もし、旅かな?

キャンプ(フリー写真)

学生だった頃、週末に一人キャンプに興じていた時期があった。

金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白味も何もないキャンプ。

友達のいない俺は、寂しさを広大な自然の中に紛れ込ませていたのだった。

その日は岐阜の方面に向かっていたのだけど、地図も持っていないものだから、正確にはどこへ行ってたのかよく分からない。

とにかく野営に良さげな山を見つけたので、そこで一泊することにした。

ご飯を食べ、ヤングジャンプを読んでいたらもう夜中だ。

暇だなあと思っていたら、急にテントのチャックを開けられた。

『え、何。管理人? それとも通報された?』と、もうビックリして死ぬかと思ったけど、立っていたのは普通のお爺さん。

中を覗き込んで、

「もし、旅かな?」

と聞かれた。

返事ができるような状態ではなかったので、頭だけコクコクっと頷き返事をしたら、そのままどこかへ行った。

民家まで1キロメートルはあるような山奥に、まさか人がいるとは思わなかった。

最初は幽霊かと思ったけど、どう見ても人間だった。

寧ろ変質者か泥棒で、俺を狙っているのではないかと考えると寝るにも寝られない。

うわあぁ、どうしよう…と落ち込んでいたら、またチャックが開き、今度は中年のおっさん。

そいつも、

「もし、旅かな?」

と聞いてくる。また頷いたらそのままどこかへ行った。

からわれているのか何なのか分からないけど、もう駄目だここは、離れよう。そう思った。

しかしテントの外は月明かりもないような暗黒世界で、おまけに変質者が二人もうろついている。

テントを出た矢先に包丁でグサーとか怖いことを想像し、30分くらい悩んだ挙げ句、テントを出ることにした。

護身用にマグライトを装備して、恐る恐る外に出ると誰もいない。

今のうちだと、猛スピードでテントの片付けを開始した。

そしたら終わる頃になって、二人がまた近付いて来た。

俺が心臓バクバクさせてテントを片付けている横から、

「帰るのかい? まだ夜なのに」

と声を掛けてくる。

「ええ、まあ、急用を思い出しまして」

と答えつつも、荷物をバイクに括り付け、それじゃあとおっさん達の方にライトを向けたら、光が何か変。途中で途切れている。

何じゃこらあと後ろの方をよく見たら、全長4メートルくらいありそうな黒衣が、屈んでおっさんと爺さんを動かしている。

あの顔の垂れみたいなものの奥に目を光らせながら、口をモゴモゴさせて喋っていた。

短い命だったな…などと思っている暇もなく、バイクに跨って逃げた。

そのまま麓にある神社に転がり込んで、迷惑にならないだろう場所にテントを張って寝た。

翌朝、何か騒がしくて目が覚めた。

ちょうどチャックが開くところを見てしまい、まさか追い掛けてきたのかと絶望的な気分になったが、神主さんが

「ここにテント張るな」

と怒鳴っていただけだった。

かくかくしかじかって訳なんですよ、と話すと、

「あーそれ、あそこの山の神様だから、どうにもできないよー。

でも良かったね、神様に会えて。僕は見たことないけど、たまに見たって言う人いるんだよねー」

と言う。

何かイラッとする口調だった。

害は無いらしいから、そのまま帰ってきた。

害が無いとかそういう問題じゃない。

あんなもの野放しにされたら溜まったものじゃない。

関連記事

廃屋

廃屋での恐怖体験

小4の時の話。 多分みんな経験があると思うけれど、小さい頃って廃屋があると聞いただけで冒険心が疼いて仕方ないと思うんだ。 俺自身もあの日は家からそう遠くない場所に、まだ探検…

自衛隊での体験談

ちょっと専門用語が多いので分かり難いかもしれない。 高校卒業後すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除があったんだ。 班…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。 その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。 田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。 本命は猪なんだけど、…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。 コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。 それまでは普通に入ることの出来て…

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。 コンサル部の部長は時々ワープするらしい。 打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

肉

人肉館

「なあ、人肉館に行かないか?」 夏休み。私は休みを利用して久しぶりに実家のある長野県へと帰って来た。 普段は東京で働いているのだが、実家は山あいの町。気温は高いが湿度は低く…

車のテールランプ(フリー写真)

父親の謎の行動

俺と弟は心霊スポットが好きで、夜中に曰く付きの廃墟などに侵入していた悪ガキだった。 残念ながら二人とも霊感はないから、殆ど廃墟探険なのだけど、何もない田舎ではそれだけでも楽しかっ…

女性のフリーイラスト

晴美の末路

へへへ、おはようございます。 今日は生憎天気が悪いようで。あの時もちょうど今日みたいな雨空だったな。 あ、いえね、こっちの話でして。え? 聞きたい? そんな事、誰も言ってな…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…