ベランダの女

①ベランダ物干し取付A1-F1000031

俺が小学4年生の時の実体験。

俺が初めて学校をサボった時の話です。親にばれると怒られるのは目に見えていたから、学校に行くふりをして家の近くで時間を潰した。

姉貴と両親が出かけたのを確認してから鍵を開けて家に入った。もちろん家には誰も居ない。リビングに行って最初にまずテレビをつけた。

実は、そのサボった日の次の日は遠足だったんだ。だから俺は天気が気になってた。だから天気予報のやってるチャンネルを真っ先に見た。

今日と明日は降水確率0%で、まず雨は降らないだろうという予報だった。明日の遠足は中止にならないなあと思いながら、俺はお菓子を食べながらくつろいでいた。

すると突然勝手にテレビが消えたんだ。何回もリモコンでつけたんだが10秒くらい経つと消えてしまう。

家に誰も居なかったし、ちょっと怖くなって俺はその場で寝た。

数時間経って物音がして目が覚めた。なんかうるさいなぁ…と思ってベランダの方を見たら雨が降ってて雷が光ってた。

あれ? さっき天気予報で雨は降らないって言ってたのにな…なんて思ってるとベランダの方で何かが動いてるような気がしたんだ。

雷だろうと思って、ベランダを見た。

そしたらカーテンの隙間から白いワンピースを着た茶髪で長髪の女がこっちを見ていたんだ。

たぶんその女を見てた時間は1秒…? いや、もっと短かったかもしれない。

幼いながらも、その短時間で自分の立場のヤバさを理解した。顔ははっきりと見えなかった。というか見なかった。俺はあまりの恐怖でその場にしゃがみこんでもう一度寝た。

それから30分位経ってから、また物音がして目が覚めた。ドアの方から、鍵を開ける音とドアが開く音がしたんだ。

母親か姉貴が帰ってきたんだと思って俺は安心した。だけど1分程経っても足音一つしないし、こっちに向かってくる気配がないんだよ。

「お母さん…? 帰ってきたん?」

ドアの方に向かって小さな声で話しかけた。

返事がない。

それと同時に、さっき見た女の事を思い出したら半端なく怖くなってた。怖いって思うと余計怖くなるからもう何も考えないようにしようって思ったんだ。

そんな事を考えてたらいろんな事が頭に過ってもっと怖くなった。

『寝ようかな…でもあんなに寝たのにまだ寝れるかな…』とか俺は俯きながら考えていた。

すると突然、背中の上に誰かが乗ってきたんだ。見てないけど、感覚で人だという事は分かったよ。

うまく説明できないけどさ、手で肩を持って足は正座した状態で背中の上に乗られているような感覚だった。

痛いぐらいの力で肩を握られてて、なかなか落ちなかった。俺は何の疑いもなく姉貴だと思った。

「おかえり~!なんで乗ってるねん~やめろや~!」

って笑いながら話しかけたんだ。

だけど何も話さない。

「姉貴…?」

やっぱり返事はない。

俺は姉貴じゃないと確信して振り払おうとした。その瞬間『なんで私だけなの』ってトーンの低い声が聞こえた…。

自然に涙が出て気を失いかけてた。そんな極限状態の時に、いきなり首を絞められた。そこからは気を失って記憶がない。もちろんだが気を失ったのはこの時が初めて。

目が覚めたら、リビングの横にある床の間で俺は寝ていた。リビングに目のやると母親が座ってた。

俺が「あれ…? 俺寝とった?」と話しかけると、「○○○(俺の名前)…大丈夫なの? 心配したわ」と母親は心配そうな顔でこっちを見た。

それで俺がどうなっていたのか説明を受けた。母親の説明によると、母親が帰ってきたら俺はベランダで倒れていたらしい。

救急車を呼ぼうとしたら「呼ばなくていい」と俺が言ったとの事だ。もちろんそんな事を言った覚えは全くなかった。

とりあえずこの事はもう考えないようにしようと思った。その夜、俺は普段通り風呂に入ろうとした。

それで服を脱いたらあったんだよな…手形が。肩にくっきりと握ったような赤い痕がついてた…。その痕は2日くらい消えなかった。

まあ、俺が体験したのはここまで。

ここからは後日談だけど、俺がこの体験をした2日後、俺は学校帰りで家の前を歩いていた。

すると警察や救急車がうちのマンションに集まっていた。何事かと思って事情を聞いた。俺の上の階の住民がベランダから落ちたらしい、と…。

警察は現場の状況から自殺と判断。俺が体験した事と関連があるかは判らないが、どうも他人事とは思えなかったな。

それから1年後に俺は親の事情で引っ越したが、その1年間は何も起きなかった。

校舎(フリー写真)

ツンバイさん

これは俺が小学5年生だった時の話だ。当時、俺の通っていた学校では『心霊写真』を撮影するのが流行っていた。俺のクラスの何人かも使い捨てカメラを持ち、放課後の校舎で幽霊が出…

ベンチに座る女

僕が中学生の頃の実体験。当時、僕はその辺りでは一番大きなマンションの7階に住んでいました。受験を控え、一応は深夜まで勉強する事が多かった僕は、2時頃から3時頃までの間に…

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

ゲームセンター(フリー写真)

早く閉まるゲーセン

もう3年以上前になるかしら。当時行き付けだったゲーセンは、何故だか知らないが必ず22時に閉店していた。元々寂れたゲーセンではなかったし、大学の近くだったのもあってか、…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

おかあさんといっしょの都市伝説 – 2 –

『おかあさんといっしょ』は50年以上続く子ども向けの教育番組だ。歴史が長いだけに、都市伝説も数多く存在する。今回はその一つをご紹介しよう。1993年より体操のお兄さんと…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

アパート(フリー写真)

引っ掻く音

大学時代にアパートで一人暮らしをすることになった。そのアパートは、太陽の光が当たる二階の部屋と、駐車場に近い一階の部屋が空いていて、俺は駐車場が近い一階の部屋に住むことにした。…

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。今は多少綺麗に並んで…

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。ふと一枚の写真が目についた…