三宅木遣り太鼓

三宅太鼓(フリー写真)

八月初旬。

夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。

主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点けました。

マンション住まいなもので、深夜の騒音は大迷惑になってしまいます。

長男も次男も小学生の頃から和太鼓をやっているのですが、その時の次男は、舞台で着る藍染の腹掛けと股引きをした格好。頭にはちゃんと鉢巻を巻き、ご丁寧に地下足袋まで履いていました。

歌っていたのは、三宅島に伝わる『木遣り歌』です。

『三宅木遣り太鼓』は、三宅島のオリジナルにアレンジが加わった形で、和太鼓の曲として広く伝わるスタンダートです。

次男の所属するチームでは、『三宅』を叩く前に『木遣り』を歌うことがあるのです。

次男は、主人と長男で取り押さえようとしても構わず歌い続け、主人が口を塞いでもまだもがもがやっています。

寝ぼけているのかと思い、名前を呼んだり揺すったりしてもダメ。

「ダメだ、取り敢えず外に出そう」と、次男にタオルで猿轡をし、主人と長男が引き摺ってエレベーターに乗り、駐車場へ走りました。

車に乗り込んでも次男はまだ歌い続けていましたが、急いで車を出しました。

騒音を気にしなくて良くなったことに取り敢えずはホッとして、猿轡を解きました。

成り行き上、ハンドルを握っていたのは私でした。

ミニバンのセカンドシートに、長身の男が三人もぎゅうぎゅうに収まって…。

あたふたと夜逃げのように飛び出て来てしまったので、私はパジャマ、主人と長男はTシャツにトランクス一丁。

どこへ行けば良いのか、どうすれば良いのか、何が原因なのか、思い付く限りの意見を出し合った末、主人が言いました。

「病院だな…。M(長男)、夜中も行ける精神科を検索してくれ」

『精神科』という言葉に、少しドキッとしました。

「携帯持って来なかった…」「俺も…」「私も…」

「取り敢えず携帯と着替えを取りに帰るぞ。俺らは下で待ってるから、Mは家へ走って取って来い」

主人の言葉に長男もそれしかないと観念し、

「家まで誰にも会いませんように…」

と呟きました。

その時、主人がぼそっと言いました。

「こいつ、いつからこんな良い声が出るようになった?」

私は次男の異常な様子が心配で、ただオロオロしていましたが、主人に言われてよく聞いてみると、本当に心に染み入って来るような声でした。

確かに次男の声なのですが、何と言うか…伸びだとか節回しが急に上手くなっている感じでした。

それからも暫く歌い続けていましたが、不意に次男の歌が止みました。

「R(次男)!?」

名前を呼んでみましたが無反応。

きりっとした顔のまま、正面を見据えています。

かと思ったら、すっと自分の手を見て、握ったり開いたりし始めました。

「バチ!これから打つんだ!」

長男が叫びました。

「バチも持って来よう!」

みんな口には出しませんでしたが、何か科学で説明出来ない事態が起こっていると、この辺りから感じていました。

主人「M、塩も持って来い」

長男「塩…どうするか知ってんの?」

主人「かけたら良いんじゃないか?」

長男「まじかよ…」

主人「コンビニで線香も買おう」

長男「コンビニで売ってんの?」

沈黙…。

物凄い不安で張り裂けそうでした。

マンション前に着き、長男が意を決したようにTシャツにトランクスの格好で走って行きました。

その後ろ姿に、緊急事態の真っ只中だというのに主人がゲラゲラ笑い出し、私もつられて笑いました。

「よく考えたら滅茶苦茶笑えるな、これ(笑)」

Tシャツにトランクス姿の父と長男が、ばっちり衣装の次男に猿轡を噛ませて引き摺り、付き添うパジャマの母。

「物凄く怪しい家族だぜ(笑)」

笑いが止まらなくなってしまいました。

すると、それまで険しかった次男の表情が、少し柔らかくなった気がしました。

主人は、

「大丈夫。とにかく今は深夜だし、朝になったら考えたらいい」

と、何か達観したような様子でした。

もちろん不安で一杯でした。

このまま本来の次男が戻って来なかったら…と思うと、こちらの方がおかしくなりそうでした。

それでも一瞬和ませてくれた主人に、とても感謝しました。

暫くして、長男が荷物を持って戻って来ました。

「まだバチ出すなよ。ここでやられたら殴られる」

主人がジーンズを穿きながら言いました。

私は助手席に移動し、主人の運転で再び走り出しました。

「Rの部屋に入ったら、Tシャツを綺麗に畳んで置いてあったよ。有り得ねぇ」

