中古車と女の子

高速道路(フリー写真)

ある日、夜中の2時頃に友人が家に来て、

「車買ったから、箱根辺りまでドライブに行こう!」

と誘われた。

中古車でカーステレオも付いていないと言うので、自分の部屋からラジカセと何本かのテープを持って車に乗り込むと、ラジカセに電池が入っていない事に気が付いた。

途中で自販機で電池を買い、再生ボタンを押してみたが作動しない。

『自販機が古かったので電池も古いのか?』と思い、もう1セット買って入れてみたがやはりダメ。

つい先程まで使っていたので、そんな事はないとあれこれ弄っていると、突然ドーンという音と共に、車の後部から追突されたような衝撃が!

身体がシートから浮く程の衝撃だったのでオカマを掘られたと思い、二人して後ろを振り返ると、追突して来たと思われる車どころか、人っ子一人居ない。

『バイクが引っ繰り返っているのかも?』と思い、二人で車の外に出て後部の様子を見に行くと、やはり誰も居ない。

しかも、あれだけの衝撃だったにも関わらず、車には傷一つ無い。

変だなとは思ったが、その時はあまり深くは考えず車に戻った。

しかし、ドアを閉めた瞬間にラジカセから大音響で音楽が流れ始めた。

どうやら再生ボタンをオンにしたまま外に出たようだ。

流石にこの頃には、

「ちょっとヤバくない?」

という話になったが、折角だからと友人はあまり気に掛けていない。

私は少し嫌な予感がちらつきながらも、渋々行く事に同意し、出発する事に…。

行く途中、先程の出来事の話題には一切触れずに会話が弾む。

そして、ここの道路を抜ければ目前という所で私の腹が痛み出す。

急にこんな激痛が襲って来るものだろうか…と思う程の痛みだった。

その激痛のため、身体中が汗ばんで来る。

余程顔色が悪かったらしく、友人が慌てて車をUターンし、猛スピードで私の家へ向かう。

家に近付いて来るに従い、腹痛は序々に治まって来てはいたが、その事は友人には知らせずにいた。

心の中で『このまま箱根まで行ったら絶対事故る』という気がしていたからだ。

家に着き、取り敢えずトイレに直行し用を足したのだが、真夜中だというのに何故か母親が起きていたので、コーヒーでも淹れてくれと頼んだ。

暫くすると、私の部屋にコーヒーを運んで来てくれたのだが、お盆を見るとコーヒーが三つある。

この友人はよくこんな時間でもちょくちょく遊びに来るような奴で、母親とも仲が良かったので、眠れないので一緒に話でもするつもりなんだろうと思った。

テーブルにコーヒーを並べ始め、案の定一緒になって話し込む。

コーヒーを飲んでようやく落ち着きを取り戻したので、母親に

「さっきさぁ~」

と先程の出来事を話すと、

「実はね、お前達が帰って来た時に玄関の方を見ていたら、二人の後からもう一人家に入って来たので、三人居るのかと思っていた」

と言う。そして、

「それで、何でこんな時間に起きていたかというと、近所の女の子が去年車の事故で亡くなった時の夢を見て、ビックリして起きた」

とも…。

その近所の女の子というのは、前年土砂降りの雨の中、やはり夜中に彼氏と箱根に向かう途中、カーブを曲がり切れずに…。

そして母親は嫌な予感がして、寝ずに私の帰りを待っていたらしい。

余談だが、母親はその手の感が鋭い人で、何度も大事故から免れている。

私にもその感が、母親程ではないが少しだけ受け継がれているようです。

そのお陰で、後になってホっと胸を撫で下ろした事が何度かある。

友人の車と今回の事、そして近所の女の子との因果関係はハッキリと判らないが、近所の女の子が私に腹痛を起こさせ、助けてくれたのかも知れないと思っている。

成人になって殆ど会う事は無かったが、小中学生の頃は割と仲良く遊んでいたから…。

その後、友人は何年かその車に乗っていた。

その間、私も何度かその車に乗ったが、普段乗り物酔い等した事が無いにも関わらず、その車に乗ると必ず乗り物酔いをした。

特に後部座席の乗ると酷く、走り出してものの数分で吐き気を催す程だった。

友人は結局、私の話と故障と事故続きで流石に気味が悪くなったらしく、その車は手放してしまった。

母親が言うには、どうも事故車ではないかとの事。

詳しくは判らないが、あの車のせいで過去に何人かの人が亡くなっていたようです。

関連記事

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

黒ピグモン

深夜にひとりで残業をしていた時の話。数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為に、ひとり事務所に残って残業していた。気付けば深夜0時近く。連日…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。更にそれを思い出しながら書くので、…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

キャンプ(フリー写真)

百人浜に現れた男

北海道の百人浜(襟裳岬近くの百人浜キャンプ場)で聞いた話。一昨年に北海道へ行った際、途中一緒になった京都のセロー乗りの方に、今夜は百人浜へ泊まろうと思っている事を話すと、彼は真…

霊感テスト

自分自身に霊感が備わっていながら、それに気が付いていない人も意外と多い。あなたには霊感があるだろうか?今回はそんな霊感をチェックするための簡単なテストをご紹介しよう。は…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

不倫はダメ

叔母さんが東京で友達とアパート暮らししてた時の話。友達と服飾を目指し勉強中だった叔母は、友達とも毎日帰宅が深夜だった。今では珍しくなった木造で、外側にカンカンと音が出る…

星空の下(フリー写真)

白く光る顔

数年前、とある湖畔で朝釣りのためにキャンプをしていた時のこと。夜中の焚き火中に、「たすけてえええ!だれかあ!」と女性の声が湖の方から聞こえて来て、そちらに目をや…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…