根付

公開日: ほんのり怖い話 | 長編

樹木(フリー写真)

これは私が小学3年生の時に体験した話です。

当時の私の家族構成は、母方の祖父母、父母、姉、でした。

祖父の生家を建て直す事になり、壊す前に家族全員でご挨拶に伺いに行きました。

山だらけの県ですので、祖父の生家もまた山の中にありました。

普段は田舎とは言え県庁所在地付近の平地に住んでいる私は、坂道だらけのレトロな雰囲気が物珍しく、周囲を探検することにしました。

親戚のお家のすぐ上に古い小さな神社があり、小さなブランコと鉄棒、砂場らしきものがありました。

一通り周囲を歩き、姉と父母はのすぐ向いにある小学校の校庭で、遊んだり日向ぼっこをしていました。

私は神社の雰囲気を気に入っていたので、

「もう一度見に行って来る」

と家族に告げ、神社へと向いました。

神社には大きな樹があり、枝ぶりも大きく葉の擦れ合う音が心地良い。

私はブランコに腰を掛け樹を見上げていたのですが、ふと人の気配を感じて視線を落としました。

そこには着物を着た男の人が立っていました。

綺麗なかっちりとした着物ではなく、着流しと言うのでしょうか。普段着といった雰囲気の着物。足には下駄。

年齢は多分20代後半から30代前半という印象。

左腕の肘の少し下辺りに、大きな切り傷のような痕がありました。

『近所の人かな? 今時着物なんて変わった人だなぁ』と思いつつ、

「こんにちは」

と頭を軽く下げながら挨拶をしました。

すると表情のあまりなかった男の人が、嬉しそうに目尻に笑みを浮かべて、

「こんにちは、お嬢」

と挨拶を返してくれました。

『お嬢? この辺では女の子のことをそう呼ぶのかな? 益々変わった人だ』と思いながら、何となく気まずかったので、視線を樹の枝へと戻しました。

ですが、その男の人は立ち去る気配を見せず、恐る恐るそちらへと視線を向けました。

男の人は少し寂しそうな顔をして私を見ていました。

居心地が悪くなり、私の方が立ち去った方が良さそうだと判断し、立ち上がりました。

すると、

「お嬢は楽しく暮らしてますか、今幸せですか」

寂しそうな顔のまま男の人が話しかけてきました。

『わぁ!もしかして宗教の人だったりするのかな。まずいなぁ』と思ったのですが、男の人の表情に無視するのも憚られ、

「学校も家族も楽しくて、幸せです」

と、『だから宗教は要らないですよ!』的な意図を込めて返事をしました。

本当に不幸だと感じたことはなかったですし。

すると男の人は、また嬉しそうな顔をして言ったのです。

「そうですか、そりゃあ良かった。やっぱりオヤジさんは間違ってなかったんですね」

『!??』

「本当に良かった」

さっぱり意味の解らない私は、答えた後に素早く立ち去る算段だったことも忘れ、益々笑みを浮かべる男の人を見つめて固まってしまいました。

男の人が少し変わった近所の人なのか、危ない宗教の人なのか判断は出来ませんでした。

でも不思議と悪意がないということは伝わり、『悲しそうな笑顔じゃなくなって良かったな』と、素直に感じていました。

それで立ち去ろうと、

「あの、それじゃあ失礼します」

と声を掛けかけたところで、ふと樹の枝が大きくざわつき急に寒くなりました。

先程まで暖かかったのに、歯がガチガチ言うほどゾクゾクと体が震えました。

寒くなってきた方向に目を向けると、神社の入り口に何か黒い者がいました。

黒いモヤの様な、でも人型に近い黒い何かでした。

目にした途端、激しい眩暈と吐き気に襲われ、

「うぅ…はっ…!」

と思わず声が漏れる程の息苦しさ。

「ズチャ…ズルズジュ…ズチャ…」

気味の悪い濡れたような音を立てながら近付いて来ます。

近くなって来ると、黒い中に皮膚が溶けた後に焦げたような肌らしき輪郭や、恐らく長い髪であろうことが分かるようになりました。

立て続けに起きたよく解らない状況と、初めてのとんでもない恐怖にパニックを起こしかけたその時、すっと私の視界は黒い者から遮られました。

男の人が私を背に庇うようにして間に入ったのです。

「大丈夫ですよ、お嬢は絶対俺が守りますからね」

振り返らずに男の人がそう言いました。

声が出せなかったので、頼もしい背中と言葉に泣きそうになりながら、ただ何度も頷いて返事をしました。

しかし息苦しさで過呼吸を起こしたのか、その後は『息をするのが苦しい!!』と思ったところまでしか覚えていません。

