走って来る人影

エレベーターのボタン(フリー写真)

その日は仕事帰りに買い物のため、自宅近くのショッピングモールに寄りました。

時刻は20時過ぎだったと思います。

そのショッピングモールは、デパートと言うには小さ過ぎる地方の商業施設です。

普段着などのちょっとした買い物にはとても便利なので、私はちょくちょく利用していました。

建物は6階建てで、5階と6階が駐車場、商業施設は地下1階から地上4階までの5フロアです。

そして地下1階は現在改装中で立ち入り禁止となっていました

モールは21時に完全閉店なので、20時半くらいだったその時間にはフロアの殆どの店が閉店準備をしていて、緑色のネットが掛けられていました。

私は4階で買い物を済ませた後、店の人にも悪いし急いで帰ろうとフロアの端にあるエレベーターへと向かいました。

エレベーターに乗り込むと、私は1階のボタンを押しました。

そのエレベーターには何度か乗ったことがあるのですが、窓がなくて息苦しいし、照明は暗いし、動きは遅いし音は大きいし、後ろに付いている鏡がやたらと大きいしで、あまり居心地の良いものではありませんでした。

エレベーターが動き出してからふとボタンを見ると、押したはずの1階にランプが点いておらず、その一つ下の地下1階にランプが点いていました。

押し間違えたのだなと思ってもう一度1階のボタンを押してみましたが、ランプは点きません。

エレベーターは低く稼働音を響かせながら、どんどん下降して行きます。

そしてそのまま工事中で立ち入り禁止であるはずの地下1階に到着し、扉がゆっくりと開きました。

工事中のそこは照明が一切点いておらず真っ暗で、誘導灯の灯りだけが緑色に光っていました。

もちろんテナントは一切なく、がらんとした空間が広がっています。

何だか気味が悪くなったのですぐに閉ボタンを押して1階に上がろうと思ったのですが、扉が閉まりかけたその時、視界に何かが映りました。

暗闇に慣れていない目で最初は何だかよく判らなかったのですが、どうやら閉まりかけのエレベーターに乗ろうと走って来ている人のようでした。

そこで私は開ボタンを押して待つことにしたのですが、暗闇に慣れてきた目でもう一度その人影をよく見てみると、走って来るその人影はゆうに2メートルはありそうなほど背丈が高く、異様に頭が小さくて、とても痩せていました。

そんな姿をした人が真暗なフロアを、両手を後ろで組んだような感じで、くねくねと身をよじらせて倒れそうなのを堪える感じでこちらに向かって移動して来ていました。

怖くなった私は急いで閉ボタンを押しました。それを見て急いだのか、その人影はより一層身をよじらせながらこちらに向かって来ました。

私は怖くて怖くて何度も閉ボタンを押しました。

ようやくゆっくりと扉が閉まり始め、その時、誘導灯の光に照らされてその人影の姿が少し見えたのですが、頭に髪の毛はなく坊主頭のように見えました。

それとよく見てはいないのですが、裸足だったことを覚えています。

扉が閉まった後も馬鹿みたいに閉ボタンを連打していたのですが、エレベーターはなかなか動き出しません。私は1階ボタンを押すのを忘れていました。

慌てて1階ボタンを押したのと同時に、エレベーターの扉から「ドン!」と物凄い力で叩いたような音がしました。

私はまたしても1階ボタンを連打しながら、1階に着いたと同時に走って外に飛び出しました。

その後はすぐに友達に連絡し、迎えに来てもらいました。

この話は友達にはしませんでした。

関連記事

エクスカリバー

エクスカリバー

ゲーム好きな人なら「エクスカリバー」という剣の名前を一度は聞いたことがあるんじゃないだろうか。洞窟の奥深く、地面に刺さるその剣は、選ばれた勇者にしか抜くことのできない…みたいな…

かんひも

僕の母の実家は、長野の山奥にある。信州新町という町から奥に入って行った所なんですけど。僕がまだ小学校3年生くらいの頃だったかな?その夏休みに、母の実家へ遊びに行ったんですよ。そ…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。更にそれを思い出しながら書くので、…

おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのか分からんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。おおいさんと名乗った客が来たら目を合わせるなという先輩からの指示を受けたのだが、俺はそれを…

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

口

笑い女

先週の金曜、会社の先輩の大村という男が死んだ。もちろん直接現場を見た訳ではないけど、マンションの自室で、自分の両耳にボールペンを突き刺して死んでいたらしい。大村自身の手…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…

田舎の家(フリー写真)

アーちゃん

僕の町内には『アーちゃん』という人が住んでいた。アーちゃんは年中、肌色の肌着と肌色のモモヒキを身に付け、パンクしてホイールの歪んだ自転車で町を走り回る、人畜無害の怪人だ。 …

着物(フリー素材)

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。AがB宅を訪問した時のことをもう一つ話してくれたので投稿します。 ※ 以下はこれまで…

プール

臨時の用務員

小学校の時、用務員さんが急病で一度だけ代理の人が来た。あまり長くは居なかったけど、まあ普通のおじさん。ただ妙だったのは、すべての女子に「ヨリコちゃん」と話しかける。 …