親猫の導き

公開日: 心霊ちょっと良い話

猫(フリー写真)

アパートで一人暮らしを始めた頃、アパート周辺を猫の親子がうろついていた。親猫と仔猫四匹。

私はどういう訳か親子に懐かれた。

アパートでは飼えないので下手に餌をやるのは避けていたが、偶に撫でてやったりしていた。

ある日の夜、玄関のドアからカリカリ音がする。開けてみたら親猫がいた。

猫はにゃーにゃー鳴いて、どうも『付いて来い』と言っているように見えた。

取り敢えず外に出ると、親猫はアパート前の道路に出て、角を曲がった。

行ってみると、怪我した仔猫らがうずくまっていた。

びっくりして更に近寄ると、仔猫の陰にぐったりした親猫が。

もう『アパートじゃ飼えない』などという理屈は吹っ飛んでしまい、私は猫五匹を抱えて近所の動物病院へ走った。

獣医さん曰く、車に轢かれたようだ。

幸い仔猫は皆命に別状は無かったが、親猫は既に死んでいた。

私が見ても即死じゃないかと思う程ボロボロで、少なくとも私の所まで歩いて来られる状態ではなかった(足が二本ズタズタになっていた)。

霊だか生霊だか分からないが、親猫は仔猫を助けて欲しくて私を頼って来たように思えた。

翌日、私は大家さんに頭を下げ、仔猫の里親が見付かるまで飼う許可を貰った。

一匹は私の実家、一匹は友達の家に貰われて、残り二匹は今も元気に部屋で運動会中です。

関連記事

小綺麗な老紳士

駅構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました。喫煙スペースと言っても田舎の駅なので、ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした。すると小綺麗…

腕時計と街(フリー写真)

四十九日の夢

俺が大学生だった頃の話です。念願の志望校に入学したものの自分の道が見い出せず、毎日バイトに明け暮れ、授業など全然受けていなかった。そんなある日、本屋で立ち読みをしている…

登山(フリー写真)

二つの人影

友人に山岳部のやつが居る。そいつが何処だか忘れたが、結構有名な日本の山に部員と登った時の話。ちょうど山の中腹まで登った頃に濃霧が立ち込めて来て、他のメンバーとバラバラになってし…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

女性の友情(フリー写真)

親友の加護

もう三年程前の話です。友人が癌になり、全身に転移してしまい、死ぬ為に病院に入院する事になった。当時そんな事は知らなかったのだけど、偶然寿退社して暇だった私は、毎日彼女の…

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

お茶(フリー写真)

寂しがりなじいちゃん

母方のじいちゃんが何年か前に亡くなったのだけど、家によく出るらしい。殆どの場合はばあちゃんが目撃するのだが、対応が実に大らかだ。ある日、ばあちゃんが台所仕事をしていると…

古い箪笥(フリー写真)

鈴の音

小学生の頃、大好きだったばあちゃんが死んだ。不思議と涙は出なかったのだけど、ばあちゃんが居ない部屋は何故か妙に広く感じ、静かだった。火葬が済んだ後、俺は変な気配を感じる…