母が伝えたかったこと

公開日: 心霊ちょっと良い話

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が二月に亡くなったんだよね。

でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。

母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希望を出して海外に転勤しちゃったりして、本当に申し訳ないと思っている。

でもね、亡くなる前はさ、体調が悪い時期でも、俺が実家に帰る時はいつも元気なっていた。

元気に振る舞おうとかそういうのではなく、本当に体調が良くなっていた。

亡くなる直前にもさ、危ないかも知れないから急いで帰って来いと家族に言われて、実家に帰ったら嘘のように元気になっちゃって。

だから俺、大丈夫だと思って二日だけ居て戻ったんだ。

最後も笑って、握手して、頑張るよと言ってくれて…。

そしたら翌日の午前、実家から職場に電話が入った。

「もうだめかも…」

でもその日は忙しくてね、翌日の飛行機で帰ろうと思って、予約を入れようと電話したら満席だった(一日一便のみ)。

当日の二時間後の便なら取れることになって、時間ぎりぎり、無理矢理それに乗って帰ることが出来た。

もちろん機上では『俺が帰れば元気になる!』と思い続けていたよ。

でもダメだった。最後の時の母の目は一生忘れない…。

話せなくなっても、じっと俺たちを見つめていたあの瞳…。

海外に居て、母の死に目に会うことが出来たのは、母が待っていてくれたからだと思う。

いつものように元気になれなかった代わりに。

その後、大分落ち着いたよ。

でもさ、最初にも書いたように、俺の夢には出て来てくれないんだよね。

妹の夢には毎日のように出て来るのに…。

そんなある日、妹から電話があったんだ。

「すごいよ…」

ここのところ夢にまつわる不思議なことが続いている、と言うのだ。

ある夢では、ピアノのある部屋で母親と妹が二人居る場面で、母が無言でピアノを指差すんだって。

朝起きてピアノを見ると、埃がたっぷり溜まっていた。

「ちゃんと掃除しなさいってことなんだろね」

と二人で笑った。

また、月命日で妹が写真の前にご飯を供えて眠ったら、夢で母と妹とばあちゃん(既に他界)が台所でご飯を作っている場面になり、母が妹に

「箸取って」

と、ぼそっと言ったんだって。

起きてすぐご飯の前に箸を供えたらしい。

「よっぽど食べたかったんだろうな」

と二人で笑った。

最近見た夢は、母と俺と妹と三人で納戸の中を掃除している場面で、母が俺に

「白いタンスを拭いて」

と言ったんだけど、俺が

「イヤ」

と拒否したので、妹が

「○○、じゃあ、あんたが拭いて」

と言われ、白いタンスを拭いたという夢。

翌日、妹はどうしても納戸の白いタンスが気になったんだって。

納戸に入り、白いタンスを下から開けて中を調べてみたら、その中から父と俺と妹、そして俺の妻に宛てた遺書が出て来た。

「遺書があることを伝えたかったんだね」

と二人で泣いた。

関連記事

結婚式のブーケ(フリー写真)

夢枕

私が幼い頃、母と兄と私の三人で仲良く暮らしていました。しかし兄が14歳になる頃、母が事故死してからは親戚をたらい回しにされ、私はまだ4歳でその時の記憶は殆ど無いのですが、兄はか…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

着物を着た女性(フリー写真)

止まった腕時計

友達のお父さんが自分にしてくれた話。彼には物心ついた頃から母親が居なかった。母親は死んでしまったと、彼の父親に聞かされていた。そして彼が7才の時、父親が新しい母…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。母に言ったら、「じいちゃん帰って来たんだね」と言われた。 ※ それから10年。10年も経ってから、「実…

横断歩道(フリー写真)

守護

週末、飲み会で泥酔して帰った時の事。家の前には深夜でも交通量が多く、事故の多い国道があるのだけど…。普段は危ないから絶対に斜め横断なんてしないのに、酔った勢いでつい魔…

犬(フリー写真)

愛犬の不思議な話

小学生の頃、ムギという名前の茶色い雑種犬を飼っていた。家の前をウロウロしていたのを父が拾ったのだ。その時は既に成犬だった。鼻の周りが薄っすらと白い毛に覆われていたので、…

携帯電話を持つ女性(フリー写真)

家族からの電話

これはある一人暮らしの女の子が、うつ病になった時に体験した不思議な話です。その女の子は人間関係が原因で仕事を辞め、殆ど引き篭もり状態になり、毎日死にたいと思うようになっていたそ…

登山(フリー素材)

謎の救助隊

登山サークルに所属していた3人の男性が、冬休みを利用してある山に登ることを決めました。彼らのレベルではまだ早いと言われましたが、若さにかまけて無理やり登山を決行することにしまし…

夫婦の手(フリー写真)

あの世とこの世

若くして亡くなった夫は、美術的な才能のある人でした。でも息子は小学生の頃から図画の授業は全然ダメ。その点は父親に似なかったんですね。顔も似ていません。性格はよ…

メンコ(フリー写真)

思い出のメンコ

俺の親父から聞いた話。親父が小さい頃の遊びと言ったらメンコが大ブームで、親父も色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか。ある時、同じ町内のA君に…