U字溝

15162

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。

んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だったんだ。

部落の爺ちゃん婆ちゃんは何故かそこには近づかないので、その息子たちの世代(俺の親父の世代)が半年に一回くらい掃除するんだ。

でも、そこの一ヶ所のU字溝の付近はいわくつきと言うか、近づいたら死人が出るって言われていた。けど親父達の世代はそんなの年寄りの迷信だと思って構わず掃除してたんだ。

そしたら昼間は元気だった近所のおじさんがその夜突然亡くなった。それ以降その家は幽霊屋敷になった。

で、自宅の風呂場で亡くなってたから警察とかも来たんだけど、死因は脳梗塞かなんかだって言われてた。

ただ昼間凄い元気で健康そのものだった人が急に亡くなったし、その人がU字溝を掃除してた人だったから、暫くはその噂で持ちきりになった。

それから色々あって掃除は無かったんだけど、数年後にまたそこの掃除が来た。

年寄りたちは反対だったらしいけど一応神聖な場所では有るだろうから、U字溝を避けてやることに決まった。

けどやっぱり迷信だと気にしない人もいるわけで、U字溝を掃除しちゃった人がいるんだ。その時はヤバイって人達と笑い話になる人達といて、実際に気にする人もいなかった。

でも、次の日の昼間、掃除した人が農機具に巻き込まれて亡くなっだ。吸い込まれるように刃に潜っていって亡くなったそうだ。

そんなこともあってさすがに何かあると思ったけど、知ってるかもしれない年寄り衆もみんなもう亡くなってたし、この科学の時代に、怖いとは思っても本気で信じる人はいなかったらしい。

同世代が二人も亡くなって、流石にあそこは避けようってことになり、次の掃除の時は近づく人もいなかった。

掃除も順調に進み、伸びてきた木をうちの親父がチェーンソーでが切ってたら、足場にしてた太い木が急に倒れ、木から落ち…てたら大惨事だったんだど、近くにいた親父の友達が下から支えてくれて、事なきを得た。

ただ親父の友達が親父を支えた場所が問題で、その場所は掃除しないようにと、蓋をしたU字溝のちょうど蓋の上だったんだ。

そこにいたみんながこれは不味いぞ…って空気になったけど、蓋の上からだったし大丈夫だろうと思ったんだ。

でも次の瞬間、下から叩いてるような音と共にU字溝の蓋が2~3回が上下に動いた。

大人二人を乗せたままU字溝の蓋が上下に動いたもんだから、掃除はそこまでにしてもう解散ってことになった。

帰りはみんな無言だった。

親父の友達が亡くなったのは次の日の昼間だった。

釣りに行って海に落ちたそうだ。

一緒に行った人達は、普通に会話してたのに、急にフラつきながら海に落ちたからびっくりしたそうだ。

親父は一緒に行った人達になぜすぐに助けなかったと食ってかかったけど、海に落ちた時にはすでに亡くなっていたそうで、助けようが無かったそうです。

親父曰く、今年は震災で掃除は無かったけど、今後掃除が有ってもあそこには行きたくないとのことです。

以上、地元で実際にあった、心霊現象なんか信じない親父の体験した話でした。

関連記事

悪夢を見せる子守唄

もう時効だと思うから、結婚前に告白する。 うちには代々伝わる「相手に悪夢を見せる子守唄」っていうのがある。 何語か分からないけど、詩吟とかに近い感じで、ラジオ体操の歌ぐらいの短…

柿の成る家(フリー素材)

ジロウさん

23年程前の話。 俺の地元は四国山脈の中にある小さな村で、当時も今と変わらず200人くらいの人が住んでいた。 谷を村の中心として狭い平地が点在しており、そこに村人の家が密集…

飢饉があった村(長編)

俺の実家、岩手県のとある地方なんだけどさ、毎年帰省するんだけどね。よく田舎って「本家」みたいなのがあるのは分かるかな? その一族の本家っていうかさ、要は親戚縁者を統括する家みたい…

東京五輪

ナレーションの声

小学5年生の頃、アメリカでワールドカップが開催された。 だからという訳ではないけど、幼馴染のNとよく近所の公園でサッカーをしていた。 ある日、「たまには別の公園でやろう」と…

花(フリー素材)

無念のアザ

妹が小学生の頃、家族ぐるみで仲良くしていた母子家庭のAさん親子がいました。 うちも母子家庭だったので、すぐ仲良くなったみたいです。 私は当時高校生だったので、学校やバイトで…

竹林

小学校の頃の話です。 おいらが行ってた小学校の側に竹林があって、そこには「怪しい人が出るから行っちゃ駄目です」って言われてたのね。 俺は結局行かずじまいやったんやけど、結構…

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。 私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、 「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。 明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。 ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

森(フリー素材)

模倣

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。 「巣くうものシリーズ」で纏めてもらっているので、前と同じく説明は省略します(※これまでの…