遊びに来る友達

公開日: ほんのり怖い話

天井(フリー写真)

私が中学生の頃に住んでいた家での話。

私には四つ年上の兄が居る。兄には当時付き合っていた同い年の彼女が居て、家にもよく来ていた。

その彼女が来る予定の日、確か土曜日だったと思う。

兄は学校をサボり家に居て、兄の中学時代の友達Aから、

「これから遊ばないか。他にも数人来る」

と電話を受けた。

高校に進学しなかった友達が免許を取ったからドライブに行こうという誘いだったらしい。

誘われた兄は母に事情を説明し、行って来ると言ったのだけど、その日に限って普段放任主義の母が

「彼女が来るんでしょ? やめときなさい」

と強めに止めた。

その日の夜中、ドライブに出掛けた5人のうち2人が事故で病院に運ばれ、そのまま亡くなった。

あの時、母が止めていなかったら、事故に遭った車に乗っていたのは兄だった。

その事を暫く兄は後悔していたようだったけど、私としては不謹慎だが行かないでくれて良かったと思う。

母にその時のことを聞いてみると、何故か行かせてはならないと思ったそうだ。

親子と言うか、母親って不思議だなと思った。

そして自分的にほんのり怖いのはここから。

当時住んでいた家は相当なボロ家だったのだけど、家鳴が頻繁に聞こえるようになった。

これだけなら気のせいだと思うし、古い家だったから気温差で鳴ることもあると思う。

でも他にもラップ音と言われる部類の、何かが破裂するような音や、二階には誰も居ないはずなのに歩き回る音が聞こえたりした。

家に一人で居るのが本当に怖かったよ。

ただ、これを治める方法が一つだけあって、亡くなった兄の友達の名前を呼び、

「もう寝るから静かにしてね」

と言うと不思議と音が止んだ。

母は「遊びに来てるんだね」「よく家にも来てたからね」と全然怖がっていなかったけど、中学生の私には本当に怖かった。

アパート(フリー写真)

好条件物件

まだ自分が大学在学中、あれやこれやがあって、気分を変えるため引越しをすることにした。 大学のそばにある不動産屋で、大学と係わりの強いおばちゃんに条件を提示しつつ、お勧めの物件につ…

迷いインコの怖いつぶやき

これはテレビ番組の『探偵!ナイトスクープ』で実際にあった話である。 依頼の内容は、迷いインコを保護したのでその飼い主を捜して欲しいというもの。 インコは「ピーコ」や「な○た…

晴明神社(フリー素材)

晴明神社

京都にある晴明神社に行った時の事。 安部の晴明は今でこそ有名で、観光客も沢山居るらしいが、十年近く前のその頃は一般的にはあまり知られておらず、神社も全然人気が無かった。 私…

家(フリー写真)

バイバイ

4月の統一地方選挙で、某候補者のウグイス嬢をしました。 その時、私はマイク担当ではなく、手振りに専念していました。 手振りは、候補者を支持してくださる方が振っている手を漏ら…

教室(フリー素材)

M君の記憶

中学二年の終わりに引っ越す事になった。 引っ越しの前日、家の前を同級生のM君がブツブツ独り言を言いながら歩いているのを見つけた。 M君とは幼稚園から中学二年まで同じ学校で、…

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。 連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。 息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…

でちゃいかん!

小学校の低学年の時、風邪ひいて学校を休んでいた時のこと。 インターホンが鳴ったので出ると「警察の者です。お父さんが交通事故にあって助からないかもしれない。すぐに病院に来て欲しいので、出て…

目(フリー素材)

犯罪者識別能力

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。 そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。 性格は温厚で意外…

優しい抽象模様(フリー素材)

ともだち

最近、何故か思い出した。子供の頃の妙な「ともだち」。 当時の自分は両親共働きで鍵っ子だった。とは言っても託児所のような所で遊んで帰るので、家に一人で居るのは一時間程度。 そ…

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。 季節外れの台風により大きな被害が出た。 古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。 その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…