ドライブの夢

公開日: 心霊ちょっと良い話

女性の後ろ姿(フリー写真)

3年前に昔の彼女が死んだ。信号無視の車に轢かれ、打ち所が悪かったのだ。

当時は既に別れていたから、友人から聞き葬式には出席できた。

復縁して別れた彼女だったのだが、一回目の告白も、復縁しようと言い出したのも俺から。別れ話も2回とも俺からだった。

今思うと振り回してばかりで、俺は本当に駄目な男だったと思う。

当時は留年中だったし、2つ年上で社会人の彼女に嫉妬や妬みばかりだった。

俺が鬱っぽくなり、彼女の心配も邪魔になって別れた。

負い目から、別れた後は友人と遊ぶ時もかなり態度に出していた。餓鬼でした。

彼女の葬式前後の記憶はあまりないが、ある日、彼女の夢を見た。

ドライブがお互いの趣味だったためか、夢の中でもドライブしていた。

彼女が運転していて、他愛もない会話をしていた。

しかし会話の内容が、

「別れた後のあんたの態度、腹立ったわ」とか、

「別れ話の時のあの言葉、死ぬまで覚えてた」とかで、

俺が知らなかった彼女の心情だった。

笑いながら話す彼女に、俺は「わりぃわりぃ(笑)」と返事をしていた。

急に彼女が「あ、大事な事を言うよ」と言った。

「あんた、病院行きな。明日には行って。あと、あんた通ってる病院ヤブだから、○○病院ね」

ここで目が覚めた。

俺、腸に持病持ちなんだ。

いつもだったら定期検診以外はよほど悪くならないと病院には行かない。

しかし付き合っていた時、よく俺の体の心配していた彼女の言う事だから、指定された病院に検査目的程度に行ってみた。

すると腸にポリープが出来ていて、切除したら癌でした。

早期発見だったのが良かったのか、腸を少し切除したものの結果良好。

医者にも「進行する前で良かった。ポリープが定期検診の時に見つからなかったのが不思議だ」と言われた。

病院を変えて良かった…。

退院してから、また彼女とドライブする夢を見た。

「お前のおかげで助かった」と言うと、

「いつも言ってたでしょ、あそこヤブだって」とドヤ顔をされた。

何だか俺泣けてきて、付き合っていた時に嫉妬していた事とか、持病持ちで留年なんかする俺を好きだと言うお前を信じられんかったとか、振り回してごめん、それをお前が死ぬ前に言えんくてごめんって、泣きながら言った。

俺、餓鬼やった。お前いつも話聞いててくれたのにな、ごめん。

言いたかった事を言うと、彼女は車を停めて俺の方を向き、

「あんたが笑っててくれれば、それで私は幸せやったよ。私も支えれんくてごめんね」

と言った。

そこで目が覚めた。

それから彼女と会話する夢は見ない。

彼女が死んでから3年経つけど、この夢は忘れられないな。

今だにこの夢を思い出すと、泣けてくる。

俺は本当に駄目な男だな。

心霊とは違うかもしれませんが、俺が経験した話でした。

関連記事

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。おばあちゃん、四歳の…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

空(フリー写真)

夢枕に立つ祖母

俺にとってばあちゃんは『優しさ』の権化のような人だった。いつもにこにこしていて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなばあちゃんのことが大好きだった。ば…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…