原発並み

放射能記号(フリー素材)

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。

当時、女友達Bの元彼氏(E)に聞いた小話を思い出したので投下します。

以下はこれまでの状況説明になります。

・「視える人」な女友達Aが言うには、Bの身体を出入りしている何か=普通の霊と違うモノが居る(寄生虫のようなモノらしい)。

・B本人は気付いていないが、霊的なものは大抵それを避けるから、Bは心霊体験が出来ない。

・取り敢えず当時のAが知る限り、ソレはBを守っていた。

・でもAが感じる気配では、とても善意の守護ではない。と言うか悪い感じらしい。

・強力な霊とBの何かが戦う時には、B本人は爆睡する(Aの推測)。

Eは一度、Bを実家に連れて行ったそうです。

すると、今までの歴代彼女には親切で礼儀正しかったE姉が、Bに対しては非常に失礼だったそうな。

無茶な因縁を付けて頭からお茶をかけたり、口汚く罵ったり、失礼と言うより虐めのレベル。とにかく酷くイライラした感じだったらしい。

堪りかねたEは姉を台所へ呼び、E母とEとで責めたのだそうだ。

そしたらE姉の言い分が、

「裏のお墓の仏様が、みんなして狂ったように暴れて怖がってる!あんな女が家の中に居るなんて私だって嫌だ!!」

と、このようなものだったそうだ。

EもE母も呆れて相手にしなかったが、あまりにE姉がそう言い張るので、近い内に心療内科へ連れて行こうかと考えつつ、Eは話を切り上げてBのところへ戻った。

そしたら、何とBは座布団を枕に寝ていたんだと。

いくら起こしても起きないBにもE母は呆れ返り、しかもE姉は「追い出せ追い出せ」とうるさいので、取り敢えずEにBを連れ出させて帰らせた。

ここまでなら単なる女同士のイビリなのだが、その後があった。

……E姉が言った通り、E家の裏には広めの墓地(その向こうには寺)があり、EがBを車に乗せて走り去った次の日、その墓地で大騒ぎがあったそうだ。

一夜にして倒れた墓石、数十個。

真っ二つになったものやら、ヒビが入ったものやら、削り取られたように表面の文字が消されていたものまであり、幾つもの墓石がえらいことになっていたとか。

その後、Eが実家付近の噂をE母から聞いたところでは、何でも幾つかの家が墓を何度直しても倒れる。

一軒の家が霊能者に頼んだところ、

「ダメですね。何度お墓を直しても、もうご先祖様を呼び戻して安らかに眠らせることは出来ません。

……お気の毒ですが、今後の埋葬には別の場所を探された方が良いかもしれません」

と言われたとか。

……Bのソレと墓地の仏様が揉めたのだろうか。

と言うか、E姉は視える人だったのか。

ソレと揉めて居なくなってしまった仏様はどこにいったんだろうと思い、その話を聞いた後でAにそう尋ねてみたら、

「考えたくないから。てか、凄い気の毒だよね。マイホームで寛いでいたら、お隣に原発が移動して来たみたいな状態だったと思うよ、その人達にしたら」

……確かに考えたくない事態だな、と思いました。

関連記事

奇声を発するおっさん

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。 朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してく…

抽象画

執着

あまり思い出したくないのですが、私が体験した話を書きます。 先にお断りしておきますが、これは幽霊や心霊体験のお話ではないので御了承下さい。 長文ですが、どうかお付き合い願い…

わたしはここにいるよ

俺が小学生の頃の話。 俺が住んでいた町に廃墟があった。 2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。 ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボ…

祖父の箱

旅先で聞いた話。 伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。 そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。 ただし、箱を開ける…

秘密基地

自分が小学生時代に体験した話を聞いて下さい。 当時小三だった自分の家(集合住宅)の近所にはごみの不法投棄所みたいなところがありました。 そこには面白い物やまだ使えそうな物が…

夜の砂浜

夜の砂浜

昔、一人で海辺の町に旅行したことがある。 時期的に海水浴の季節も過ぎているため民宿には俺以外客は居らず、静かな晩だった。 俺は缶ビール片手に夜の浜辺に出て、道路と浜辺を繋ぐ…

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…

行軍

爺ちゃんの従軍時代の話

子供の頃に爺ちゃんに聞いた話を一つ。 私の爺ちゃんは若い時、軍属として中国大陸を北へ南へと鉄砲とばらした速射砲を持って動き回ってました。 当時の行軍の話を聞くと、本当に辛か…

海(フリー素材)

アシュラさん

今年の3月の終わり頃だったかな。 俺はいつものように更新を楽しみにしている洒落怖まとめサイトを見ていた。 その時、オカルト好きな俺の叔父さんが家に遊びに来ていて、一緒になっ…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。 その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。 言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…