遊びに来る友達

公開日: ほんのり怖い話

天井(フリー写真)

私が中学生の頃に住んでいた家での話。

私には四つ年上の兄が居る。兄には当時付き合っていた同い年の彼女が居て、家にもよく来ていた。

その彼女が来る予定の日、確か土曜日だったと思う。

兄は学校をサボり家に居て、兄の中学時代の友達Aから、

「これから遊ばないか。他にも数人来る」

と電話を受けた。

高校に進学しなかった友達が免許を取ったからドライブに行こうという誘いだったらしい。

誘われた兄は母に事情を説明し、行って来ると言ったのだけど、その日に限って普段放任主義の母が

「彼女が来るんでしょ? やめときなさい」

と強めに止めた。

その日の夜中、ドライブに出掛けた5人のうち2人が事故で病院に運ばれ、そのまま亡くなった。

あの時、母が止めていなかったら、事故に遭った車に乗っていたのは兄だった。

その事を暫く兄は後悔していたようだったけど、私としては不謹慎だが行かないでくれて良かったと思う。

母にその時のことを聞いてみると、何故か行かせてはならないと思ったそうだ。

親子と言うか、母親って不思議だなと思った。

そして自分的にほんのり怖いのはここから。

当時住んでいた家は相当なボロ家だったのだけど、家鳴が頻繁に聞こえるようになった。

これだけなら気のせいだと思うし、古い家だったから気温差で鳴ることもあると思う。

でも他にもラップ音と言われる部類の、何かが破裂するような音や、二階には誰も居ないはずなのに歩き回る音が聞こえたりした。

家に一人で居るのが本当に怖かったよ。

ただ、これを治める方法が一つだけあって、亡くなった兄の友達の名前を呼び、

「もう寝るから静かにしてね」

と言うと不思議と音が止んだ。

母は「遊びに来てるんだね」「よく家にも来てたからね」と全然怖がっていなかったけど、中学生の私には本当に怖かった。

でちゃいかん!

小学校の低学年の時、風邪ひいて学校を休んでいた時のこと。 インターホンが鳴ったので出ると「警察の者です。お父さんが交通事故にあって助からないかもしれない。すぐに病院に来て欲しいので、出て…

モデルカー(フリー写真)

形見分け

俺はとある物のコレクターなのだが、コレクター友達であるAがある時突然、余命宣告を受けるような大病に罹ってしまった。 もう手の施しようがないレベルで、元気に動いているのが不思議な状…

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。 最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。 親父は意識が朦朧としていたが、…

変わった妹

高校生の頃、いつも喧嘩してた妹がいた。喧嘩といって他愛もない口喧嘩で、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引く。 ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような、軽い喧嘩だっ…

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。 小学生にな…

千羽鶴(フリー写真)

お見舞い

俺は中学と高校の時、寮に入っていた。その時の出来事。 その寮では夜に自習時間というのがあり、自習は自習棟という、宿泊棟とは別の建物で行われていた。 ある日、Tという後輩が自…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になってかくれんぼをして…

口(フリー素材)

両親の不可解な行動

自分の錯覚と言われてしまえばそれまでなのだけれど…。 当方大学一年。両親と一緒に暮らしている。最近引っ越すまで 2LDKのアパートに住んでいた。 「私の部屋」「キッチンを挟…

山道(フリー写真)

地図に無い土地

仕事場へ行くのに便利な山道があり、そこをバイクで通っていた時の話。 山道の途中に小さな集落があって、暫く行くとこんもりとした丘上になっている山があった。 何気に山道からそ…

学校(フリー写真)

霊感教師と霊感生徒

俺の母は小学校の教師をしている。 霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。 ※ 10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った…