原発並み

放射能記号(フリー素材)

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。

当時、女友達Bの元彼氏(E)に聞いた小話を思い出したので投下します。

以下はこれまでの状況説明になります。

・「視える人」な女友達Aが言うには、Bの身体を出入りしている何か=普通の霊と違うモノが居る(寄生虫のようなモノらしい)。

・B本人は気付いていないが、霊的なものは大抵それを避けるから、Bは心霊体験が出来ない。

・取り敢えず当時のAが知る限り、ソレはBを守っていた。

・でもAが感じる気配では、とても善意の守護ではない。と言うか悪い感じらしい。

・強力な霊とBの何かが戦う時には、B本人は爆睡する(Aの推測)。

Eは一度、Bを実家に連れて行ったそうです。

すると、今までの歴代彼女には親切で礼儀正しかったE姉が、Bに対しては非常に失礼だったそうな。

無茶な因縁を付けて頭からお茶をかけたり、口汚く罵ったり、失礼と言うより虐めのレベル。とにかく酷くイライラした感じだったらしい。

堪りかねたEは姉を台所へ呼び、E母とEとで責めたのだそうだ。

そしたらE姉の言い分が、

「裏のお墓の仏様が、みんなして狂ったように暴れて怖がってる!あんな女が家の中に居るなんて私だって嫌だ!!」

と、このようなものだったそうだ。

EもE母も呆れて相手にしなかったが、あまりにE姉がそう言い張るので、近い内に心療内科へ連れて行こうかと考えつつ、Eは話を切り上げてBのところへ戻った。

そしたら、何とBは座布団を枕に寝ていたんだと。

いくら起こしても起きないBにもE母は呆れ返り、しかもE姉は「追い出せ追い出せ」とうるさいので、取り敢えずEにBを連れ出させて帰らせた。

ここまでなら単なる女同士のイビリなのだが、その後があった。

……E姉が言った通り、E家の裏には広めの墓地(その向こうには寺)があり、EがBを車に乗せて走り去った次の日、その墓地で大騒ぎがあったそうだ。

一夜にして倒れた墓石、数十個。

真っ二つになったものやら、ヒビが入ったものやら、削り取られたように表面の文字が消されていたものまであり、幾つもの墓石がえらいことになっていたとか。

その後、Eが実家付近の噂をE母から聞いたところでは、何でも幾つかの家が墓を何度直しても倒れる。

一軒の家が霊能者に頼んだところ、

「ダメですね。何度お墓を直しても、もうご先祖様を呼び戻して安らかに眠らせることは出来ません。

……お気の毒ですが、今後の埋葬には別の場所を探された方が良いかもしれません」

と言われたとか。

……Bのソレと墓地の仏様が揉めたのだろうか。

と言うか、E姉は視える人だったのか。

ソレと揉めて居なくなってしまった仏様はどこにいったんだろうと思い、その話を聞いた後でAにそう尋ねてみたら、

「考えたくないから。てか、凄い気の毒だよね。マイホームで寛いでいたら、お隣に原発が移動して来たみたいな状態だったと思うよ、その人達にしたら」

……確かに考えたくない事態だな、と思いました。

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。実際に何…

白い人影

高校生の時に某飲食チェーンでバイトしてたんだけど、その時の社員さんに聞いた話。その社員さん(Aさん)は、中学生の時に親戚の叔父さんが経営する倉庫で、夏休みを利用してバイトするこ…

病院への道

数年前に務めていた病院が東北の田舎の山間にあったんだけど、ほんの少し一緒に働いてたおじさんに聞いた話。「大分昔の事だよー」と前置きしてから話してくれた。世間でいうお盆休…

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。Kのフリークライミングへの入れ…

旅館の求人

丁度2年くらい前のことです。旅行に行きたいのでバイトを探してた時の事です。暑い日が続いていて、汗をかきながら求人を捲っては電話してました。ところが、何故かどこもかしこも…

田舎(フリー素材)

障り

試験勉強に行き詰まったから、気分転換に後日書こうと思っていた話をするよ。登場人物は下記の通り。俺: 都内大学4年(暇人)A: 同じクラスの男(野球部)B…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。撮影何日か目に助手が怪我をした。まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

山道

ぐにゃぐにゃおばさん

大無間から光へ。これが一発で解る奴は山が好き。でも、行った事のある奴は少し変態かな。このルートはそんな所だ。これは2001年夏。その山行の終盤、加々森から光へ抜ける時の…

ゲーム屋

大量のゲームソフト

10年前くらい前、ゲーム屋でバイトをしていた。ある日、もうすぐ閉店時間という時に、突然60歳くらいのおばさんが大きなダンボールを抱えて店に入って来て、物凄い形相で「お金いらない…