オンボロデパート

公開日: 心霊体験

エレベーター(フリー写真)

予期せぬ時に予期せぬ出来事が起きると、どうして良いか分からなくなる。

これは、俺が先日体験した話。

俺はその日、市内のデパートに買い物に行った。

デパートと言っても大手のところではなく、ちょいと古い小さなデパート。

雨が降っていたこともあり、平日の昼間、お客はあまり居なかった。

俺は5階にある紳士雑貨で目当ての物を買い、さて帰ろうと思いエレベータに乗った。

上から降りて来たエレベータには、二人のお客が乗っていた。ちなみにエレベーターガールなんて洒落たものは居ない。

4階に着き、お客は二人とも降りる。エレベータには俺一人。

そのまま下がって行き、3階を過ぎた時だった。

突然エレベータが止まり、電気も消えた。

どうやら停電のようだった。

これには焦った。

「うぉっ」

とか素で言ってしまった。

誰も聞いていなくて良かった。

暫くすればすぐ動き出すだろうと思ったが、どうにも落ち着かない。

何しろこのエレベーター、窓が無い。しかも何故か非常灯も点かないので完全に真っ暗。このオンボロデパートめ。

明かりが欲しかったので、俺は携帯を取り出した。

ぼうっと明るくなる。何となく落ち着く。

エレベータ内の奥に立っていた俺。

携帯から顔を上げて何気なくドアの方を見た。

操作パネル板とは逆側の角に、誰かが後ろを向いて立っていた。

よくある、髪の長い白い服を着た…というものではなかった。

暗くて色はよく分からなかったが、ワンピースを着たショートカットの女性だった。

俺以外乗っているはずがないのに、そこに居た。

俺は固まった。ほんの数秒だろうけど、俺は動けなかった。

それを見たくなかったが、何故か視線を逸らせなかった。

心の中で、お願いだから振り向かないでくれ、と祈った。

声も出さないでくれ、動かないでそのままじっとしていてくれ、と祈った。

もしそいつがこっちを向いたり、何か、きっと恐ろしい声で何か言ってきたら、俺は永遠に叫び続けることになると思った。

自分の叫び声で気が狂ってしまうと思った。

俺は携帯を切った。今度は明かりが怖かった。

馬鹿げているかもしれないが、その明かりのせいで、そいつがこっちを向いてしまうのではないかと考えた。

徐々に暗闇に目が慣れてきた。

そいつは相変わらず、角に頭を付けるような格好で、こちらに背中を向けて立っている。

俺はじっと固まっている。嫌な汗が沢山出てきた。

…するとそいつが動いた。

背中を向けたまま、操作パネルの方に動いて行った。

歩いている感じではなかった。滑るように、音もなく動いた。

俺は何とか叫ぶのを堪えた。声を飲み込んだ。

そいつは操作パネルの前に立った。

俺はもう、ガタガタ震えていたと思う。もうダメだ、もう限界だ、と思った。

そいつが手を上げて、最上階のボタンを押した。

暗かったはずなのに、そいつの指はよく見えた。爪も剥がれてボロボロの指だった。

そしてゆっくり振り向いて、低い、低い声でこう言った。

「何階から、落ちますか?」

死人の顔。言葉では言い表せない。

俺はそれと目を合わせてしまった。いや、目なんて無かった。黒い眼窩を見た。

俺は限界を超えた。俺の身体が、叫ぶために息を大きく吸い込んだ。

さあ声の限り…という瞬間、パッと明かりが点いた。エレベータの稼動音がした。

アナウンスの声が聞こえた。

「一時的な停電により、お客さまには大変ご迷惑を…」

そいつは消えていた。

俺は無事に、エレベータから出ることができた。

後で、昔そのデパートの屋上から飛び降り自殺をした女性がいた、という話を聞いた。

あのような古い建物にはよくある話かもしれないが、俺は信じた。

俺はもう、あのデパートには行かない。

一人でエレベータには乗らない。

今度は無事に済む気がしない。

あの顔とあの声は、一生忘れられそうにない…。

関連記事

ビル(フリー画像)

やっぱり連れて行かれたんだな…

この話は私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。そのビルは警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いて…

電話

ダレモイナイヨ

ある年の夏の終わり頃の事でした。私が住宅街の中にポツンとあるカフェバーで働いていた時の話です。その店はあまりお客も来ず、私と友人達の恰好の溜り場となっていました。 …

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…

感謝の言葉

数年前に、東京の某グランドホテルで客室係のバイトをした時の話です。ある日の早朝4時くらいに、姿見(全身を映す鏡)を持ってきてくださいとの電話が入りました。こんな時間にな…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルの調査

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

そこを右

あるカップルが車で夜の山道を走っていた。しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手…

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。特に大きい物…

肝試し

高2の夏休み。霊の存在を否定していた友達が、出ると評判の廃屋に1晩1人で泊まることに。昼間、下見をしてあまりにも汚いので寝袋を用意。晩飯の後、廃屋の前で別れたのがそいつを見た最…