彼女の夢

公開日: 心霊ちょっと良い話

カップル(フリー写真)

若干長いんだけど、もう見えなくなった彼女の心霊的な話。

中学の頃は不良だった。

身も心も荒んでいて、周りは受験を意識していた中学3年生の夏。

他校でやらかしてしまい、色々とお咎めを受けた。

俺の更生プログラムみたいなものが組まれ、その一環で市の図書館の掃除などを任せられた。

寂れた図書館で、もうあと少しで無くなる予定の図書館。

切り盛りしているのが市の職員と数人のおばちゃん。

来ている人も殆ど居らず、本当に暇だった。

俺は学習室のテラスでサボって煙草。

『早く終わらねーかなー』なんて毎日考えていた。

そこで知り合ったのが彼女。

「そこで煙草吸うな」

と説教を始めた彼女。

むかついて彼女の制服目掛けて煙草を投げてしまい、制服が煙草で燃えてしまい穴が開いてしまった。

彼女は泣きながら家に帰ってしまった。

流石にやり過ぎたと思い、職員に身元を聞き、家まで謝りに行った。

そんな訳で知り合いになった。

毎日図書館の管理をする俺と、毎日そこに来る彼女という間柄のおかげで、冬には付き合い始めた。

付き合い始めたおかげで俺は更正し、高校に行くため勉強を教えてもらったりもした。

俺は所謂霊を視る力というのが若干あり、そのせいか時折、彼女が薄く見えることがあった。

『大丈夫なのか?』と心配だったが、それ以上に彼女という人間が不思議だった。

ちょくちょく家にお邪魔させてもらったのだが、ツタなどが絡まっているような廃墟に近い家で、その集落一帯は空港の拡大に向けて立ち退きが決まっていた。

更に彼女は何かの病気だったらしく、大量の薬を服用していた。

色々な事情があったらしく、俺はあまり相手の事情に踏み込むことはしない。

別れは突然だった。

彼女の家にお邪魔していたら親父さんが帰って来て、

「中学生なのに恋愛などするな!」

と俺を殴って追い返した。

「受験を控えた娘にちょっかいを出すな」

と言われ、それ以来会う事が出来なくなった。

彼女がどんな心境だったのかも分からないが、俺は受験を終え、今なら少しくらい会っても良いのではないかと思い、彼女の家に電話をした。

「おかけになった番号は現在使われておりません…」

「えっ? そんな!」

急いで彼女の家に向かった。

そこに彼女の家は無かった。

取り壊された跡で、俺は立ち尽くして泣き叫んだ。

俺はその後、出来る限り彼女の行方を捜したが、彼女が立ち退く前に高校の進学を断念し、入院したという噂を聞いただけだった。

それから暫くして、彼女の夢を見るようになった。

俺が彼女に一生懸命その日あったことを喋りかける夢。

彼女は花畑でにっこりと微笑みながら話を聞く。

俺「今日さ、体育祭があってさ…」

彼女「…」

俺「俺、大学に行きたいんだよ」

彼女「…」

彼女の夢を見ると必ず穏やかな気分になって、起きると泣いていた。

次第に彼女は影が薄れて行った。

最後にその夢を見たのは大学を卒業する直前。

俺「俺さ…就職決まって、ついに地元を出る事になったよ」

彼女「お…め…で…とう…」

ゆっくりお辞儀して、彼女は遠くに行ってしまった。

それ以来、彼女の夢を見ることも、彼女の顔も思い出せなくなった。

その夢を見た翌朝、急いで彼女と一緒に撮った写真や日記帳などを探したのだけど、ついに出てくることはなかった。

もう今では顔も思い出せないけど、一言くらい「ありがとう」を言わせて欲しかったな…と思う。

関連記事

手を繋ぐ(フリー写真)

おじいちゃんの短歌

高校の時、大好きなおじいちゃんが亡くなった。幼い頃からずっと可愛がってくれて、いつも一緒に居てくれたおじいちゃんだった。足を悪くし、中学の頃に入院してから数ヶ月、一度も…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。そこで、道の左端をすり抜…

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

イタリアの町並み(フリー写真)

ロベルト

これは俺が3年前の夏にイタリアのローマで体験した話です。俺は大学でイタリア文学を専攻していて、大学4年の時に休学し半年間ローマに留学していた。その時にローマの郊外にある…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。起きている奴等…

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

ラグビー(フリー写真)

先輩の分まで

大学に入学してすぐにラグビー部に入った。入部するなり、ある4年生の先輩に「お前は入学時の俺にそっくりだ」と言われた。その先輩は僕と同じポジションだった。…