母が伝えたかったこと

公開日: 心霊ちょっと良い話

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が二月に亡くなったんだよね。

でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。

母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希望を出して海外に転勤しちゃったりして、本当に申し訳ないと思っている。

でもね、亡くなる前はさ、体調が悪い時期でも、俺が実家に帰る時はいつも元気なっていた。

元気に振る舞おうとかそういうのではなく、本当に体調が良くなっていた。

亡くなる直前にもさ、危ないかも知れないから急いで帰って来いと家族に言われて、実家に帰ったら嘘のように元気になっちゃって。

だから俺、大丈夫だと思って二日だけ居て戻ったんだ。

最後も笑って、握手して、頑張るよと言ってくれて…。

そしたら翌日の午前、実家から職場に電話が入った。

「もうだめかも…」

でもその日は忙しくてね、翌日の飛行機で帰ろうと思って、予約を入れようと電話したら満席だった(一日一便のみ)。

当日の二時間後の便なら取れることになって、時間ぎりぎり、無理矢理それに乗って帰ることが出来た。

もちろん機上では『俺が帰れば元気になる!』と思い続けていたよ。

でもダメだった。最後の時の母の目は一生忘れない…。

話せなくなっても、じっと俺たちを見つめていたあの瞳…。

海外に居て、母の死に目に会うことが出来たのは、母が待っていてくれたからだと思う。

いつものように元気になれなかった代わりに。

その後、大分落ち着いたよ。

でもさ、最初にも書いたように、俺の夢には出て来てくれないんだよね。

妹の夢には毎日のように出て来るのに…。

そんなある日、妹から電話があったんだ。

「すごいよ…」

ここのところ夢にまつわる不思議なことが続いている、と言うのだ。

ある夢では、ピアノのある部屋で母親と妹が二人居る場面で、母が無言でピアノを指差すんだって。

朝起きてピアノを見ると、埃がたっぷり溜まっていた。

「ちゃんと掃除しなさいってことなんだろね」

と二人で笑った。

また、月命日で妹が写真の前にご飯を供えて眠ったら、夢で母と妹とばあちゃん(既に他界)が台所でご飯を作っている場面になり、母が妹に

「箸取って」

と、ぼそっと言ったんだって。

起きてすぐご飯の前に箸を供えたらしい。

「よっぽど食べたかったんだろうな」

と二人で笑った。

最近見た夢は、母と俺と妹と三人で納戸の中を掃除している場面で、母が俺に

「白いタンスを拭いて」

と言ったんだけど、俺が

「イヤ」

と拒否したので、妹が

「○○、じゃあ、あんたが拭いて」

と言われ、白いタンスを拭いたという夢。

翌日、妹はどうしても納戸の白いタンスが気になったんだって。

納戸に入り、白いタンスを下から開けて中を調べてみたら、その中から父と俺と妹、そして俺の妻に宛てた遺書が出て来た。

「遺書があることを伝えたかったんだね」

と二人で泣いた。

関連記事

空(フリー写真)

爺さんの教え

学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。 悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。 「人前で泣くな」 が爺さんの教えだったから。 ※ 数日後、母か…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。 母に言ったら、 「じいちゃん帰って来たんだね」 と言われた。 ※ それから10年。 10年も経ってから、 「実…

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔…

兄弟(フリー写真)

兄が進む道

私の兄は優秀な人間でしたが、引き篭もり癖がありました(引き篭もりという言葉が出来る前のことです)。 生真面目過ぎて世の中の不正が許せなかったり、自分が世界に理解してもらえないこと…

公園のブランコ(フリー写真)

友人を見守る人

これは俺が小学二年生の時の話です。怖くはないのですが、良ければ読んで下さい。 その日、自転車でブラブラしていた俺は、小さな公園があるのを発見した。 ブランコと滑り台、それと…

マンション(フリー写真)

幸運の家

今から14年前に家を建て替えようという話になり、一時的に引っ越すことになりました。 その時に借りた家で体験したお話です。 場所は愛知県の岡崎市で、2年程前に近くを寄った時に…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。 母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。 そういう人なので、あちこちに愛人…

恋人(フリー写真)

本当の霊視

とある心霊系のオフ会に参加した時の話です。 私は霊感がある(手品も上手い)Tさんの車に乗せてもらい、スポットを幾つか回りました。 不思議なのはその人の会話です。 話題…

夜の海(フリー素材)

ばあちゃんのまじない

部活の合宿で、他の学校の奴も相部屋で寝ていた時の事。 ある奴が急に魘され、布団の上でのた打ち回り始めた。起こそうとしても全然起きない。そのまま魘され続ける。 起きている奴等…

登山(フリー素材)

謎の救助隊

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。 彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしまし…