ヒサルキ

cardoza-dark-art-01

保育園で保母さんをやっている友達に聞いた話。

その子が通っている保育園はお寺が管理しているところで、すぐ近くにお墓があったりする。

お墓に子供が入って、悪戯をしないように周りに柵がしてあるんだけど、柵の杭の尖った先っちょに、虫やトカゲなどが串刺しになっていることが良くあるらしい。

園児のイタズラかもしれないけど、お寺も兼ねている保育園だから結構人の出入りは多く、広場で小学生がよく遊んでいるから、誰がやっているのか判らない。

まあ、鳥のせいかもしれないし…という感じで、誰もたいして気にはしていなかった。

ところがある日、その柵にモグラが刺さっていた。さすがに哺乳類はグロいんで、すぐに園長先生が片付けてくれた。

それで暫くすると、今度はネコが突き刺さっていた。

これはさすがに問題になった。保母さんやお坊さんが集まって、「誰の仕業か?」「どうしたらいいのか?」という話をした。

でも、犯人は判らないし、再発防止の名案も出なかった。

結局、どうするんだろうという雰囲気で数日が過ぎたある日、ウサギが突き刺さっていた。

保育園で飼っていたウサギだった。これは友達が見つけたらしい。早朝にお坊さんがお墓の掃除に行った時には無かったのに。

その日はたまたま友達より早く来ていた子供がいたので、その子に「何か見た?」と聞いてみた。

その子は一言、「ヒサルキだよ」と。

「ヒサルキってなあに?」と聞いても、上手く説明できないみたいだった。

後で、他の子にヒサルキのことを聞いてみた。みんな知っていた。

でも、誰もヒサルキがどんなものなのか説明できなかった。

子供達はウサギが死んだのを、あまり可哀想だと思っていないようだった。

なんとなく、仕方がないみたいな感じで醒めた様子だった。

変だと思った。

ヒサルキの事は、園児の親も知らなかった。子供がそんな言葉を使っているところも、誰一人覚えていなかった。テレビや本のキャラでもなかった。

すると保母さんの一人が「昔そんな名前の絵を見たことがある」と言い出した。

子供が描いた絵は持ち帰っているので、保育園には残っていない。なんとも言えない嫌な絵だったそうだ。

「その子に聞いたら…」と友達が言うと、その保母さんは「引っ越した」と答えた。

そして、「その引っ越しが変だったんで、覚えてる」とも言った。

挨拶もなく急に引っ越していったらしい。引っ越す時にチラッと見かけたらしいんだけど、その絵を描いた子供が両目に眼帯をして車の中に座っていたんだって。

それで、どこへ行ったのかは判らずじまい。

ニワトリが串刺しになったのを最後に、ヒサルキ騒動は終了。

結局、犯人もヒサルキの正体も判らずに終わった。未だに虫なんかは突き刺さっているみたいだけど。

関連記事

四国の夜空

四国八十八箇所逆打ちの旅

四国八十八箇所を逆に回る「逆打ち」をやると死者が蘇る。映画「死国」の影響で、逆打ちをそういう禁忌的なものと捉えている人も多いのではなかろうか?観光化が進み、今はもう殆ど…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

人間の闇

新婚の頃、旦那のお祖母さんの妹の家に挨拶に行った。古い大きな家だった。その時は玄関で挨拶して帰っただけだったが、テレビの音が凄いボリュームだったのが妙に印象に残った。そ…

猿夢

私は、夢をみていました。昔から夢をみているとき「私は今夢をみているんだ」と自覚することがあり、この時もそうでした。なぜか私は一人薄暗い無人駅にいました。ずいぶん陰気臭い…

ビデオテープ(フリー画像)

走る男

とある休日、Aは余りにも暇だったので近所の古びたレンタルショップにビデオを借りに行った。するとそこはもう閉めるらしく、閉店セール中だった。店内には古いビデオをどれでも一…

浜辺(フリー写真)

浜辺で踊るモノ

小学四年生の頃に体験した話。当時親戚が水泳教室を開いていて、そこの夏季合宿のようなものに参加させてもらった。海辺の民宿に泊まり、海で泳いだり魚を釣ったり山登ったりする。…

やっと見つけた

俺が体験した洒落にならない夢の話。夢の中で俺は葬式の招待の手紙を受け取った。それが誰の葬式か分からないが、行ってみることにした。その家に行ってみると、俺と同じく…

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

川(フリー素材)

達人

これは父から聞いた話です。父が子供の頃は、学校から帰ると直ぐさま川にサワガニ捕りに出掛けていたそうです。その日も一人で川へサワガニ捕りに出かけました。季節は夏で、蒸し蒸…

神社の生活

これは5年程前から始まる話です。当時、私は浮浪者でした。東京の中央公園で縄張り争いに敗れて、危うく殺されかけ追放された後、各地を転々とし、最後に近畿地方のとある山中の神社の廃墟…