T先輩

公開日: ほんのり怖い話

8ミリ映画

高校時代、先輩と8ミリ映画をよく作っていた。

僕以外はみんな一つ先輩の仲間だったが、映画の事以外でもよく一緒に遊んでいた。

みんなで撮影したフィルムが現像から上がって来て、T先輩の家でアフレコをすることになった。

T先輩の部屋は二部屋ぶち抜きになっていて広く、フィルムを映写しやすいのと、人が沢山入れるからだ。

しかしその先輩の家は幽霊が出るというのが常々、話の種になっていた。

噂ではなく、いつも住んでいる本人からも聞かされていたのである。

「階段の上をふっと見るとさ、人が通るんだよ。廊下なんてないのにさ」

「この部屋泊まるだろ? ザコ寝してるとさ、誰かが邪魔なんだよ。

『まったくよ~』と思って起きると、近くに寝てるやつなんて居ないの」

そんな話ばかりなのである。

そして、その部屋に映写機などの機材をセッティングし全てが整い、さあ始めようという時の事。

映写機が動かない。うんともすんとも言わない。

「おっかしいなあ、持って来る前は大丈夫だったのに…」

どうにかしようと色々試したが、一向に動く気配がない。原因不明である。

後で診てもらうことにし、その日の作業は中止になってしまった。

それから持ち主の先輩が家に持ち帰ると、何事もなかったかのように動いたのだった。

「やっぱり…。幽霊に邪魔されたんじゃないか?」

そう言って片付けるしかなかった。

そのT先輩がとうとう引っ越す事になった。

「何で? やっぱり幽霊が嫌で?」

「そう!もうだめだっていう事があった。

俺の部屋はね、人が入って来るの。三人。女の人。

寝てるとさ、一人ずつ部屋に入って来て、俺の耳元で何かボソボソ言ってから、炬燵の方に行って座る。

三人がみんなボソボソ何か言うんだよ。そしてみんな炬燵の所に座るの。

いっつもだからさあ、半分慣れたって言うか、そんな感じだったんだけど…。

ある時、何言ってるかはっきり聞こえたんだ。

『Tさん…どこか連れてって…』ってよう、そう言ったんだよ。もうダメさあ!」

その後、T先輩の家はどうなったかは知らないが、自分の名前を言われるとそりゃ怖い…。

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

襖(フリー写真)

触れてはいけないもの

田舎に泊まった時の話。 私の田舎は米農家で、まあ、田舎独特のと言えば宜しいでしょうか。 とても大きな家で、従兄弟が集まる時は一家族に一部屋割り当てていました。 私が…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。 昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。 そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。 地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

アパート(フリー写真)

好条件物件

まだ自分が大学在学中、あれやこれやがあって、気分を変えるため引越しをすることにした。 大学のそばにある不動産屋で、大学と係わりの強いおばちゃんに条件を提示しつつ、お勧めの物件につ…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。 親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。 湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。 田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

海の朝日

バイクの若者

母の同僚のおじさんが釣りに行った時のこと。 朝早く車で出掛けて行き、朝日が昇るまで車の中で焼酎を飲んで暖まっていた。 いつもは待機用の小屋のような所で過ごすのだけど、その…

夜のキャンプ

バックミラーの男

私の妹が体験した話を書かせていただきます。 以前、海へキャンプへ行った時のことです。 そこは自然のビーチで、近くには御手洗い等がなく、御手洗いに行きたい時は、少し離れた港…

機関車(フリー写真)

電車の幽霊

埼玉の三郷に操車場跡という所があります。地図にも載っています。 心霊スポットとしては途中のお化けトンネル(化けトン)が有名ですが、体験したのはその近くの建物です。 操車場は…