ヒサルキ

cardoza-dark-art-01

保育園で保母さんをやっている友達に聞いた話。

その子が通っている保育園はお寺が管理しているところで、すぐ近くにお墓があったりする。

お墓に子供が入って、悪戯をしないように周りに柵がしてあるんだけど、柵の杭の尖った先っちょに、虫やトカゲなどが串刺しになっていることが良くあるらしい。

園児のイタズラかもしれないけど、お寺も兼ねている保育園だから結構人の出入りは多く、広場で小学生がよく遊んでいるから、誰がやっているのか判らない。

まあ、鳥のせいかもしれないし…という感じで、誰もたいして気にはしていなかった。

ところがある日、その柵にモグラが刺さっていた。さすがに哺乳類はグロいんで、すぐに園長先生が片付けてくれた。

それで暫くすると、今度はネコが突き刺さっていた。

これはさすがに問題になった。保母さんやお坊さんが集まって、「誰の仕業か?」「どうしたらいいのか?」という話をした。

でも、犯人は判らないし、再発防止の名案も出なかった。

結局、どうするんだろうという雰囲気で数日が過ぎたある日、ウサギが突き刺さっていた。

保育園で飼っていたウサギだった。これは友達が見つけたらしい。早朝にお坊さんがお墓の掃除に行った時には無かったのに。

その日はたまたま友達より早く来ていた子供がいたので、その子に「何か見た?」と聞いてみた。

その子は一言、「ヒサルキだよ」と。

「ヒサルキってなあに?」と聞いても、上手く説明できないみたいだった。

後で、他の子にヒサルキのことを聞いてみた。みんな知っていた。

でも、誰もヒサルキがどんなものなのか説明できなかった。

子供達はウサギが死んだのを、あまり可哀想だと思っていないようだった。

なんとなく、仕方がないみたいな感じで醒めた様子だった。

変だと思った。

ヒサルキの事は、園児の親も知らなかった。子供がそんな言葉を使っているところも、誰一人覚えていなかった。テレビや本のキャラでもなかった。

すると保母さんの一人が「昔そんな名前の絵を見たことがある」と言い出した。

子供が描いた絵は持ち帰っているので、保育園には残っていない。なんとも言えない嫌な絵だったそうだ。

「その子に聞いたら…」と友達が言うと、その保母さんは「引っ越した」と答えた。

そして、「その引っ越しが変だったんで、覚えてる」とも言った。

挨拶もなく急に引っ越していったらしい。引っ越す時にチラッと見かけたらしいんだけど、その絵を描いた子供が両目に眼帯をして車の中に座っていたんだって。

それで、どこへ行ったのかは判らずじまい。

ニワトリが串刺しになったのを最後に、ヒサルキ騒動は終了。

結局、犯人もヒサルキの正体も判らずに終わった。未だに虫なんかは突き刺さっているみたいだけど。

今、神様やってるのよ

うちの母方の実家が熊本県にあるんですけど、ずっと実家に住んでいる母のお姉さんが、先日遊びにきました。 ちょうど『ターミネーター2」がTVでやっていて皆で観ていたんです。 映…

ふたりの父親

4~5歳くらいまで、父親が2人いた。 それも、浮気とかじゃなくて、同じ父親が2人。 意味が分からないと思うけど、顔形は全く同じなのに目つきだけが異様な感じがする、とにかくこ…

ゆかりちゃん

ゆかりちゃんという女の子がいた。ゆかりちゃんは、お父さん、お母さんと3人で幸せに暮らしていた。 しかし、ゆかりちゃんが小学校5年生の時に、お父さんが事故で亡くなってしまった。 …

田舎の川(フリー写真)

山中の張り紙

今から5、6年前の話。 夏休みなどを使って毎年遊びに訪れていた祖父の家は、宮崎県の山中にありました。 目的は主に川遊びで、モリ突きや釣りなどをして楽しんでいました。 …

ヒサルキで思い出した体験談

あれは私が小学校4年生くらいの頃だった。 私が通っていた小学校は全校生徒40人弱と過疎化が進んでいる田舎の学校で、とにかく周りは山や段々畑ばかりで、コンビニなんて学校から10キロ…

滝壺(ゆんフリー素材)

好きだった叔父さん

小学生の頃、家に叔父さんが居候していた。 叔父さんは工場の仕事をクビになり、家賃も払えなくなってアパートを追い出され、毎日やることも無く俺んちでゴロゴロしていた。 収入も無…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。 と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。 更にそれを思い出しながら書くので、…

公園の違和感

夜遅くの帰り道、公園の横を通った。遠くから歩きながら公園の方を見ると、なんか違和感がある。 近づいていくと、違和感の正体が分かった。電信柱の長さが違う。一方の電信柱の上に、髪が長…

アケミちゃん(長編)

大学に入学し友達も何人かできたある日の事、仲良くなった友人Aから、同じく仲良くなったBとCも遊びにきているので、今からうちに来ないかと電話があった。 時間はもう夜の9時過ぎくらい…

くねくね

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時のことである。 年に一度、お盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。やっぱり都会とは空気が違…