見知らぬ場所

公開日: 異世界に行った話

ドア(フリー写真)

子供の頃の体験談を一つ書いてみる。

幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えている。

祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通っていたのだけど、祖父の家は関東で、田舎でもなければ都会でもない中途半端な所だった。

そのため特に娯楽がなく、退屈だからいつも外に遊びに出ていた。

その日も退屈して外に行こうと思い、玄関のドアを開けたら何故か夜。

びっくりして玄関の前にある鉄柵(祖父の家はマンション)から乗り出してみたら、全然風景が違う。

配管が沢山通っていて、工場みたいな場所。色々と機械の凄い音がしていたから、稼動していたのかな?

怖くなって祖父の家に戻ろうと振り向いたら、玄関のドアが何百年も使っていないように錆びていて、ノブも回らない。

焦って半泣きでドアを蹴る殴るしてもビクともせず、座り込んでわんわん泣いていたら、突然ノブが回ってドアが開いた。

そしたら中からばあちゃんが出て来て、泣きながら俺を抱き締めてきた。

玄関先でわんわんやっていたら、両親と祖父と親戚の叔父と叔母と警察が戻って来た。

どうやら昼過ぎに出て行ったきり戻って来なかったらしく、警察に連絡して親戚一同で探し回っていたという話。

ちなみに、俺が戻って来たのは夜中の1時だった。

全力で説明するも誰も信じてくれず、母ちゃんに死ぬほど怒られてまた泣いた。

正月に親戚が集まって昔話をすると必ずこの話をされるが、今だに謎の事件で一体何だったのかよく判らない。

関連記事

もう5、6年前かな?確か秋も過ぎて12月だかそんくらいの時期。前日に早く寝たから、その日はやたらと早く目が覚めたのよ。だいたい日の出の直後くらいだったと思う。起きたとい…

きさらぎ駅

98 :名無し:01/08 23:14 気のせいかも知れませんがよろしいですか?99 :名無し:01/08 23:16 取りあえずどうぞ100 :名無し:01/08…

繋ぎ目

中学生の頃の夏の話。そろそろ夏休みという時期の朝、食事を終えてやっとこ登校しようと、玄関に向かったんだ。スニーカーのつま先を土間でとんとんと調整しながら引き戸の玄関をガ…

未来は書き換えられている

昔、高校受験の勉強で市販の問題集をやっていた時の話だ。一通り回答した問題の答え合わせをやっていたのだが、一問だけ正解と解説を読んでも解らない問題があった。何度計算しても…

異世界での体験談(長編)

異世界とか霊界とか、信じる信じないではなく、当たり前にあるものだと思って生きてきました。死んだおじいちゃんが出雲大社で修行していて、祈祷師のような事もやっていたから。家…

デパート(フリー素材)

異世界のデパート

小さい頃、婆ちゃんの家にあるタンスに入ると変な町に行けた。タンスの中に吊ってある服の奥にどんどん進んで行くと、デパートの洋服売り場のような場所に出た。また商品の服の中に入ると婆…

田舎の風景(フリー素材)

サ○○

20年程前の実話です。私の実家のある山間の小さな村で起きた、少し気味の悪い出来事。実家の近くの山中に○○○○苑という精神薄弱者の施設があるのですが、そこの生徒が偶に脱走…

時空の狭間の少女

これは俺が保育園に通っていた時の話。俺が住んでた町には第一から第三まで保育園があり、俺は第一保育園に通っていた。ある夏の日、合同お遊戯会の劇の練習で第一保育園の園児が第…

次元の歪み

先に断っておきます。この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。もし今から私が話す話を…

休日の商店街(フリー写真)

グレーの夕陽

8歳くらいの頃に体験した話。俺の家は商店街の魚屋で、年中無休で営業していた。その日は目覚めたら家に誰も居らず、店を閉めている訳でもないのに本当に誰も居ない。俺は…