訪ねて来た友人

公開日: ほんのり怖い話

toyooka_n_03

俺が幼少時に体験した話を一つ。

多分、俺が10歳くらいの時だと思う。

家族5人で飯を食っているときに電話がかかってきた。

最初母さんが出たんだけど、すぐに父さんに電話を代わった。

電話を変わると父さんは顔を険しくさせて、それから悲しそうな顔をした。

電話を終えた父さんは母さんに、

「Aが死んだ。自殺だって」

Aというのは父さんの同級生でそこそこ仲が良かったが、最近借金とアッチ系の人達の所為で首が回らなくなっていたらしく、その末の自殺らしい。

国道の歩道橋から車に向かって飛び降りたらしい。

ほぼ即死だったそうな。

明日は通夜に行かなければと言って、食事を中断したのを覚えてる。

次の日、通夜から戻って家族5人でテレビを視ていた。

ぼーっとしてたから正確な時間は分からないけど、当時は9時に寝かされてたから、それより前だったと思う。

突然ガラガラっと大きな音を立てて玄関が開いたんだ。

田舎のボロ家だったもんだから、玄関は横に引く引き戸。

大分ガタが来ていて開ける時によく引っかかる。それが勢いよく開いたんだ。

その音を聞いて父さんが玄関まで走っていった。

それから玄関先を見て、すぐにサンダルを突っかけて外に出て行った。3分くらいだろうか?

父さんは顔を強張らせて戻ってきた。それから「誰もいなかった」とだけ言った。

俺の家は玄関を出るとすぐに道路があって、向かいは畑。

家の駐車場側には自分の家の小さな畑があって、逆に人の家の畑があった。

畑二つ分くらい離れた所にボロい貸しアパートがある。一言でいうとものすごく見通しがいい。

誰かの悪戯かと思ったけれど、こうも見通しが良いと隠れる場所がまったくない。

しかも父さんはすぐに家から飛び出したわけだから、誰か逃げてたら足音や後ろ姿が見えたはず。

なのに誰もいなかった。

父さんも母さんもその時は何も言わなかった。

ただ俺たちは「今日は早く寝ろ」と言われて寝かしつけられた。

あれは死んだ父さんの友達が最後に挨拶に来たんじゃないかと思ってる。

または、通夜に行ったときに友達を肩に乗せてきちゃったのか。

どちらにせよ、当時子供だった俺はびびりまくりで全然寝れなかった。

それから夜中に時々、何かが廊下を行ったり来たりしてるような音がしばらく聞こえてた。

今は引っ越していて、今日その家を取り壊してきたから思い出ついでに一つ話してみた。

関連記事

イタズラ好きな何か

子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。見えなかったから何かの正体は最後までわからなかったけど、イタズラ好きなやつだった。例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、よく…

狐(フリー画像)

狐の加護を受ける家系

自分の家には、呪いと言うよりは加護みたいなものがあるらしい。その内容は、何故か取引相手や仕事仲間が事故に遭わなくなったり、病気が治ったり出世したり、良縁に恵まれたりするというも…

じいちゃんの話(長編)

これは俺が10年以上前に体験した話。当時、俺は田舎にある実家に住んでいた。実家は古くから立つ日本家屋ではあったが、辺り一面に田んぼがあるほどのド田舎という以外は、ごく普…

いつもの男性

オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。数年前に大学を卒業して某証券会社に就職しまして、福岡に赴任していた時の話です。会社の借り上げのマンションが市の中心部にあ…

人形の説教

一人暮らしの兄貴の部屋に、明らかに場違いな人形がぽつんと置いてある。「何これ?」と聞いたら、元カノに連れられて入った店で目が合ったから買ったらしい。色々突っ込みたかった…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…

夕日(フリー写真)

歳を取らない巫女様

昔住んでいた村に、十代の巫女さんが居た。若者の何人かはその人のお世話をしなければならず、俺もその一人だった。その巫女さんは死者の魂が見えたり、来世が見えたりするらしかっ…

家族

俺の職場の先輩の話。面倒見がいいし、仕事もすごいってほどじゃないけど正確で取引先からも指名で仕事が来たりする。ただ、ちょっと困ったとこは異様に家族のことを大切にしてること。 …

シロ

じいちゃんが亡くなって、じいちゃんの唯一の財産とも言える3つの山を5人の子供で分配するという話になった時のこと。兄弟のうち4人は「山の一つには昔飼っていたシロという犬のお墓があ…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …