もし、旅かな?

キャンプ(フリー写真)

学生だった頃、週末に一人キャンプに興じていた時期があった。

金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白味も何もないキャンプ。

友達のいない俺は、寂しさを広大な自然の中に紛れ込ませていたのだった。

その日は岐阜の方面に向かっていたのだけど、地図も持っていないものだから、正確にはどこへ行ってたのかよく分からない。

とにかく野営に良さげな山を見つけたので、そこで一泊することにした。

ご飯を食べ、ヤングジャンプを読んでいたらもう夜中だ。

暇だなあと思っていたら、急にテントのチャックを開けられた。

『え、何。管理人? それとも通報された?』と、もうビックリして死ぬかと思ったけど、立っていたのは普通のお爺さん。

中を覗き込んで、

「もし、旅かな?」

と聞かれた。

返事ができるような状態ではなかったので、頭だけコクコクっと頷き返事をしたら、そのままどこかへ行った。

民家まで1キロメートルはあるような山奥に、まさか人がいるとは思わなかった。

最初は幽霊かと思ったけど、どう見ても人間だった。

寧ろ変質者か泥棒で、俺を狙っているのではないかと考えると寝るにも寝られない。

うわあぁ、どうしよう…と落ち込んでいたら、またチャックが開き、今度は中年のおっさん。

そいつも、

「もし、旅かな?」

と聞いてくる。また頷いたらそのままどこかへ行った。

からわれているのか何なのか分からないけど、もう駄目だここは、離れよう。そう思った。

しかしテントの外は月明かりもないような暗黒世界で、おまけに変質者が二人もうろついている。

テントを出た矢先に包丁でグサーとか怖いことを想像し、30分くらい悩んだ挙げ句、テントを出ることにした。

護身用にマグライトを装備して、恐る恐る外に出ると誰もいない。

今のうちだと、猛スピードでテントの片付けを開始した。

そしたら終わる頃になって、二人がまた近付いて来た。

俺が心臓バクバクさせてテントを片付けている横から、

「帰るのかい? まだ夜なのに」

と声を掛けてくる。

「ええ、まあ、急用を思い出しまして」

と答えつつも、荷物をバイクに括り付け、それじゃあとおっさん達の方にライトを向けたら、光が何か変。途中で途切れている。

何じゃこらあと後ろの方をよく見たら、全長4メートルくらいありそうな黒衣が、屈んでおっさんと爺さんを動かしている。

あの顔の垂れみたいなものの奥に目を光らせながら、口をモゴモゴさせて喋っていた。

短い命だったな…などと思っている暇もなく、バイクに跨って逃げた。

そのまま麓にある神社に転がり込んで、迷惑にならないだろう場所にテントを張って寝た。

翌朝、何か騒がしくて目が覚めた。

ちょうどチャックが開くところを見てしまい、まさか追い掛けてきたのかと絶望的な気分になったが、神主さんが

「ここにテント張るな」

と怒鳴っていただけだった。

かくかくしかじかって訳なんですよ、と話すと、

「あーそれ、あそこの山の神様だから、どうにもできないよー。

でも良かったね、神様に会えて。僕は見たことないけど、たまに見たって言う人いるんだよねー」

と言う。

何かイラッとする口調だった。

害は無いらしいから、そのまま帰ってきた。

害が無いとかそういう問題じゃない。

あんなもの野放しにされたら溜まったものじゃない。

秘密

小学四年生の時の話。当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。既に高…

山道(フリー写真)

掛け声の正体

無名に近い芸能人の方がテレビで語っていた怖い話。その方の実家近くに、子供の頃から絶対に登ってはいけないと言われていた山があった。高校時代のある日、仲間数人と連れ立って、…

真っ白ノッポ

俺が毎日通勤に使ってる道がある。田舎だから交通量は大したことないし、歩行者なんて一人もいない、でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。高校時代から27歳になる現在まで…

六甲山ハイウェイの死神

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。途中、酒を買い求めて車を走らせる。渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

黒目

幼い頃の不可解な体験を書きます。幼稚園に通っていたから4~6才の頃の記憶です。小学校半ばまで住んでいたのは長屋みたいな建物で、小さな階段のある玄関が横並びに並んでました…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

インコ

インコのムウちゃん

2年程前から飼っているオカメインコのムウちゃんについてのブログを始めた。始めた当初は誰も記事を見に来てくれないし、コメントも残してくれないので結構寂しかった。でも他の人…

魚(フリー画像)

魚の夢

俺は婆ちゃん子で、いつも婆ちゃんと寝ていたんだが、怖い夢を見て起きたことがあった。多分5歳くらいの時だったと思う。夢の内容は、『ボロボロの廃屋のような建物が三軒くらいあって、そ…