hakone01

男はふとある村の事を思い出した。

数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。

心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走らせた。

記憶力には自信がある方なので、道は覚えている。

村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、その看板を見つけたとき「あれ」と思った。「この先Xkm」となっていたと思うのだが、その看板が

「巨頭オ」

になっていた。

外国人が殴り書きしたような文字だった。嫌な予感がしたが引き返すことはしなかった。

車で入ってみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。おかしいなと思いながら車を降りようとする男。

そのとき20メートルくらい先の廃屋の影から、頭がやたら大きい人間が姿を現した。

ハンドルを握ったまま、あっけに取られた。

その異形は、両手をピッタリと足につけ、巨大な頭をぐらぐらと左右に振りながら、車の方に向かってくる。それもたくさん!

車から降りなくて良かった。男は恐ろしい勢いで車をバックさせ、とんでもない勢いで国道まで飛ばした。

帰って地図を見ても、数年前に行った村と、その日行った場所は間違っていなかった。

だが、男はもう二度と行こうとは思わない。