頭を撫でられる感触に私は目を開けました。

そこはあの神社。暖かい日差しと大きな樹。

私はブランコに座っており、傍らにはあの男の人が私の頭を撫でながら立っていました。

あの黒い者のことを思い出し、「バッ!」と神社の入り口を見たのですが、そこに黒い者の気配はありませんでした。

ほっと息を吐いたのと同時に、男の人が私のことを庇ってくれていたことを思い出しました。

「怪我しませんでしたか!? 大丈夫ですか!? あの変なのはっ…!?」

慌てて男の人に聞くと、

「もういませんよ。このくらい大丈夫、お嬢に怪我はさせられませんからね」

と優しく微笑んでくれました。

でもよく見ると、左腕にあった傷の痕近くから少し血が出ているし、あちこち服も汚れています。

私は半泣きで、

「ごめんなさい、ごめんなさい、怪我させちゃってごめんなさい!…」

と、先程の恐怖を思い出し謝り続けました。

あんなに気持ち悪く得体の知れない者と、私を庇いながら対峙してくれたのです。

大変じゃなかった訳がないのに、ただ怖がってパニックを起こしていた自分が情けなくて申し訳なくて涙が出てきました。

黒い者から逃れられた安堵も手伝って涙は止まりません。

「あの…親戚の家が近くなんです。怪我を消毒するので一緒に来てください」

やっとの思いでそう言うと、くしゃくしゃと今まで以上に嬉しそうな顔で

「やっぱり間違ってなかったんだなぁ!」

そう言いながら、私の頭を先程より大きくかき混ぜながら撫でます。

「お嬢は優しく育ったんですね」

そう言って私の頭から手を放しました。

その手を私の目の前に持って来て、何かを差し出します。

「これをどうぞ。持って行って下さいお嬢」

紫と緑と黒の太い組紐の先に、直径4センチくらいの木製の黒く丸い物が付いていました。

そこには祖父の家の家紋が彫ってありました。

後で聞いたのですが、これは『根付』という、昔はお財布などに付けていたものだそうです。

受け取るか迷っていると、手を取られ掌に乗せられました。

「ありがとう」

男の人の声が聞こえ、お礼を言うのは私の方なのに、と顔を上げた先にはもう男の人は居ませんでした。

それどころか、顔を上げる瞬間まで暖かな日差しが出ていたはずなのに、辺りは茜空になっていました。

手に持っていた筈の根付もありません。

再びの奇怪な状況に、またあの黒い者が来るのではないかと、慌てて神社を駆け抜け親戚宅に戻りました。

親戚宅に戻ると、祖父と父親からこっ酷く怒られました。

戻って来ない私を心配し、家族や親戚が車まで出して探していてくれたそうです。

家族に神社へ行くことは告げていたし、神社にずっと居たのですから、こんな騒ぎになってるとは思わず驚きました。

ずっと神社に居たことを言ったのですが、神社には初めに探した後も何度か探したのだそうです。

しかし、その狭い敷地内に私は見当たらなかったとのこと。

何処に行っていたのか正直に言うようにと詰め寄られたのですが、本当にずっとブランコの側に居たし、嘘は言ってないので他に答えようがなく…。

あの変な話をしたところで信じてもらえるかも分からないので、男の人に会ったことだけを話しました。

みんなの中では、『知らない人に話しかけられて付いて行った』という解釈をしたようで、更に怒られゲンコツも頂きました。

信じてもらえず、ひたすら怒られ、先程の出来事は自分の生々しい妄想か白昼夢かと、自分の頭が真剣に心配になってきた頃。

親戚の人が宥めてくれて、ようやく帰宅することになりました。

散々怒られ凹んでいた私に親戚の人がお菓子をくれ、それを鞄に仕舞おうとして気が付きました。

あの根付が鞄に入っているのです。

慌ててそれを手に取り、家族や親戚に私の鞄に入れたかを聞いたのですが、誰も入れていない。

ですが根付を見た親戚のおじさんが、

「ちょっと待ってて」

と言い、違う部屋へと消えて行きました。

その間におばさんが説明してくれました。

「その根付、普段は神棚に置いてあるのよ。おかしいわね、いつ○○(私)ちゃんの鞄に入ったのかしら」

「あの、私神棚をいじったりしてないです」

散々怒られた後なので、怒られる前に自己申告しました。

「○○ちゃんじゃ無理よ。高い所だから椅子を使っても届かないわよ」

と朗らかに肯定してくれたので、安心しました。

