見知らぬ場所

公開日: 異世界に行った話

ドア(フリー写真)

子供の頃の体験談を一つ書いてみる。

幼稚園くらいの話だけど、今も鮮明に覚えている。

祖父の家が結構近くて頻繁に家族で通っていたのだけど、祖父の家は関東で、田舎でもなければ都会でもない中途半端な所だった。

そのため特に娯楽がなく、退屈だからいつも外に遊びに出ていた。

その日も退屈して外に行こうと思い、玄関のドアを開けたら何故か夜。

びっくりして玄関の前にある鉄柵(祖父の家はマンション)から乗り出してみたら、全然風景が違う。

配管が沢山通っていて、工場みたいな場所。色々と機械の凄い音がしていたから、稼動していたのかな?

怖くなって祖父の家に戻ろうと振り向いたら、玄関のドアが何百年も使っていないように錆びていて、ノブも回らない。

焦って半泣きでドアを蹴る殴るしてもビクともせず、座り込んでわんわん泣いていたら、突然ノブが回ってドアが開いた。

そしたら中からばあちゃんが出て来て、泣きながら俺を抱き締めてきた。

玄関先でわんわんやっていたら、両親と祖父と親戚の叔父と叔母と警察が戻って来た。

どうやら昼過ぎに出て行ったきり戻って来なかったらしく、警察に連絡して親戚一同で探し回っていたという話。

ちなみに、俺が戻って来たのは夜中の1時だった。

全力で説明するも誰も信じてくれず、母ちゃんに死ぬほど怒られてまた泣いた。

正月に親戚が集まって昔話をすると必ずこの話をされるが、今だに謎の事件で一体何だったのかよく判らない。

関連記事

沈まぬ太陽

もう10年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。小さい図書館だ…

ビルの隙間

去年の夏休みの事。夜中にコンビニへ行き、いつも通る道を歩いていると、ビルとビルの間に1メートルくらいの隙間があるのを発見した。俺は『こんな所に隙間あったっけ?』と思った…

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。する…

ショートカット

小学校の頃の体験です。私が通っていた校舎は4階建てでした。校舎の両端にそれぞれ階段があって、東階段と西階段と呼ばれていました。東階段部分の校舎は3階までしかなく…

ねじれ(フリー背景素材)

時空のお姉さん

12月の中旬頃に、恐らく『時空のおっさん』に関連すると思われる体験をしたので投稿します。創作ではなく、確かに体験した実話です。 ※ 私はコスプレイヤーで、その日は友達と4人…

古書店(フリー写真)

消えた友人

先輩と二人で仕事場に泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。先輩曰く「友人に会えなくなった」らしい。最初は単に仕事が忙しいからなのではないかと思ったのだ…

次元の歪み

先に断っておきます。この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。もし今から私が話す話を…

小学校

途切れた記憶

私は小学3年の冬から小学4年の5月までの間、記憶がありません。何故かそこの期間だけ記憶が飛んでしまっているのです。校庭でサッカーをして走っていたのが小学3年最後の記憶で…

団地(フリー写真)

ずれた世界

母がまだ幼い頃、ある団地に住んでいた時の話。一番上の姉(伯母)と母が外で遊ぼうと階段を降りて行くと、一階の団地の入口に見知らぬおばさんが居た。その団地には、郵便受けが…

夜の校舎

あんたがたどこさ

深夜23時。僕と友人のKは、今はもう使われていない、とある山奥の小学校にいた。校庭のグラウンドには雑草が生え、赤錆びた鉄棒やジャングルジム、シーソーがある。現在は危険と…