彼女の夢

公開日: 心霊ちょっと良い話

カップル(フリー写真)

若干長いんだけど、もう見えなくなった彼女の心霊的な話。

中学の頃は不良だった。

身も心も荒んでいて、周りは受験を意識していた中学3年生の夏。

他校でやらかしてしまい、色々とお咎めを受けた。

俺の更生プログラムみたいなものが組まれ、その一環で市の図書館の掃除などを任せられた。

寂れた図書館で、もうあと少しで無くなる予定の図書館。

切り盛りしているのが市の職員と数人のおばちゃん。

来ている人も殆ど居らず、本当に暇だった。

俺は学習室のテラスでサボって煙草。

『早く終わらねーかなー』なんて毎日考えていた。

そこで知り合ったのが彼女。

「そこで煙草吸うな」

と説教を始めた彼女。

むかついて彼女の制服目掛けて煙草を投げてしまい、制服が煙草で燃えてしまい穴が開いてしまった。

彼女は泣きながら家に帰ってしまった。

流石にやり過ぎたと思い、職員に身元を聞き、家まで謝りに行った。

そんな訳で知り合いになった。

毎日図書館の管理をする俺と、毎日そこに来る彼女という間柄のおかげで、冬には付き合い始めた。

付き合い始めたおかげで俺は更正し、高校に行くため勉強を教えてもらったりもした。

俺は所謂霊を視る力というのが若干あり、そのせいか時折、彼女が薄く見えることがあった。

『大丈夫なのか?』と心配だったが、それ以上に彼女という人間が不思議だった。

ちょくちょく家にお邪魔させてもらったのだが、ツタなどが絡まっているような廃墟に近い家で、その集落一帯は空港の拡大に向けて立ち退きが決まっていた。

更に彼女は何かの病気だったらしく、大量の薬を服用していた。

色々な事情があったらしく、俺はあまり相手の事情に踏み込むことはしない。

別れは突然だった。

彼女の家にお邪魔していたら親父さんが帰って来て、

「中学生なのに恋愛などするな!」

と俺を殴って追い返した。

「受験を控えた娘にちょっかいを出すな」

と言われ、それ以来会う事が出来なくなった。

彼女がどんな心境だったのかも分からないが、俺は受験を終え、今なら少しくらい会っても良いのではないかと思い、彼女の家に電話をした。

「おかけになった番号は現在使われておりません…」

「えっ? そんな!」

急いで彼女の家に向かった。

そこに彼女の家は無かった。

取り壊された跡で、俺は立ち尽くして泣き叫んだ。

俺はその後、出来る限り彼女の行方を捜したが、彼女が立ち退く前に高校の進学を断念し、入院したという噂を聞いただけだった。

それから暫くして、彼女の夢を見るようになった。

俺が彼女に一生懸命その日あったことを喋りかける夢。

彼女は花畑でにっこりと微笑みながら話を聞く。

俺「今日さ、体育祭があってさ…」

彼女「…」

俺「俺、大学に行きたいんだよ」

彼女「…」

彼女の夢を見ると必ず穏やかな気分になって、起きると泣いていた。

次第に彼女は影が薄れて行った。

最後にその夢を見たのは大学を卒業する直前。

俺「俺さ…就職決まって、ついに地元を出る事になったよ」

彼女「お…め…で…とう…」

ゆっくりお辞儀して、彼女は遠くに行ってしまった。

それ以来、彼女の夢を見ることも、彼女の顔も思い出せなくなった。

その夢を見た翌朝、急いで彼女と一緒に撮った写真や日記帳などを探したのだけど、ついに出てくることはなかった。

もう今では顔も思い出せないけど、一言くらい「ありがとう」を言わせて欲しかったな…と思う。

関連記事

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

空(フリー写真)

夢枕に立つ祖母

俺にとってばあちゃんは『優しさ』の権化のような人だった。いつもにこにこしていて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなばあちゃんのことが大好きだった。ば…

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

京浜東北線(フリー写真)

杖を持ったおじいさん

2年前の出来事。その日、京浜東北線に乗っていた私は、大声を上げながら周りを威嚇するおっさんに出会した。多分、かなり酒を飲んでいたのであろう。パチンコで負けただ…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

手を繋ぐ(フリー写真)

おじいちゃんの短歌

高校の時、大好きなおじいちゃんが亡くなった。幼い頃からずっと可愛がってくれて、いつも一緒に居てくれたおじいちゃんだった。足を悪くし、中学の頃に入院してから数ヶ月、一度も…

繋いだ手(フリー素材)

おばあちゃんが結んだ御縁

半年前に誕生日を迎えたんだけど、その夜に不思議な夢を見た。昔のおじいちゃんの家で正座をしていて、辺りを見渡していたら、ふとおばあちゃんが入って来た。おばあちゃん、四歳の…