真っ白な蝶々

公開日: 心霊ちょっと良い話

白い蝶(フリー写真)

私の母が亡くなってから、色々な出来事がありました。

最初は、母の葬儀が終わって夕方家に戻った時のことです。

玄関の黒いドアの真ん中に、真っ白な蝶々がぴったり止まっていました。

直感的に『お母さん、戻って来たんだ』と思い、

「家に入りたい?」と聞いたら、

『いいよ』とを返事するように、玄関の灯りが一瞬、ふわっと明るくなりました。

蝶々の羽根の模様が、母の顔に掛けたハンカチの刺繍の柄にそっくりで、暫くその蝶々を眺めていました。

次の朝になってもその蝶々は同じ場所に居て、私の知り合いや友人たちも皆、

「お母さんだ」「○○さんに間違いないよ」

と蝶々を囲んで話していました。

それから初七日を迎える前の晩まで、蝶々は同じ場所にぴったり止まったままでした。

時折、私が出掛けようとすると、ふわふわと庭の仕切りまで見送ってくれて、帰るとまた元の場所に止まっているのです。

初七日の前の晩。

「明日の朝は初七日だから、もう行かなくちゃいけないんじゃない?」

と話をして、お水をお供えしました。

初七日の朝、ドアを開けてみると、蝶々は居ませんでした。

初七日を終える夜、私はそれまでの疲れや心労でどっと寝込み、40℃ 近い熱が出ました。

うんうんと唸りながら、夜中の2時を過ぎた時のことです。

右腕がすっと真っ直ぐひとりでに持ち上がり、手の平にじんわりと温かい感触が伝わりました。

母の手に握られている感触です。

ふっと気持ちが楽になって、それから暫く心地良くそのままの姿勢で居ました。

気が付くと朝の5時になっていました。

3時間も腕を上げっぱなしだったはずなのに、体がとても楽になっていて、熱もすっかり引いていました。

見ていてくれているんだな、護られているんだなと、温かい気持ちになりました。

それから2、3日が経った晩、また夜中に腕がすっと上がりました。

今度は指先で、ひらがなでメッセージを送ってくれました。

『かわいいかわいい○○、いつもそばにいるからね。

○○にはなにもしてあげられなくてごめんね。

でも、これからはいつもまもっているからね』

『それから、おねがいがあるの。

いちばんおくのおしいれのいしょうけーすのしたに、おかあさんのひみつのたからものがあるの。

それをみつけて、もやしてほしいの』

母に言われた通りに、押し入れの一番奥の衣装ケースの下敷きを捲ってみると、ありました。

母が若い頃、父からもらったラブレターでした。

母に言われた通り、次の日に庭で燃やしました。

きっと天国に届いていると思います。

関連記事

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。 そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

大きな木(フリー写真)

初恋のお兄さん

小学3年生の頃、当時9歳だった私は、学校で虐めに遭っていました。 幼なじみの友達はいたのですが、一人で過ごす方が楽に感じてきていました。 ※ そんなある夏の日のこと…

火事(フリー写真)

男の手

俺に父は居ない。 俺と双子の妹が生まれるずっと前に癌に罹り、俺たち兄妹が生まれて暫くしてから亡くなったらしい。 ※ 俺たち兄妹が小学生になったある日。 学校から帰っての…

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。 親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。 散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。 犬は決まっ…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

女性の後ろ姿(フリー写真)

ドライブの夢

3年前に昔の彼女が死んだ。信号無視の車に轢かれ、打ち所が悪かったのだ。 当時は既に別れていたから、友人から聞き葬式には出席できた。 復縁して別れた彼女だったのだが、一回目…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。 俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。 中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。 夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

犬(フリー写真)

お爺さんとの絆

向かいの家の犬が息を引き取った。 ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。 お爺さんは犬の散歩の途中、曲がり角で倒れ込み、そのまま帰らぬ人となった。脳出血だったら…