今、神様やってるのよ

wallpaper275_640_1136

うちの母方の実家が熊本県にあるんですけど、ずっと実家に住んでいる母のお姉さんが、先日遊びにきました。

ちょうど『ターミネーター2」がTVでやっていて皆で観ていたんです。

映画の中で核爆弾が落ちたシーンで、遊んでいた子供達が焼けちゃう場面がありましたよね。

あれ見ながら「瞬間で皮とかもズルっといっちゃうんだね、怖エ~」とか話していたら、おばさんがテレビ見ながらさりげなく、とんでもない話を始めました。

おばさんの長女がこの前子供を生みました。

すごく華奢な娘さんだったんで、すごい難産だったそうです。

2ヶ月前から入院して、もう母体も危ないので、予定よりも早く帝王切開で生んだそうです。

今でこそ母子ともに元気ですが、そのころおばさんは初孫と言うこともあって、心配で心配で夜も眠れなかったそうです。

ある日、病院から帰って家にいると、電話がかかって来ました。相手は幼馴染でした。

昔は家も近かったのですが、その人は引っ越していってしまったそうです。それでもとても仲がよかったので、ずっと連絡は取り合っていました。

ところがここ10年ほど、ぱったり連絡が取れなくなってしまったそうです。

娘さんのことで疲れていたおばさんは、思いがけない懐かしい人からの電話で、本当にうれしかったそうです。

早速、近況などを報告し合おうとすると、その人は想像もしなかったことを言い出しました。

『Kちゃん(おばさんの名前)、私ね、今神様やってるのよ。たくさんの人たちを救ってあげてるの。Kちゃんも困ったことがあったらいつでも電話して。助けられると思うわ』

昔のままの非常に明るく感じのよい声で、彼女はこんなことを言いました。あまりにも普通に言われたので、おばさんは「ああ、そう…」としか言えなかったそうです。

しかしその夜、自分の娘と生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、おばさんも疲れていたのでしょう、そんなとんでもない電話さえ、

「ひょっとしたら、これもなにかの縁かもしれない。明日頼んでみよう」

と思ったそうです。

なにかすがるものができたせいか、おばさんはその夜、久しぶりに眠りに落ちました。

夢の中に、娘と、まだ子供の頃のままの幼馴染が出てきました。娘もなぜか妊娠しておらず、3人で仲良く遊んでいる夢でした。幼馴染もニコニコしていて、お花畑のような所で、すごく幸せな夢です。

鞠のようなもので遊んでいました。おばさんに鞠が飛んできました。おばさんは胸で受け止めました。

するとその鞠の中から皮がずるっと剥けて、ぬるぬるとした溶けかかった幼虫のようなものが出てくるではありませんか。思わずおばさんは悲鳴を上げました。

誰かに投げようにも、そこは母親。とっさに娘より幼馴染の方を見ました。投げようとしても、幼虫のようなものは絡み付いて離れません。

それを見て幼馴染は、ケラケラと狂ったように笑います。その目は全部黒目で、穴が開いてるようです。

幼虫の鳴き声と、幼馴染の幼い子供の笑い声が響くように重なります。

おばさんは飛び起きました。全身汗でびっしょりです。

「その時ね、私思ったのよ。あの幼虫はね、赤ちゃんだって。どうしてか分からない。人間の姿なんてもちろんしてなかったし、泣き声は獣のようだった。でもね、絶対赤ちゃんだと思ったの。すごく不吉に感じて、その後せっかく連絡してきてくれた幼馴染に、怖くて連絡できなかったの」

その後、何とか無事に子供は生まれ、そんな電話があったことも忘れていました。

そしてある日、何気なくつけたTVのワイドショーに、その幼馴染の名前と、夢とはかけ離れた年老いた女性の顔が映し出されたそうです。

少し前にありましたよね。

怪しげな新興宗教を信じて、死んでしまった我が子の皮をはいだら生き返ると言われ、その通りにしてしまった若い夫婦。

その夫婦が信じていた神様こそが、おばさんの幼馴染だったそうです。その幼馴染は何不自由ない家庭環境にいたはずなのに、おばさんの知らない10年の間に何があったのでしょう。

おばさんは怖いというよりも、みていて涙が止まらなかったそうです。

もし彼女に相談していたら…。

関連記事

幽霊ってさ、通り魔みたいに理不尽な存在だと思うんだ

霊ってどんなものかその時まで知らなかったけど、通り魔みたいに理不尽な存在だと思う。10年くらい前に日本全国をブラブラ旅歩いていたときの話。T県のとある海鮮料理を出すお店…

ガラス瓶

知り合いに、瓶を怖がる女性がいます。コーラ瓶、一升瓶はもちろん醤油の小瓶も触れない。そんな彼女に聞いた話。ジュース容器といえばペットボトル主流の現在だけど、彼女が子供の…

リンフォン

先日、アンティーク好きな彼女とドライブがてら、骨董店やリサイクルショップを回る事になった。俺もレゲーとか古着など好きで、掘り出し物のファミコンソフトや古着などを集めていた。買う…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…

登山(フリー写真)

伸びた手

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。…

夜の山(フリー写真)

奇妙な祠と女の子

高校2年生の頃の実体験を書きます。夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは、唐突にキャンプに行こうと思い付いた。そして以前、渓流釣り好きのCの親戚から聞いた、キャンプに最…

脳(フリー素材)

脳の限界

俺は大学時代に心理学を専攻していて、その時のゼミの先生の話なんだけど、この話に幽霊などその類は一切出てこない。先生からその話を聞いた日は、ゼミの後に飲み会を開くことになっていて…

祭祀(長編)

近所に家族ぐるみで懇意にしてもらってる神職の一家がある。その一家は、ある神社の神職一家の分家にあたり、本家とは別の神社を代々受け継いでいる。うちも住んでいる辺りではかな…

ヤマノケ

一週間前の話。娘を連れてドライブに行った。なんてことない山道を進んで行って、途中のドライブインで飯食って。で、娘を怖がらそうと思って舗装されてない山道に入り込んだ。「や…

南京錠(フリー写真)

集団の闇

身元が特定されるかもしれないから詳しくは書けないけど、某長寿番組に『開かずの扉を開ける』という企画で出たことがある。当時住んでいたのは割と年代物の寮で、俺達の代で廃寮になること…