母が伝えたかったこと

公開日: 心霊ちょっと良い話

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が二月に亡くなったんだよね。

でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。

母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希望を出して海外に転勤しちゃったりして、本当に申し訳ないと思っている。

でもね、亡くなる前はさ、体調が悪い時期でも、俺が実家に帰る時はいつも元気なっていた。

元気に振る舞おうとかそういうのではなく、本当に体調が良くなっていた。

亡くなる直前にもさ、危ないかも知れないから急いで帰って来いと家族に言われて、実家に帰ったら嘘のように元気になっちゃって。

だから俺、大丈夫だと思って二日だけ居て戻ったんだ。

最後も笑って、握手して、頑張るよと言ってくれて…。

そしたら翌日の午前、実家から職場に電話が入った。

「もうだめかも…」

でもその日は忙しくてね、翌日の飛行機で帰ろうと思って、予約を入れようと電話したら満席だった(一日一便のみ)。

当日の二時間後の便なら取れることになって、時間ぎりぎり、無理矢理それに乗って帰ることが出来た。

もちろん機上では『俺が帰れば元気になる!』と思い続けていたよ。

でもダメだった。最後の時の母の目は一生忘れない…。

話せなくなっても、じっと俺たちを見つめていたあの瞳…。

海外に居て、母の死に目に会うことが出来たのは、母が待っていてくれたからだと思う。

いつものように元気になれなかった代わりに。

その後、大分落ち着いたよ。

でもさ、最初にも書いたように、俺の夢には出て来てくれないんだよね。

妹の夢には毎日のように出て来るのに…。

そんなある日、妹から電話があったんだ。

「すごいよ…」

ここのところ夢にまつわる不思議なことが続いている、と言うのだ。

ある夢では、ピアノのある部屋で母親と妹が二人居る場面で、母が無言でピアノを指差すんだって。

朝起きてピアノを見ると、埃がたっぷり溜まっていた。

「ちゃんと掃除しなさいってことなんだろね」

と二人で笑った。

また、月命日で妹が写真の前にご飯を供えて眠ったら、夢で母と妹とばあちゃん(既に他界)が台所でご飯を作っている場面になり、母が妹に

「箸取って」

と、ぼそっと言ったんだって。

起きてすぐご飯の前に箸を供えたらしい。

「よっぽど食べたかったんだろうな」

と二人で笑った。

最近見た夢は、母と俺と妹と三人で納戸の中を掃除している場面で、母が俺に

「白いタンスを拭いて」

と言ったんだけど、俺が

「イヤ」

と拒否したので、妹が

「○○、じゃあ、あんたが拭いて」

と言われ、白いタンスを拭いたという夢。

翌日、妹はどうしても納戸の白いタンスが気になったんだって。

納戸に入り、白いタンスを下から開けて中を調べてみたら、その中から父と俺と妹、そして俺の妻に宛てた遺書が出て来た。

「遺書があることを伝えたかったんだね」

と二人で泣いた。

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。 泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

教室と黒板(フリー写真)

最後の宿題

俺の友達は、昔風に言えばヤンキーだった。 高校もろくに行かず、友達と遊び回っていたそうだ。 先生達は皆サジを投げていたそうだが、友達の担任の教師だけはそうではなかった。 …

市松人形(フリー写真)

華ちゃん

高校生の時に婆ちゃんが亡くなり、形見で市松人形を頂いた。 かなり古いが可愛い顔で、良い品だと見て取れるような市松さん。 『華ちゃん』と名付け、髪飾りを作って付けてあげたり…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。 その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

赤ちゃんの手(フリー写真)

亡くなったはずの両親

私が12歳の時、両親が他界した。 私には三つ年下の弟が居たのだが、それぞれ別々の親戚に引き取られた。 一ヶ月も経たないうちに親戚の私に対する態度は冷たくなり、私は高校進学を…

手を握る(フリー写真)

義母と過ごした時間

思いつくままつらつら書いたので、長くなってしまいました。 苦痛な方はどうぞスルーしてください。苦労を支え合った義母との思い出です。 ※ 私が妊娠7ヶ月頃のこと。 大阪で…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

将棋盤(フリー写真)

角の頭に歩を打て

先週、親父と将棋を指した。 欲しい本代を賭けての勝負だけに、負けられない一戦だった。 俺は親父から将棋を教わった。 当然親父の方が強い。実力にはかなりの差がある。 …

雨(フリー写真)

涙雨

親父の葬式の時の話。 告別式の最中、心の中で親父に語りかけていた。 『親父、まだ上には行ってないだろ。側に居るなら蝋燭を揺らしてみてくれ』 すると壇上の蝋燭が激しく…

吹雪(フリー写真)

大型トラックの男性

親父から聞いた話です。 昔、親父が雪深い山の現場でバイトしていた時の事。 妻子を置いて季節労働に来ている男性が居て、皆から頼られるリーダーとして現場を仕切っていました。 …