えんべさん

猿(フリー素材)

帰省した時、祖母に『コトリバコ』のような呪わしい因習話は無いかと聞いたところ、残念ながら無かったんだけど、伯父さんがそれ系の話を知っていたので書きます。

1980年代、伯父さんが都内の某大学生の時、某地方の文化調査で教授のフィールドワークに助手(と言うか荷役人夫)として同行したそうな。

それで、ある集落に猿の神様を祀る家があったらしい。

『えんべさん』だか『えーベさん』だか…、取材相手が文字で書かれたのを見た事が無いため、正式な発音や綴りは不詳。

取り敢えず『えんべさん』という事にする。

この『えんべさん』の御神体は何年かに一度、新しく作り変えられる。その法則も不詳。

御神体の作成には、まず甘酒を用意する。

酒と言ってもおかゆみたいな、米の形が残っているデロデロの流体。

ご飯を水に入れ、そこに酒種を加えかき混ぜて、埃よけに蓋をし、そのまま常温で放置という大変アバウトな作り方。

叔父さんも飲ませてもらったそうだけど、ぬるい甘さと仄かな酸っぱさに米粒の食感が合わさり、何とも言えず微妙な一品だった模様。

ちなみに、この甘酒用の米には専用の田圃があったのだとか。

甘酒が出来たら、桶に入れて山中に放置する。すると、猿が来てこれを飲む。

そして酔っ払った頃を見計らって飛び掛かり、フラフラの猿を捕まえる。

この時、お面を被って決して猿に顔を見られないようにする(以後、猿に接する時は必ずお面を被る)。

捕まえた猿は竹篭に入れ、半月ほど甘酒だけで飼って潔斎させる。

餌付けもされていない野生の猿だから始めの内は見向きもしないけど、その内に空腹に負けて口を付けるらしい。

潔斎が済んだら、竹篭の周りに犬を繋いで吠え掛からせ、猿をビビらせるだけビビらせたところで、竹篭ごと俵に入れて土に埋める。

そして一年経ったら、骨を掘り出して洗って祀る。この時は素顔で行う。

自作自演で「助けてやったんだから恩を返せよ」という筋書きらしい。

そして古い方の骨は山に帰す。具体的には不詳。

これで不思議と農作物が鳥獣害から守られる。

特に秘事という訳でもなかったらしく、集落の他の家の人も普通に知っていて、取材相手の証言の限りでは差別も無かったらしい。

或いは、他家もご利益に預かっていて、他の集落には秘密とかだったのかもしれない。

太平洋戦争でその家の長男が出征して亡くなったあたりで、御利益が無いと思ったのか、時代にそぐわないと思ったのか、この奇習は行われなくなった。

その『えんべさん』を祀っていた家はまだ続いていて、直接取材も試みたけど、1980年代にもなると流石に外聞の良い話じゃないので丁重に断られたそうな。

それで叔父さんは、こういう奇祭が昭和の中頃近くまであった事実に感慨ひとしおでその村落を後にした。

大学に戻ると、叔父さんは教授から以下の仮説を聞かされた。

『えんべさん』の名前は、初めは猿から「えん」の発音が来ているのかと思われたが、『えいベさん』という呼称も考えると、恵比寿様を「えベっさん」という言い方がある事から考え、こちらの方が由来に近いように思われる。

恵比寿は夷(異邦人)だから、本来は猿ではなく旅人を使ってたんじゃないか…と。

山に帰されたという骨を調べれば何か判ったかもしれないが、それは『えんべさん』の家が協力してくれない以上、調べようがない。

教授の説の真偽は不明だけど、「世が世なら生きて帰れなかったところかも知れない」と叔父さんは笑っていました。

関連記事

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。 利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。 二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

目

あの目(長編)

夏休みの少し前くらいの出来事。 俺と友人のA、Bが、夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行こうと話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」と声をかけてきた…

猛スピードで

俺にはちょっと変な趣味があった。 その趣味って言うのが、夜中になると家の屋上に出て、そこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。 いつもとは違う静まり返った街を観察す…

邪視(長編)

これは俺が14歳の時の話だ。冬休みに、N県にある叔父(当時まだ30代)の別荘に遊びに行く事になった。 本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。 小…

蔵(フリー写真)

犬神様の蔵

学生の時、友人と民宿に泊まった。 そこは古い民家のような所で、母屋の隣に大きな蔵があった。 民宿のおばあちゃんが言うには、その蔵には神様が祀ってあるから入るなとのこと。 …

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。 俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。 そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。 人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。 村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。 その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

泉の広場の赤い服の女

3年近く前、泉の広場のところで、変な女がうろついていた。 通勤の帰りによく見かけた。 30前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、顔色悪く目がうつろ。 …

木の杭

俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業をやってる時にふと気になったことがあって、それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。 農作業でビニールシートを固定したりする時などに、木の杭…