中古車と女の子

高速道路(フリー写真)

ある日、夜中の2時頃に友人が家に来て、

「車買ったから、箱根辺りまでドライブに行こう!」

と誘われた。

中古車でカーステレオも付いていないと言うので、自分の部屋からラジカセと何本かのテープを持って車に乗り込むと、ラジカセに電池が入っていない事に気が付いた。

途中で自販機で電池を買い、再生ボタンを押してみたが作動しない。

『自販機が古かったので電池も古いのか?』と思い、もう1セット買って入れてみたがやはりダメ。

つい先程まで使っていたので、そんな事はないとあれこれ弄っていると、突然ドーンという音と共に、車の後部から追突されたような衝撃が!

身体がシートから浮く程の衝撃だったのでオカマを掘られたと思い、二人して後ろを振り返ると、追突して来たと思われる車どころか、人っ子一人居ない。

『バイクが引っ繰り返っているのかも?』と思い、二人で車の外に出て後部の様子を見に行くと、やはり誰も居ない。

しかも、あれだけの衝撃だったにも関わらず、車には傷一つ無い。

変だなとは思ったが、その時はあまり深くは考えず車に戻った。

しかし、ドアを閉めた瞬間にラジカセから大音響で音楽が流れ始めた。

どうやら再生ボタンをオンにしたまま外に出たようだ。

流石にこの頃には、

「ちょっとヤバくない?」

という話になったが、折角だからと友人はあまり気に掛けていない。

私は少し嫌な予感がちらつきながらも、渋々行く事に同意し、出発する事に…。

行く途中、先程の出来事の話題には一切触れずに会話が弾む。

そして、ここの道路を抜ければ目前という所で私の腹が痛み出す。

急にこんな激痛が襲って来るものだろうか…と思う程の痛みだった。

その激痛のため、身体中が汗ばんで来る。

余程顔色が悪かったらしく、友人が慌てて車をUターンし、猛スピードで私の家へ向かう。

家に近付いて来るに従い、腹痛は序々に治まって来てはいたが、その事は友人には知らせずにいた。

心の中で『このまま箱根まで行ったら絶対事故る』という気がしていたからだ。

家に着き、取り敢えずトイレに直行し用を足したのだが、真夜中だというのに何故か母親が起きていたので、コーヒーでも淹れてくれと頼んだ。

暫くすると、私の部屋にコーヒーを運んで来てくれたのだが、お盆を見るとコーヒーが三つある。

この友人はよくこんな時間でもちょくちょく遊びに来るような奴で、母親とも仲が良かったので、眠れないので一緒に話でもするつもりなんだろうと思った。

テーブルにコーヒーを並べ始め、案の定一緒になって話し込む。

コーヒーを飲んでようやく落ち着きを取り戻したので、母親に

「さっきさぁ~」

と先程の出来事を話すと、

「実はね、お前達が帰って来た時に玄関の方を見ていたら、二人の後からもう一人家に入って来たので、三人居るのかと思っていた」

と言う。そして、

「それで、何でこんな時間に起きていたかというと、近所の女の子が去年車の事故で亡くなった時の夢を見て、ビックリして起きた」

とも…。

その近所の女の子というのは、前年土砂降りの雨の中、やはり夜中に彼氏と箱根に向かう途中、カーブを曲がり切れずに…。

そして母親は嫌な予感がして、寝ずに私の帰りを待っていたらしい。

余談だが、母親はその手の感が鋭い人で、何度も大事故から免れている。

私にもその感が、母親程ではないが少しだけ受け継がれているようです。

そのお陰で、後になってホっと胸を撫で下ろした事が何度かある。

友人の車と今回の事、そして近所の女の子との因果関係はハッキリと判らないが、近所の女の子が私に腹痛を起こさせ、助けてくれたのかも知れないと思っている。

成人になって殆ど会う事は無かったが、小中学生の頃は割と仲良く遊んでいたから…。

その後、友人は何年かその車に乗っていた。

その間、私も何度かその車に乗ったが、普段乗り物酔い等した事が無いにも関わらず、その車に乗ると必ず乗り物酔いをした。

特に後部座席の乗ると酷く、走り出してものの数分で吐き気を催す程だった。

友人は結局、私の話と故障と事故続きで流石に気味が悪くなったらしく、その車は手放してしまった。

母親が言うには、どうも事故車ではないかとの事。

詳しくは判らないが、あの車のせいで過去に何人かの人が亡くなっていたようです。

関連記事

峠

イキバタ

友人は「俺って社会不適合者だよね!」と笑いながらタバコを吸う。現在高校生やり直し中の通称「イキバタ」さん。行き当たりばったりを略しての渾名らしい。俺はもう卒業したのだが…

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

箪笥(フリー写真)

形見の箪笥

高校時代の英語教師に聞いた話。解り易い授業と淡々としたユーモアが売りで、あまり生徒と馴れ合う事は無いけれど、なかなか人気のある先生でした。 ※ 昔、奥さんが死んだ時(話の枕…

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。「…

デジタル(フリー素材)

Aの理論

何年か前、友人二人と夜中にドライブをした時の話。友人Aはガチガチの理系で、「物を見ると言うことは、つまりそこに光を反射する何らかの物体が存在する訳で、人の目の構造上、特…

夜の森(フリー写真)

慰霊の森

岩手県にある慰霊の森。かつて飛行機の墜落事故があり、それ以降は心霊スポットとしても有名である。これは俺の先輩がそこで体験した話。 ※ ある夜、先輩は友人達と集まって…

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…

いまじょさん

地方に伝わる因習や呪い系の話を一つ。ちなみにガチで実話です。数年前、大学生の頃、同じゼミにに奄美大島出身のやつがいた。ゼミ合宿の時にそいつと俺と何人かで酒飲みながら怪談なんかを…

日本家屋(フリー写真)

老夫婦の家

中学生の頃、家が火事に遭いました。全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。それで新居を見つけるまでの間…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。落ち込んでいる父の姿を見て、…