母が伝えたかったこと

公開日: 心霊ちょっと良い話

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が二月に亡くなったんだよね。

でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。

母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希望を出して海外に転勤しちゃったりして、本当に申し訳ないと思っている。

でもね、亡くなる前はさ、体調が悪い時期でも、俺が実家に帰る時はいつも元気なっていた。

元気に振る舞おうとかそういうのではなく、本当に体調が良くなっていた。

亡くなる直前にもさ、危ないかも知れないから急いで帰って来いと家族に言われて、実家に帰ったら嘘のように元気になっちゃって。

だから俺、大丈夫だと思って二日だけ居て戻ったんだ。

最後も笑って、握手して、頑張るよと言ってくれて…。

そしたら翌日の午前、実家から職場に電話が入った。

「もうだめかも…」

でもその日は忙しくてね、翌日の飛行機で帰ろうと思って、予約を入れようと電話したら満席だった(一日一便のみ)。

当日の二時間後の便なら取れることになって、時間ぎりぎり、無理矢理それに乗って帰ることが出来た。

もちろん機上では『俺が帰れば元気になる!』と思い続けていたよ。

でもダメだった。最後の時の母の目は一生忘れない…。

話せなくなっても、じっと俺たちを見つめていたあの瞳…。

海外に居て、母の死に目に会うことが出来たのは、母が待っていてくれたからだと思う。

いつものように元気になれなかった代わりに。

その後、大分落ち着いたよ。

でもさ、最初にも書いたように、俺の夢には出て来てくれないんだよね。

妹の夢には毎日のように出て来るのに…。

そんなある日、妹から電話があったんだ。

「すごいよ…」

ここのところ夢にまつわる不思議なことが続いている、と言うのだ。

ある夢では、ピアノのある部屋で母親と妹が二人居る場面で、母が無言でピアノを指差すんだって。

朝起きてピアノを見ると、埃がたっぷり溜まっていた。

「ちゃんと掃除しなさいってことなんだろね」

と二人で笑った。

また、月命日で妹が写真の前にご飯を供えて眠ったら、夢で母と妹とばあちゃん(既に他界)が台所でご飯を作っている場面になり、母が妹に

「箸取って」

と、ぼそっと言ったんだって。

起きてすぐご飯の前に箸を供えたらしい。

「よっぽど食べたかったんだろうな」

と二人で笑った。

最近見た夢は、母と俺と妹と三人で納戸の中を掃除している場面で、母が俺に

「白いタンスを拭いて」

と言ったんだけど、俺が

「イヤ」

と拒否したので、妹が

「○○、じゃあ、あんたが拭いて」

と言われ、白いタンスを拭いたという夢。

翌日、妹はどうしても納戸の白いタンスが気になったんだって。

納戸に入り、白いタンスを下から開けて中を調べてみたら、その中から父と俺と妹、そして俺の妻に宛てた遺書が出て来た。

「遺書があることを伝えたかったんだね」

と二人で泣いた。

関連記事

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。 家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。 鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

ろうそく(フリー写真)

評判の良い降霊師

実家は俺の父親が継いでいるが、実は本来の長男が居た。 俺の伯父に当たる訳だが、戦前に幼くして亡くなったのだ。 今で言うインフルエンザに罹ったと聞いたように記憶しているが、と…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。 母に言ったら、 「じいちゃん帰って来たんだね」 と言われた。 ※ それから10年。 10年も経ってから、 「実…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。 第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

おじいさん(フリー写真)

おんぶしてあげるよ

去年、祖父が亡くなりました。 僕は祖父にはよく可愛がってもらっていましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。 不思議な体験というのは、その祖父の葬儀の時に起こり…

手を繋ぐ(フリー写真)

おじいちゃんの短歌

高校の時、大好きなおじいちゃんが亡くなった。 幼い頃からずっと可愛がってくれて、いつも一緒に居てくれたおじいちゃんだった。 足を悪くし、中学の頃に入院してから数ヶ月、一度も…

母の手(フリー写真)

お袋の笑み

誰が言ったか忘れたが、男が涙を見せて良いのは、財布を落とした時と母親が死んだ時だけだそうだ。 そんな訳で、人前では殆ど泣いたことの無い俺が生涯で一番泣いたのは、お袋が死んだ時だっ…

二人だけの水族館

俺はじいちゃんが大好きだった。 初孫だったこともあって、じいちゃんも凄く俺を大事にしてくれた。 俺はあまりおねだりが得意な方じゃなかったけど、色々な物を買ってくれた。 …

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。 当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。 皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。 結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。 目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。 …