。 その藤本が2年の春から大学の近くにアパートを借りて、一人暮しを始める事になったのです。 晴…

某宗教団体

某宗教団体(J・W)で、伝説的になっている話をひとつ書き込みます。 ある姉妹(その教団内ではバプテスマ=洗礼を受けた女性をこう呼びます)が、王国会館(集会を開く場所)の周りで草刈…