遊びに来る友達

公開日: ほんのり怖い話

天井(フリー写真)

私が中学生の頃に住んでいた家での話。

私には四つ年上の兄が居る。兄には当時付き合っていた同い年の彼女が居て、家にもよく来ていた。

その彼女が来る予定の日、確か土曜日だったと思う。

兄は学校をサボり家に居て、兄の中学時代の友達Aから、

「これから遊ばないか。他にも数人来る」

と電話を受けた。

高校に進学しなかった友達が免許を取ったからドライブに行こうという誘いだったらしい。

誘われた兄は母に事情を説明し、行って来ると言ったのだけど、その日に限って普段放任主義の母が

「彼女が来るんでしょ? やめときなさい」

と強めに止めた。

その日の夜中、ドライブに出掛けた5人のうち2人が事故で病院に運ばれ、そのまま亡くなった。

あの時、母が止めていなかったら、事故に遭った車に乗っていたのは兄だった。

その事を暫く兄は後悔していたようだったけど、私としては不謹慎だが行かないでくれて良かったと思う。

母にその時のことを聞いてみると、何故か行かせてはならないと思ったそうだ。

親子と言うか、母親って不思議だなと思った。

そして自分的にほんのり怖いのはここから。

当時住んでいた家は相当なボロ家だったのだけど、家鳴が頻繁に聞こえるようになった。

これだけなら気のせいだと思うし、古い家だったから気温差で鳴ることもあると思う。

でも他にもラップ音と言われる部類の、何かが破裂するような音や、二階には誰も居ないはずなのに歩き回る音が聞こえたりした。

家に一人で居るのが本当に怖かったよ。

ただ、これを治める方法が一つだけあって、亡くなった兄の友達の名前を呼び、

「もう寝るから静かにしてね」

と言うと不思議と音が止んだ。

母は「遊びに来てるんだね」「よく家にも来てたからね」と全然怖がっていなかったけど、中学生の私には本当に怖かった。

関連記事

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

雨(フリー素材)

天候を操る力

小学生の頃だったか。梅雨の時期のある日、親友の友人という微妙な関係の子の家に遊びに行った。その親友と一緒に。そこで三人でゲームなどをして遊んでいたら、あっという間に帰る…

迷いインコの怖いつぶやき

これはテレビ番組の『探偵!ナイトスクープ』で実際にあった話である。依頼の内容は、迷いインコを保護したのでその飼い主を捜して欲しいというもの。インコは「ピーコ」や「な○た…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

付喪神

私の家は昔、質屋だった。と言っても爺ちゃんが17歳の頃までだから、私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞くことができた。 ※ その日の喜一(爺ちゃん)は店番をしてい…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

枝に積もる雪(フリー写真)

おじいさんの足音

母から聞いた話です。結婚前に勤めていた会計事務所で、母は窓に面した机で仕事をしていました。目の前を毎朝、ご近所のおじいさんが通り、お互い挨拶を交わしていました。…

秘密

小学四年生の時の話。当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。既に高…

ある蕎麦屋の話

JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。地元の駅に蕎麦屋が一軒あった。いわゆる駅そば。チェーン店ではなく、駅の外のあるお蕎麦屋さんが契約していた店舗で、『旨い、安い、でも種…

スマホを持つ女性(フリー素材)

ユキからのメール

今年の春からの出来事です。いきなり私の携帯に知らないアドレスからメールが届きました。『ユキだよ。○○ちゃん、今日のシャツちょぉぉぉカワイイ(>∀<)』そんなメー…