そこへおじさんが戻って来ました。

「それ、家のじゃないなぁ。家のは神棚にあったよ」

と、持って来た根付を見せてくれます。

確かに同じデザインの物でした。私の鞄に入っていた物より古めかしいという違いはありましたが。

男の人に貰ったものかもしれない、とは確信もないので言い出せずにいると、

「縁起物みたいな物だから、折角だから持って行きな。いいよね、おじさん(祖父を指します)」

と、鞄に入っていた根付は私が貰うことになりました。

暫らくしてほとぼりが冷めた頃に、根付のことについて祖父に聞きました。

以下は祖父から聞いた話です。

祖父の祖父の代まで、祖父の家系はいわゆる任侠一家の親分さんだったそうです。

しかし、祖父の祖父が財産を山二つ分食い潰し、それを見て育った祖父の父は一家を辞め商店を経営することに。

その時に『家業が変わっても絆は変わらない』というような意味合いで作られ、一家の者に配られた物だそうです。

祖父の父の遺言により、14人も居る祖父の兄弟は誰一人そう言った道に関わっている人が居なかったため、全く気が付きませんでした。

父もこの日に初めて知ったそうです。

ここからは私の予想でしかないのですが、あの男の人は、祖父の父の代で生きていた人ではないかと。

そして祖父の父を大事に思ってくれていた、一家の一人ではないかと思っています。

家業を辞めてまで選んだ道は正しかったのか、疑問に思ったまま亡くなった方なのではないでしょうか。

私に霊感はなく、あんな怖い物を見たのも、不可思議な体験をしたのもこれ一度きりですが、白昼夢ではなかったと思っています。

今でもあの根付は毎日持ち歩いています。

挫けそうになった時、傍にあると不思議と頑張れる気がしています。

関連記事

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。 コンサル部の部長は時々ワープするらしい。 打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。 あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。 俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

恐怖のスイカ蹴り

俺の爺ちゃんの終戦直後の体験談。 終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。 当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯…

金色の金魚(フリー写真)

浮遊する金魚

小学2年生くらいまで、空中を漂う金色の金魚みたいなものが見えていた。 基本的には姉ちゃんの周りをふわふわしているのだけど、飼っていた犬の頭でくつろいだり、俺のお菓子を横取りしたり…

病院の廊下(フリー素材)

子供だけに見えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。 連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。もう親戚の人も来ていて、明日の朝までがヤマらしい。 息子はまだ小さいので病室にずっと居る訳に…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。 前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。 他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。 それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。 爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。 その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

夜の山と月(フリー写真)

夜の山は人を飲み込む

十代最後の思い出に、心霊スポットとして有名なトンネルがある山に行った時の話。 俺と友人三人は金も車も無かったので、バスを乗り継いで現地に向かい、夜に歩いて帰宅するという、今考えた…