ドライブの夢

公開日: 心霊ちょっと良い話

女性の後ろ姿(フリー写真)

3年前に昔の彼女が死んだ。信号無視の車に轢かれ、打ち所が悪かったのだ。

当時は既に別れていたから、友人から聞き葬式には出席できた。

復縁して別れた彼女だったのだが、一回目の告白も、復縁しようと言い出したのも俺から。別れ話も2回とも俺からだった。

今思うと振り回してばかりで、俺は本当に駄目な男だったと思う。

当時は留年中だったし、2つ年上で社会人の彼女に嫉妬や妬みばかりだった。

俺が鬱っぽくなり、彼女の心配も邪魔になって別れた。

負い目から、別れた後は友人と遊ぶ時もかなり態度に出していた。餓鬼でした。

彼女の葬式前後の記憶はあまりないが、ある日、彼女の夢を見た。

ドライブがお互いの趣味だったためか、夢の中でもドライブしていた。

彼女が運転していて、他愛もない会話をしていた。

しかし会話の内容が、

「別れた後のあんたの態度、腹立ったわ」とか、

「別れ話の時のあの言葉、死ぬまで覚えてた」とかで、

俺が知らなかった彼女の心情だった。

笑いながら話す彼女に、俺は「わりぃわりぃ(笑)」と返事をしていた。

急に彼女が「あ、大事な事を言うよ」と言った。

「あんた、病院行きな。明日には行って。あと、あんた通ってる病院ヤブだから、○○病院ね」

ここで目が覚めた。

俺、腸に持病持ちなんだ。

いつもだったら定期検診以外はよほど悪くならないと病院には行かない。

しかし付き合っていた時、よく俺の体の心配していた彼女の言う事だから、指定された病院に検査目的程度に行ってみた。

すると腸にポリープが出来ていて、切除したら癌でした。

早期発見だったのが良かったのか、腸を少し切除したものの結果良好。

医者にも「進行する前で良かった。ポリープが定期検診の時に見つからなかったのが不思議だ」と言われた。

病院を変えて良かった…。

退院してから、また彼女とドライブする夢を見た。

「お前のおかげで助かった」と言うと、

「いつも言ってたでしょ、あそこヤブだって」とドヤ顔をされた。

何だか俺泣けてきて、付き合っていた時に嫉妬していた事とか、持病持ちで留年なんかする俺を好きだと言うお前を信じられんかったとか、振り回してごめん、それをお前が死ぬ前に言えんくてごめんって、泣きながら言った。

俺、餓鬼やった。お前いつも話聞いててくれたのにな、ごめん。

言いたかった事を言うと、彼女は車を停めて俺の方を向き、

「あんたが笑っててくれれば、それで私は幸せやったよ。私も支えれんくてごめんね」

と言った。

そこで目が覚めた。

それから彼女と会話する夢は見ない。

彼女が死んでから3年経つけど、この夢は忘れられないな。

今だにこの夢を思い出すと、泣けてくる。

俺は本当に駄目な男だな。

心霊とは違うかもしれませんが、俺が経験した話でした。

関連記事

夫婦の手(フリー写真)

あの世とこの世

若くして亡くなった夫は、美術的な才能のある人でした。でも息子は小学生の頃から図画の授業は全然ダメ。その点は父親に似なかったんですね。顔も似ていません。性格はよ…

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が伝えたかったこと

母が二月に亡くなったんだよね。でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。 ※ 母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希…

キャンプ場

少女のお礼

この話は僕がまだ中学生だった頃、友人の家に泊まりに行った時に聞いた話。友人と僕が怪談をしていると、友人の親父さんが入って来て、「お前たち幽霊の存在を信じてるのかい? 俺…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。…

飲み屋街(フリー素材)

常連客

学生時代、叔父が経営する小さな小料理屋(居酒屋)で手伝いをしていた。常連客の中に、70代のMさんという真っ白な頭の爺様が居た。ほぼ毎日、開店時間の16時から24時くらい…

病室(フリー素材)

絵日記

この前、夜遅くの深夜にハッっと起きてしまいました。なんでいきなり起きちゃったんだろう…と思っていると、部屋の隅に何かの気配を感じました。眼を凝らして見てみると、それは…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…