ヨウコウ

eetoko_ikitai_0401

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。

田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。

本命は猪なんだけど、タヌキや鳥も撃ってた。

その日も爺ちゃんは鉄砲を肩に背負って、俺と山道を歩きながら、

「今日はうんまいボタン鍋くわしちゃるからの!」

と言っていた(実際撃ったばかりの猪は食わないが)。

そのうち、何か動物がいるような物音がした。ガサガサって感じで。

俺は危ないからすぐ爺ちゃんの後ろに隠れるように言われて、すぐ爺ちゃんの後ろに回って見てたんだけど、爺ちゃんは一向に撃つ気配がない。

いつもなら俺を放っておくくらいの勢いで

「待てー!」

と行ってしまうのだが、鉄砲を中途半端に構えて固まってしまっている。

俺はその頃は背が低くて茂みの向こうにいる動物であろうものはよく見えなかった。

俺は気になって爺ちゃんに

「何?猪?タヌキ?」

って聞いた。

しかし、爺ちゃんはしばらく黙っていて、茂みの向こうをじっ…と見ていた。

「あれは…」

と爺ちゃんが口を開いた瞬間、急に茂みがガサガサと音を立てた。

「やめれ!」

と言い放ち、爺ちゃんはその茂みに一回発砲した。

そして俺を抱えて猛ダッシュで逃げ出した。

俺は何がなんだか分からず、ひたすら怖くて今にも泣きそうになっていたが、爺ちゃんが撃ったのは何なのか気になり後ろを振り返った。

すると、遠目に毛のない赤い猿のような動物がこちらに向かって走っている。

爺ちゃんは俺を抱えて走りながらも鉄砲に必死で弾を込めていた。

弾を込め終わると爺ちゃんは俺を抱えたまま振り向きざまに発砲した。

すぐ隣で発砲されたので、俺は耳が「キーン」ってなって、色んな音が遠く聞こえた。

爺ちゃんは走りながらまた新しい弾を込めている。俺は怖くてもう振り返ることはできなかった。

後ろで

「ケタタタタ!ケタタタタタタ!」

というその動物の鳴き声らしい声が聞こえ、爺ちゃんが小声で

「助けてくれ…助けてくれ…この子だけでも…」

と呟いていた。

山を降り切っても爺ちゃんは止まらなかった。俺を抱えてひたすら家まで走った。

家に着くなり、爺ちゃんは婆ちゃんに

「ヨウコウじゃ!!」

と叫んだ。

婆ちゃんは真っ青な顔で台所に飛んで行き、塩と酒を持って来て、俺と爺ちゃんにまるで力士が塩を撒くように塩をかけ、優勝した球団がビールかけをやっているみたいに酒を頭から浴びせた。

その後、それについて爺ちゃんも婆ちゃんも何も話してくれなかった。

間もなくして爺ちゃんは亡くなってしまい、その時婆ちゃんが俺に「ヨウコウ」について話してくれた。

「○○ちゃんが見たのはのー、あれはいわば山の神さんなんよ。

わしらにとってええ神さんじゃないがの。爺ちゃんはあんたのかわりに死んだんじゃ。

お前は頼むから幸せに生きておくれよ」

爺ちゃんが死んでから、婆ちゃんも後を追うように亡くなってしまい、俺は20代後半でピンピンしている。

俺が見たのは、村で言い伝えられる妖怪の類だったのかもしれないけど、今でも親戚の人にこの話をするとしかめっ面をされる。

福井県の某村の話。

関連記事

ねぇ、どこ?

ある夜、ふと気配を感じて目が覚めた。天井近くに、白くぼんやり光るものが浮かんでいた。目を凝らして見てみると、白い顔をした女の頭だけが浮いていた。驚いて体を起こそうとするが動かな…

スマホを持つ女性(フリー素材)

ユキからのメール

今年の春からの出来事です。いきなり私の携帯に知らないアドレスからメールが届きました。『ユキだよ。○○ちゃん、今日のシャツちょぉぉぉカワイイ(>∀<)』そんなメー…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

水の中の女

今から20数年前、私がまだ高2の時の事だ。当時私は部活に励んでいて、その日は梅雨真っ只中。薄暗い夕暮れ時に、いつものように部活から帰っていた。私はその頃奇怪な体…

しゃべれるんだな

自宅のトイレに大きな窓がある。ちょうどトイレの床から1メートルくらいのところに。トイレの臭いを換気する為に、いつも10センチほど開けっ放し。まあ、自宅代わりに借りてるビ…

八尺様(長編)

親父の実家は車で二時間弱くらいのところにある。なんでもない田舎だったけど、そののんびりした雰囲気が好きだった。高校になってバイクに乗るようになると、休みを利用してよく一人で遊び…

旅館での一夜

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

くねくね

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時のことである。年に一度、お盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。やっぱり都会とは空気が違…

無限ループ(フリー素材)

無限ループする世界

高校時代の同級生に「右目を見ると前世が判る」と言う女子が居た。相手の瞳を見ていると、額の前辺りにその人の前世の映像が見えてくるらしい。瞬きはして良いけど、目は逸らしては…