未解決の行方不明者事件

シャッター(フリー写真)

この話は、ある探偵事務所のY氏から聞いた、未解決の行方不明者事件についてのものです。

消えた男性は、長距離トラック運転手でした。

男性はある日、青森へと向かう高速道路をトラックで走り、一つのドライブインで休憩をとりました。

このドライブインは古くから運営されており、以前の倉庫を改造したトラック専用の休憩所が存在します。

運転手はトラックごと倉庫に入り、トラック内で仮眠をとります。

彼らは、ドライブインの管理人であるおばあさんに、起こして欲しい時間を前もって伝えます。

そしておばあさんは、その時間になるとお茶を持って行って彼らを起こします。

しかしこの男性は、おばあさんが起こしに行く前に、トラックの中から突然姿を消しました。

彼はどこにもいなくなってしまったのです。

この休憩所には複数の倉庫があり、その中に一つだけ使われていない倉庫がありました。

普段はその倉庫のシャッターは閉じています。

男性がいなくなったことに気づいたのは、その休憩所で同じく仮眠をとっていた別のトラック運転手でした。

普段はシャッターが閉じている倉庫が、その日はシャッターが開いていました。

しかも、中にはトラックが駐車されていました。

それを見て何かがおかしいと感じた運転手は、その事をおばあさんに報告しました。

そこでこの事件が発覚したのです。

おばあさんによれば、彼女自身もその倉庫が何故使われていないのか理由をよく知らないと言っていました。

古くからその倉庫だけは使わないようにと言われていたというのです。

そしてその倉庫のシャッターは鍵が掛かっており、普通には開かないはずです。

おばあさんは、男性が来る前にシャッターが確かに閉まっていたと主張していました。

しかしながら、事実としてその倉庫は開いており、男性は姿を消してしまいました。

深夜の高速道路のドライブインでは、車がなければどこにも行けないはずです。

そこでY氏は、彼の元刑事のつてを利用し、男性の行方を追い始めました。

Y氏の熱心な調査のおかげで、男性は10日後に見つかりました。

見つかった場所は、驚くべきことに、瀬戸内海でした。

男性の遺体は、一人が乗るのが精一杯な岩山の上にあったのです。

漁をしていた海女が遺体を見つけて通報したということです。

そして遺体は、地元の警察により、身元不明者として死体保管所に運ばれました。

ここから先の話は、Y氏が介入できる範囲を超えています。

なぜなら、男性はすでに死亡しており、これ以上の調査は警察の管轄になるからです。

しかし、どうしてそのような場所で男性が見つかったのか?

どのようにしてそこへ移動したのか?

最後に男性が目撃された場所は青森で、遺体が発見されたのは瀬戸内海でした。

興味をそそられたY氏は、彼の元刑事というつてを最大限に利用し、遺体の発見状況についての情報を入手しました。

その情報によると、遺体は死後2日から3日が経過していたとのことです。

また、遺体の腹部は妊娠の臨月に近い女性のように膨らんでいました。

そして、体には数多くの引っ掻き傷がありました。

最初に遺体を検見した検視官は、腹部が膨らんでいることから溺死と判断し、お腹が水で膨らんでいるのだろうと考えたようです。

しかし、遺体を解剖したところ、その考えは裏切られました。

遺体の胃には水が一滴も入っていませんでした。

それどころか、胃から食道、口の中に至るまで、アワビ、サザエ、ウニなどの海の幸がほとんど消化されずに詰まっていたのです。

本当にぎっしりと詰まっていました。

また、もう一つ奇妙なことがありました。

それは遺体の身体についていた多数の引っ掻き傷です。

これらの傷は明らかに人間、あるいは爪のある何かによってつけられたもののようでした。

しかし、その傷には何かがおかしいということです。

人間が皮膚を引っ掻くとき、1から5本の爪痕が残ります。

同じ方向に同じように傷をつけようとすると、それ以上の爪痕はどうしても不自然になります。

ところが、遺体についていた傷痕は、1から5本の爪痕も確かにあったものの、それ以上、すなわち6から8本の自然につけられたような爪痕が残っていたのです。

例えば、人間が5本以上の爪痕を皮膚につけようとした場合、片方の指にもう片方の指を足してつけようとすると、その足した部分が不自然な跡として残るはずです。

しかし、この爪痕は何とも自然に見えました。

解剖医は、「これは…指が6本、あるいは7、8本の動物に引っ掻かれたと考えるのが自然だが…。

そのような動物が存在するのかどうか…動物学者に尋ねなければ私には分からない」と述べて手を引いたそうです。

Y氏から聞いたこの未解決事件の調査報告は今でも存在します。

しかし、地元の警察はこの事件を無かったことにし、事件そのものを抹消しました。

警察のデータベースには、「溺死」とだけ記録されているでしょう。

関連記事

田舎の風景(フリー写真)

滝不動

俺のクラスメイトにSという奴が居る。 そいつがいきなり「お前、霊媒師とか詳しい?」と訊ねてきた。 「何だよ? 急に」と訝しがると、彼は神妙な面向きで話し始めた。 何…

ヒサルキの真相

こんな所でヒサユキの名前に会うとは、実際のところ驚いている。 彼女の事について真相を伝えるのは私としても心苦しいが、だがこの様に詮索を続けさせるのは寧ろ彼女にとっても辛いことだろ…

イーッパイおばさん

うちのコンビニに週3回、毎朝5時過ぎにやってくる初老のおばさんがいる。 週3回全て俺が入ってる日、決まって俺が店内で一人で作業している時に来る。 雨の日でもズブ濡れになりな…

青ゲット(毛布)男殺人事件

事件のあらまし 明治39年2月11日の午後9時頃のことである。 吹雪の中をO町にある「橋田時助商店」に一人の男が訪れ、同店の番頭高木昭一(当時30歳)に面会を求めてきた。 …

都会の景色(フリー写真)

報道されない事件

新聞にも載らなかった話。 とあるマンション(市内では自殺の名所で知られている)で女性の死体が見つかりました。 仰向けに寝かされた状態。年齢は20代後半くらい。革のミニスカ-…

抽象的(フリー素材)

ムシャクル様

前職が前職だったので、不思議な話を聞く機会はそれなりにあった。 老若男女問わず、「こんなことがあったんだが、何もしなくて大丈夫か」「あれは一体何だったのか」などを寺に尋ねに来る人…

田舎の上空写真(フリー画像)

小鳥子象

子供の頃に体験した不思議な話を投稿させてもらいます。 幼少の頃の記憶が元になっているので、あやふやなところもあるけどそこはご勘弁を。長いので幾つかに分けます。 ※ まず話は俺…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。 撮影何日か目に助手が怪我をした。 まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

女性

リゾートバイト(後編)

俺達は死んだように眠り、翌日、離塵さんの声で目を覚ました。 「皆さん、起きれますか?」 特別寝起きが悪い樹を、いつものように叩き起こし、俺達は離塵さんの前に3人正座した。 …

着物(フリー素材)

以前、井戸の底のミニハウスと、学生時代の女友達Bに棲みついているモノの話を書いた者です。 AがB宅を訪問した時のことをもう一つ話してくれたので投稿します。 ※ 以下はこれまで…