朽ち果てた神社の夢

石段(フリー写真)

二十年前から現在まで続く話。

俺は当時大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していた。

その時は、普段帰省時に通っている道とは別の道を通って行った。

見渡す限りの山や田んぼに囲まれた、いかにも田舎という感じの道を暫く運転していると、少し先の山の入り口のような所に、赤い鳥居が建っているのを見かけた。

とても寂れた雰囲気が気に入ったので車を停め、ぶらりと立ち寄ってみる事にした。

赤い鳥居をくぐると、勾配のきつい石段があり、山の上の方まで続いていた。

人気は全く無く、周りは木々に囲まれていて薄暗く、石段にはびっしりと苔が生えていたため、足元に気を付けながら登って行った。

階段を登り切ると、すぐ目の前に小さな社があった。

もう何十年も人の手が入っていなかったのだろうか、その社は酷く朽ち果てていた。

折角なので手を合わせ参拝した後、石段を下りて、実家に帰省した。

その時は特に何も無かった。

しかし、その日から変な夢を見るようになった。

夢の中で俺は例の神社へ行き、鳥居をくぐって石段を登り、社の前で参拝して、石段を下る…。

そんな風に全くあの時と同じ行動をしていた。そして三日三晩、それと同じ夢を見た。

流石に気味が悪くなったが、四日目以降はその夢を見る事は無くなった。

まだ気にはなっていたものの、その後は特に何事も無く過ごしていた。

それから十年以上経ち、結婚もし、子供は居なかったがそれなりに幸せな日々を過ごしていた。

あの神社も不可解な夢の事も、すっかり忘れていた。

ある年のお盆に、嫁と実家に帰る事になった。

途中で近道をしようと見知らぬ山道を進んで行ったせいで、道に迷ってしまった。

途方に暮れていると、お婆さんが道端を歩いていたので、道を聞くとニコニコしながら丁寧に教えてくれた。

お婆さんに挨拶をして、教えてもらった道を暫く運転して行くと、見覚えのある道に出た。

安心感よりも、凄く嫌な気持ちが大きかった。何故なら、その道は例の神社がある道だったからだ。

しかし戻る訳にも行かないので、そのまま進む事にした。

赤い鳥居が見えて来た。俺は気にせず通り過ぎようとしたが、赤い鳥居の前に誰かが居る。

見てはいけないと思いながら見ると、さっきのお婆さんだった。

お婆さんはニコニコしながら、こちらをずっと見ていた。

俺は怖くなって車のスピードを上げ、すぐにその場所から去った。

暫くするといつも通っている道に出て、少し安心した。

しかし、ふと助手席に居る嫁を見ると、嫁の顔が蒼白になっていた。

『アレを見たのか?』とは口に出さず、どうしたのか聞いてみると、何かおかしい。

嫁が言うには、確かに鳥居の前に人が居るのを見たが、俺が見た『お婆さん』ではなく、嫁が高校時代に自殺した同級性の女だったと言うのだ。

自殺の原因はいじめらしく、嫁は直接はいじめに加担していなかったが、見て見ぬ振りをしていたとの事だった。

しかし、ずっとその事を気にしていたらしい。

俺は嫁に気のせいだよと諭しながら、気丈に振る舞いながらも『あのお婆さんが俺達をあの神社に誘ったのか?』など、色々な事を考えながら運転していた。

俺はあの神社の事や、俺が見たのはお婆さんだった事などは嫁に黙っていた。

とにかく凄く怖かった。

その日から、嫁が夢を見るようになった。

詳しく内容を聞くと、例の神社へ行き石段を登ると、社があって…。

実際に神社へ行った訳でもないのに、俺がかつて見た夢と同じだった。ただし大きく違う点が二つあった。

一つは、参拝して帰ろうと振り向くと、目の前に例の自殺した女が現れて、そこで目が覚める事。

もう一つは、もう数十日経っているのに同じ夢を見続けている事だ。

嫁の元気はどんどん無くなり、病院へ連れて行くと鬱と診断された。

殆ど寝られていないせいか、目も虚ろになっている時が増えた。

俺があの神社に立ち寄って参拝してから十数年、ようやく理解した。

俺はずっと祟られていたのだと。

今思えば、あの道は帰省時に絶対通るはずのない道だった。

なのに何故か、通ってしまった。何かに呼び寄せられたのか?

とにかく嫁には本当に申し訳ない事をしたと思っている。

更に数年が経った今でも、かつての幸せな日々は戻って来ない。

嫁が自殺しないか常に気を配る毎日だ。

関連記事

指輪(フリー素材)

指輪

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。実は学生時代の話はもう一つあり、それについて最近判ったことがあったので投稿します。 …

山(フリー写真)

禁断の地

これは俺の祖父の父(曽祖父)が体験した話だそうです。大正時代の話です。大分昔ですね。曾爺ちゃんを仮に「正夫」としておきますね。 ※ 正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれ…

ヒッチハイク(長編)

今から7年ほど前の話になる。俺は大学を卒業したものの、就職も決まっていない有様だった。昔から追い詰められないと動かないタイプで、「まぁ何とかなるだろう」とお気楽に自分に言い聞か…

磨りガラス(フリー写真)

磨りガラスの人影

友人から聞いた話です。数年前に彼が東京で一人暮しをしていた時のこと。当時付き合っていた彼女が家に来ることになっていたので、夕方の17時くらいでしょうか、彼はシャワーを浴…

滝つぼ(フリー写真)

滝つぼの柄杓

17年前の1月頭、震災の一週間くらい前。俺が小学生の時の話。お年玉でカメラを買って貰ったばかりの友達と、そのお姉さんとの三人で、カメラの練習に少し山奥の自然公園に行くことになっ…

裏山

マネキンの警告

うちは田舎だから、シーズンになるとよく裏山にキノコ採りに行く。小学生の頃は、よく採れる場所をじいちゃんに教えてもらいながら二人で行っていたのだが、中学生になると一人で行ったり友…

山

ヤマノタミ

俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。これは父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父。以下曽祖父)。 ※ 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあって、かなり厳…

隠された部屋

友人が引っ越しをした。引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。俺たち…

風呂の蓋

これはある女性がOLとして働きながら、一人暮らしをしていた数年前の夏の夜の話である。彼女が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバス。ある夜、沸いた…

テレアポのバイト

ちょっと前にテレアポのバイトをしていた時なんだけど。インカム着けて通話しつつも、お互いの内容がなんとなく聞こえるくらい小さな事務所だった。そこでバイト仲間の一人が妙なこ…