中古車と女の子

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

高速道路(フリー写真)

ある日、夜中の2時頃に友人が家に来て、

「車買ったから、箱根辺りまでドライブに行こう!」

と誘われた。

中古車でカーステレオも付いていないと言うので、自分の部屋からラジカセと何本かのテープを持って車に乗り込むと、ラジカセに電池が入っていない事に気が付いた。

途中で自販機で電池を買い、再生ボタンを押してみたが作動しない。

『自販機が古かったので電池も古いのか?』と思い、もう1セット買って入れてみたがやはりダメ。

つい先程まで使っていたので、そんな事はないとあれこれ弄っていると、突然ドーンという音と共に、車の後部から追突されたような衝撃が!

身体がシートから浮く程の衝撃だったのでオカマを掘られたと思い、二人して後ろを振り返ると、追突して来たと思われる車どころか、人っ子一人居ない。

『バイクが引っ繰り返っているのかも?』と思い、二人で車の外に出て後部の様子を見に行くと、やはり誰も居ない。

しかも、あれだけの衝撃だったにも関わらず、車には傷一つ無い。

変だなとは思ったが、その時はあまり深くは考えず車に戻った。

しかし、ドアを閉めた瞬間にラジカセから大音響で音楽が流れ始めた。

どうやら再生ボタンをオンにしたまま外に出たようだ。

流石にこの頃には、

「ちょっとヤバくない?」

という話になったが、折角だからと友人はあまり気に掛けていない。

私は少し嫌な予感がちらつきながらも、渋々行く事に同意し、出発する事に…。

行く途中、先程の出来事の話題には一切触れずに会話が弾む。

そして、ここの道路を抜ければ目前という所で私の腹が痛み出す。

急にこんな激痛が襲って来るものだろうか…と思う程の痛みだった。

その激痛のため、身体中が汗ばんで来る。

余程顔色が悪かったらしく、友人が慌てて車をUターンし、猛スピードで私の家へ向かう。

家に近付いて来るに従い、腹痛は序々に治まって来てはいたが、その事は友人には知らせずにいた。

心の中で『このまま箱根まで行ったら絶対事故る』という気がしていたからだ。

家に着き、取り敢えずトイレに直行し用を足したのだが、真夜中だというのに何故か母親が起きていたので、コーヒーでも淹れてくれと頼んだ。

暫くすると、私の部屋にコーヒーを運んで来てくれたのだが、お盆を見るとコーヒーが三つある。

この友人はよくこんな時間でもちょくちょく遊びに来るような奴で、母親とも仲が良かったので、眠れないので一緒に話でもするつもりなんだろうと思った。

テーブルにコーヒーを並べ始め、案の定一緒になって話し込む。

コーヒーを飲んでようやく落ち着きを取り戻したので、母親に

「さっきさぁ~」

と先程の出来事を話すと、

「実はね、お前達が帰って来た時に玄関の方を見ていたら、二人の後からもう一人家に入って来たので、三人居るのかと思っていた」

と言う。そして、

「それで、何でこんな時間に起きていたかというと、近所の女の子が去年車の事故で亡くなった時の夢を見て、ビックリして起きた」

とも…。

その近所の女の子というのは、前年土砂降りの雨の中、やはり夜中に彼氏と箱根に向かう途中、カーブを曲がり切れずに…。

そして母親は嫌な予感がして、寝ずに私の帰りを待っていたらしい。

余談だが、母親はその手の感が鋭い人で、何度も大事故から免れている。

私にもその感が、母親程ではないが少しだけ受け継がれているようです。

そのお陰で、後になってホっと胸を撫で下ろした事が何度かある。

友人の車と今回の事、そして近所の女の子との因果関係はハッキリと判らないが、近所の女の子が私に腹痛を起こさせ、助けてくれたのかも知れないと思っている。

成人になって殆ど会う事は無かったが、小中学生の頃は割と仲良く遊んでいたから…。

その後、友人は何年かその車に乗っていた。

その間、私も何度かその車に乗ったが、普段乗り物酔い等した事が無いにも関わらず、その車に乗ると必ず乗り物酔いをした。

特に後部座席の乗ると酷く、走り出してものの数分で吐き気を催す程だった。

友人は結局、私の話と故障と事故続きで流石に気味が悪くなったらしく、その車は手放してしまった。

母親が言うには、どうも事故車ではないかとの事。

詳しくは判らないが、あの車のせいで過去に何人かの人が亡くなっていたようです。

みちかさん

親戚に霊能者と呼ばれている人がいる。 彼女の地元ではそれなりに有名で、本名とは別に、近所の人は彼女のことを「みちかさん」と呼んでいた。 なんでも”身近”と”未知か”、”道か…

秘密基地

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。 当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。 そこには面白い物やまだ使えそうな物が…

夜の公園(フリー素材)

一緒に遊ぼうよ

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。 もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が…

お婆さんの腕(フリー写真)

幽霊が見える祖母の話

俺の婆ちゃんの話。 婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、 「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」 と言っていた。 実際に俺が霊体験を…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。 父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。 しかし、…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。 その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。 弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

刑ドロ

小さい頃から柔道をやっていたのだが、そこで起きた話。 その道場では毎年12月の初め頃に「鏡開き」をやっていた。 夕方18時から夜の22時くらいまで、道場がぜんざいやおせちを…

イケモ様

昔ばあちゃんの家に預けられてた時、後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。 ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く、行く所も無かったから、その祠の近くにある池でよくじいち…

トンネル(フリー写真)

トンネルの少女

二十数年生きて来て、心霊現象なんて体験したことはなかった。 怖い話は好きだけど、そんなの実際には有り得ないと否定的だった。 今は、肯定する気もないけど否定もできない。 ※…

小さな鍾乳洞

少し昔……と言っても15年以上前の話になる。 俺の地元には小さな鍾乳洞がある。 田んぼと山しかないド田舎だったので、町としても鍾乳洞を利用して観光ビジネスを興そうとしたらし…