えんべさん

猿(フリー素材)

帰省した時、祖母に『コトリバコ』のような呪わしい因習話は無いかと聞いたところ、残念ながら無かったんだけど、伯父さんがそれ系の話を知っていたので書きます。

1980年代、伯父さんが都内の某大学生の時、某地方の文化調査で教授のフィールドワークに助手(と言うか荷役人夫)として同行したそうな。

それで、ある集落に猿の神様を祀る家があったらしい。

『えんべさん』だか『えーベさん』だか…、取材相手が文字で書かれたのを見た事が無いため、正式な発音や綴りは不詳。

取り敢えず『えんべさん』という事にする。

この『えんべさん』の御神体は何年かに一度、新しく作り変えられる。その法則も不詳。

御神体の作成には、まず甘酒を用意する。

酒と言ってもおかゆみたいな、米の形が残っているデロデロの流体。

ご飯を水に入れ、そこに酒種を加えかき混ぜて、埃よけに蓋をし、そのまま常温で放置という大変アバウトな作り方。

叔父さんも飲ませてもらったそうだけど、ぬるい甘さと仄かな酸っぱさに米粒の食感が合わさり、何とも言えず微妙な一品だった模様。

ちなみに、この甘酒用の米には専用の田圃があったのだとか。

甘酒が出来たら、桶に入れて山中に放置する。すると、猿が来てこれを飲む。

そして酔っ払った頃を見計らって飛び掛かり、フラフラの猿を捕まえる。

この時、お面を被って決して猿に顔を見られないようにする(以後、猿に接する時は必ずお面を被る)。

捕まえた猿は竹篭に入れ、半月ほど甘酒だけで飼って潔斎させる。

餌付けもされていない野生の猿だから始めの内は見向きもしないけど、その内に空腹に負けて口を付けるらしい。

潔斎が済んだら、竹篭の周りに犬を繋いで吠え掛からせ、猿をビビらせるだけビビらせたところで、竹篭ごと俵に入れて土に埋める。

そして一年経ったら、骨を掘り出して洗って祀る。この時は素顔で行う。

自作自演で「助けてやったんだから恩を返せよ」という筋書きらしい。

そして古い方の骨は山に帰す。具体的には不詳。

これで不思議と農作物が鳥獣害から守られる。

特に秘事という訳でもなかったらしく、集落の他の家の人も普通に知っていて、取材相手の証言の限りでは差別も無かったらしい。

或いは、他家もご利益に預かっていて、他の集落には秘密とかだったのかもしれない。

太平洋戦争でその家の長男が出征して亡くなったあたりで、御利益が無いと思ったのか、時代にそぐわないと思ったのか、この奇習は行われなくなった。

その『えんべさん』を祀っていた家はまだ続いていて、直接取材も試みたけど、1980年代にもなると流石に外聞の良い話じゃないので丁重に断られたそうな。

それで叔父さんは、こういう奇祭が昭和の中頃近くまであった事実に感慨ひとしおでその村落を後にした。

大学に戻ると、叔父さんは教授から以下の仮説を聞かされた。

『えんべさん』の名前は、初めは猿から「えん」の発音が来ているのかと思われたが、『えいベさん』という呼称も考えると、恵比寿様を「えベっさん」という言い方がある事から考え、こちらの方が由来に近いように思われる。

恵比寿は夷(異邦人)だから、本来は猿ではなく旅人を使ってたんじゃないか…と。

山に帰されたという骨を調べれば何か判ったかもしれないが、それは『えんべさん』の家が協力してくれない以上、調べようがない。

教授の説の真偽は不明だけど、「世が世なら生きて帰れなかったところかも知れない」と叔父さんは笑っていました。

文字化けメール

去年の3月の事。俺は高校を卒業し、大学へ通うようになるまでの数週間、暇を持て余してひたすら遊び歩いていた。 そんなある日の夕方、友人(A)から「暇だからドライブ行こうぜ!」という…

紫の抽象的模様(フリー画像)

塊紫水晶奥

私には年の離れた兄が居る。普段何をしているか判らない飄々とした自由人。 偶に家に遊びに来ては、変な物を置き土産として置いて行く。 半年ほど前、玄関に磨かれていない紫色をした…

教室(フリー素材)

アサン様

小学6年生の頃、アサン様という占いが学校で流行りました。 夜、自分以外の家族が寝ているか外出している時に、占いのターゲットとなる複数名の名前が書かれた紙の上で、抜いた髪の毛の先に…

リアル(長編)

俺の経験から言わせてもらう。何かに取り憑かれたりしたら、マジで洒落にならないことになると最初に言っておく。 もう一つ。一度や二度、お祓いをすれば何とかなるってことはまずない。長い…

クレーマーの家系

うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。 ・学生時代のある日、父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す ・その後、父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰し…

後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられ続けている後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人にほんの少しづつ、持って行ってもらえれば良いなと思い、ここにこうして書かせてもらいます。 実際に何…

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。 田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

気持ちの悪いスナック

7年くらい前にタクシーの運転手さんに聞いた話です。 当時、六本木にある会社に勤めていましたが、結構夜遅くなることが多かったんですね。 当然終電はなく、タクシーで帰ることにな…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。 入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。 壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。 時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…