キャンプ(フリー写真)

学生だった頃、週末に一人キャンプに興じていた時期があった。

金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白味も何もないキャンプ。

友達のいない俺は、寂しさを広大な自然の中に紛れ込ませていたのだった。

その日は岐阜の方面に向かっていたのだけど、地図も持っていないものだから、正確にはどこへ行ってたのかよく分からない。

とにかく野営に良さげな山を見つけたので、そこで一泊することにした。

ご飯を食べ、ヤングジャンプを読んでいたらもう夜中だ。

暇だなあと思っていたら、急にテントのチャックを開けられた。

『え、何。管理人? それとも通報された?』と、もうビックリして死ぬかと思ったけど、立っていたのは普通のお爺さん。

中を覗き込んで、

「もし、旅かな?」

と聞かれた。

返事ができるような状態ではなかったので、頭だけコクコクっと頷き返事をしたら、そのままどこかへ行った。

民家まで1キロメートルはあるような山奥に、まさか人がいるとは思わなかった。

最初は幽霊かと思ったけど、どう見ても人間だった。

寧ろ変質者か泥棒で、俺を狙っているのではないかと考えると寝るにも寝られない。

うわあぁ、どうしよう…と落ち込んでいたら、またチャックが開き、今度は中年のおっさん。

そいつも、

「もし、旅かな?」

と聞いてくる。また頷いたらそのままどこかへ行った。

からわれているのか何なのか分からないけど、もう駄目だここは、離れよう。そう思った。

しかしテントの外は月明かりもないような暗黒世界で、おまけに変質者が二人もうろついている。

テントを出た矢先に包丁でグサーとか怖いことを想像し、30分くらい悩んだ挙げ句、テントを出ることにした。

護身用にマグライトを装備して、恐る恐る外に出ると誰もいない。

今のうちだと、猛スピードでテントの片付けを開始した。

そしたら終わる頃になって、二人がまた近付いて来た。

俺が心臓バクバクさせてテントを片付けている横から、

「帰るのかい? まだ夜なのに」

と声を掛けてくる。

「ええ、まあ、急用を思い出しまして」

と答えつつも、荷物をバイクに括り付け、それじゃあとおっさん達の方にライトを向けたら、光が何か変。途中で途切れている。

何じゃこらあと後ろの方をよく見たら、全長4メートルくらいありそうな黒衣が、屈んでおっさんと爺さんを動かしている。

あの顔の垂れみたいなものの奥に目を光らせながら、口をモゴモゴさせて喋っていた。

短い命だったな…などと思っている暇もなく、バイクに跨って逃げた。

そのまま麓にある神社に転がり込んで、迷惑にならないだろう場所にテントを張って寝た。

翌朝、何か騒がしくて目が覚めた。

ちょうどチャックが開くところを見てしまい、まさか追い掛けてきたのかと絶望的な気分になったが、神主さんが

「ここにテント張るな」

と怒鳴っていただけだった。

かくかくしかじかって訳なんですよ、と話すと、

「あーそれ、あそこの山の神様だから、どうにもできないよー。

でも良かったね、神様に会えて。僕は見たことないけど、たまに見たって言う人いるんだよねー」

と言う。

何かイラッとする口調だった。

害は無いらしいから、そのまま帰ってきた。

害が無いとかそういう問題じゃない。

あんなもの野放しにされたら溜まったものじゃない。