遊びに来る友達

公開日: ほんのり怖い話

天井(フリー写真)

私が中学生の頃に住んでいた家での話。

私には四つ年上の兄が居る。兄には当時付き合っていた同い年の彼女が居て、家にもよく来ていた。

その彼女が来る予定の日、確か土曜日だったと思う。

兄は学校をサボり家に居て、兄の中学時代の友達Aから、

「これから遊ばないか。他にも数人来る」

と電話を受けた。

高校に進学しなかった友達が免許を取ったからドライブに行こうという誘いだったらしい。

誘われた兄は母に事情を説明し、行って来ると言ったのだけど、その日に限って普段放任主義の母が

「彼女が来るんでしょ? やめときなさい」

と強めに止めた。

その日の夜中、ドライブに出掛けた5人のうち2人が事故で病院に運ばれ、そのまま亡くなった。

あの時、母が止めていなかったら、事故に遭った車に乗っていたのは兄だった。

その事を暫く兄は後悔していたようだったけど、私としては不謹慎だが行かないでくれて良かったと思う。

母にその時のことを聞いてみると、何故か行かせてはならないと思ったそうだ。

親子と言うか、母親って不思議だなと思った。

そして自分的にほんのり怖いのはここから。

当時住んでいた家は相当なボロ家だったのだけど、家鳴が頻繁に聞こえるようになった。

これだけなら気のせいだと思うし、古い家だったから気温差で鳴ることもあると思う。

でも他にもラップ音と言われる部類の、何かが破裂するような音や、二階には誰も居ないはずなのに歩き回る音が聞こえたりした。

家に一人で居るのが本当に怖かったよ。

ただ、これを治める方法が一つだけあって、亡くなった兄の友達の名前を呼び、

「もう寝るから静かにしてね」

と言うと不思議と音が止んだ。

母は「遊びに来てるんだね」「よく家にも来てたからね」と全然怖がっていなかったけど、中学生の私には本当に怖かった。

関連記事

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。コンサル部の部長は時々ワープするらしい。打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。学…

秘密

小学四年生の時の話。当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。既に高…

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。季節外れの台風により大きな被害が出た。古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…

ガラス窓(フリー写真)

ガラスに映る人

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。当時中学生だった…

目(フリー素材)

犯罪者識別能力

高校の時の友達に柔道部の奴がいて、よく繁華街で喧嘩して警察のお世話になっていた。そいつは身長185センチで体重が100キロという典型的な大男。名前はA。性格は温厚で意外…

樹木(フリー写真)

根付

これは私が小学3年生の時に体験した話です。当時の私の家族構成は、母方の祖父母、父母、姉、でした。祖父の生家を建て直す事になり、壊す前に家族全員でご挨拶に伺いに行きました…

恐怖のスイカ蹴り

俺の爺ちゃんの終戦直後の体験談。終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

神社のお姉さん

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会っ…