長男はそう言いながら、携帯で塩の使い方を調べていた。

思い掛けず久しぶりに家族でドライブとなりましたが、ある国立公園に辿り着きました。

我が家からは30分ほど山を登った所にあり、ちょっと名の知れた滝や、秋は紅葉目当てで観光客がやって来る自然の中です。

もちろんそんな深夜ですから、駐車場に他の車はありません。

まずは主人と私が車を降り、次男も長男が促すと降りて来ました。

長男が次男に持って来たバチを渡し、自分もバチを持ち、滝の音がゴウゴウと遠くから聞こえる方を向いて立ちました。

まず長男が歌い出しました。それに次男が被せるように追い掛けます。

歌い終わると長男はすっと座り、次男は腰を低くして構えます。

『三宅』は太鼓を真横に置いて、両側から低い姿勢で打つのです。

長男の地打ち(ベース)が始まり、次男がゆっくりと振り被り打ち下ろす。

もちろん太鼓はありませんが、ドーンという響きを感じたような気がしました。

段々とペースが上がり、お互いに掛け声をかけながらエア太鼓は続きます。

長男と次男の『三宅』を初めて見た訳ではないし、所構わず始める次男の素振りは、それこそしょっちゅう見ているのに、何故か涙が止まりませんでした。

多分、次男の中の人にとっては、最後の『三宅』だと感じていたからだと思います。

ようやく打ち終わり、二人が立ち上がりました。

次男はまず長男に、そしてこちらを向いて深々と頭を下げました。

顔には涙がぽろぽろと落ちていました。

暫く泣いて、やがて

「兄ちゃん」

と言いました。

「Rか?」

と聞くと、泣きながらも頷きます。

心底ほっとしました。

塩も線香(売ってた)も出番はありませんでした。

次男は部屋で着替え始めたことも、リビングで歌い出したことも、その後のことも全部覚えていました。

「でも、俺がやったんじゃない」

それはそうでしょう…次男もそこそこ打てるようになったとは言え、あの美しいフォームは、次男のそれとはあまりに違いましたから。

どこの誰だったのかは判らないらしいです。

ただ、

「最初は悲しかった。でも、打ち出したら嬉しかった…と思う。怖かったけど、嫌な感じはしなかった」

だそうです。

念のため、翌日私の実家に連れて行き、近所の拝みさんに見てもらいました。

「何も無い。キレイなもんよ」

と言ってもらい、やっと本当に安心しました。

「満足して逝ってるはずや。無念が晴れたんじゃろ」

とも言っていました。

「ただし、まだR坊に大きな疲れが残っとる。命が疲れとる。ゆっくり精神を休ませなあかんよ」

と、お守りを頂きました。

それはオガミさん特製のちりめんで出来た小さな袋に、勾玉のような綺麗な色の石が入れられた物でした。

長男は、

「何でRより打てる俺じゃなかったんだろ?」

と言っていましたが、拝みさんは

「相性もあるし、M坊よりR坊の方が単純やしのぉ」

と笑っていました。

次男は、

「達人に貸してから体の使い方がちょっと解った」

と言い、日々素振りに余念がありません。

何かコツを掴んだのかもしれません。

終始慌てふためいていたため、後から思うと何やらおかしいことになっていますが、あの時は次男を失うのではないかと、この上ない恐怖でした。

当の本人は今日も呑気に登校しましたが…。

もし良かったら、動画サイトで『三宅木遣り太鼓』『木遣り歌』などのキーワードで検索してみて下さい。

幾つかアップされてると思います。

上手な人の歌や演奏は、胸に響くものがありますよ。

関連記事

不気味な山道(フリー写真)

頭が無いおじちゃん

知り合いが体験した話。彼女は幼い娘さんを連れて、よく山菜採りに出掛けているのだという。 ※ その日も彼女は、二人で近場の山に入っていた。なかなかの収穫を上げ、下山し…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

森(フリー写真)

色彩の失われた世界

俺がまだ子供の頃、家の近所には深い森があった。森の入り口付近は畑と墓場が点在する場所で、畦道の脇にはクヌギやクリの木に混ざって、卒塔婆や苔むした無縁仏が乱雑に並んでいた。 …

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

桜の木(フリー素材)

タイムカプセルの手紙

俺の知り合いの超霊感体質の女性(42歳)から聞いた不思議な話。事の起こりは彼女が中学三年の卒業前まで遡る。卒業を間近に控えていた彼女のクラスでは、卒業記念にとクラス全員…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。結局、俺はその仕事を一人で行うように…