幽霊と酒

公開日: ほんのり怖い話

朝日(フリー写真)

母の同僚のおじさんが釣りに行った時のこと。

朝早く車で出掛けて行き、朝日が昇るまで車の中で焼酎を飲んで暖まっていた。

いつもは待ち時間用の小屋みたいな所で過ごすのだけど、その日は何となく車に居たらしい。

すると向こうからバイクがスーッと寄って来て、車の脇に停まった。

そのバイクに乗っていた20代くらいの若者は、ヘルメットを取って車の中を覗き込んだ。

おじさんは何事かと疑問に思いつつも窓を開け、その若者と会話した。

その場所は凄く田舎で、夜になると車通りが殆ど無くなるので『こんな時間にどうしたのだろう』と思って話しかけたのだそうな。

おじさんは若者を車に招き入れ、焼酎を振る舞った。

酒を酌み交わしながら、おじさんが

「こんな夜中にどうしたの?」

と聞くと、若者は

「ちょっと事故って…」

と言った。

よく見ると若者の頭には血が付いていた。

おじさんは若者の頭にバンソウコを貼ってあげた。

若者が帰る時、おじさんは若者がバイクで来たということを思い出し、

「スマン、酔っぱらい運転だなぁ」

と言うと、若者は

「バイク壊れてるんで」

と言い、おじさんの目の前でバイクを押して帰って行った。

その時おじさんは酔っていたので、バイクを押して歩いているにしてはやけにスピードが速いというか、殆どバイクに乗っているようなスピードで帰って行ったことを、さほど気に留めなかった。

さて、朝日が昇り、釣り舟が到着した。

おじさんは船長にその若者の話をした。

すると船長は少し言い淀んだ後、

「その若者はアレだよ」

と言った。

何でも、釣り人の待ち時間に使われる小屋には、若い男の幽霊が現れるということで有名なんだそうな。

酒飲みのおじさんは、母に

「幽霊と酒飲んじゃったよー」

と嬉し気に語った。

おじさん曰く、

「酒を飲み合ったら誰でもトモダチ。あいつはユウレイにしては良い若者だった。

あいつの話は面白かったなぁ。また飲みたい」

私はおじさんほど肝が座っていないので、ほんのり怖くなりました。

関連記事

訪ねて来た友人

俺が幼少時に体験した話を一つ。多分、俺が10歳くらいの時だと思う。家族5人で飯を食っているときに電話がかかってきた。最初母さんが出たんだけど、すぐに父さんに電話…

綺麗に揃えられる靴

小学校の頃、近所にお化け屋敷と言われている家があった。まあ、実際は屋敷という程でもない少し大きめな日本家屋なんだが、小学生の言うことだしな。その日は両親共に帰宅が遅くな…

民宿の一室(フリー写真)

あの時の約束

長野県Y郡の旅館に泊まった時の話。スキー場に近い割に静かなその温泉地がすっかり気に入り、僕は一ヶ月以上もそこに泊まったんです。その時、宿の女将さんから聞いた話をします。…

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。それから半年ほど経った頃、夢を見ました。従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。でも本人はへらへら笑ってい…

最強の守護霊

僕の知り合いに御祓いの仕事をしている人がいる。知り合いというか、最寄り駅の近くの立ち飲みで出会ったおばさん。それが今から数えて7年前くらいかなと思う。引っ越して…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…