顔だけにモザイク

mosaic

小学校くらいに友達から聞いた話なんだけど、ちょっと思い出したので書いてみる。

ある男を仮にAとさせていただきます。

Aがレンタルビデオ屋でビデオを借りてきて、家に帰って早速見て見ることに。

ちなみにAの住んでいるところは一階が八百屋で、Aはその2階に住んでいた。

八百屋の横に丁度階段があって、そこからしか2階に上がれない。

ビデオをセットし、早速早送り。

でも、いくら経っても予告も出ないし、ずっとジラジラした画面が続く。

おかしいと思ってビデオを取り出そうとすると、急に何か映り始めた。

そこに映っていたのは、ただの階段。

しかし、Aはそれが自分の家の階段だとすぐに気が付いて、何が何だか解らない状態で画面を見続ける。

すると今度は画面の中の階段から誰か上がってくる。

でも、よく見てみると、そいつは顔だけにモザイクがかかっており、片手には包丁を持っている。

これはヤバイと思ったAだが、ついついそのまま見てしまう。

そいつはゆっくり上がってきて、ついに玄関の前まできた。

そしてそいつはいきなり玄関のドアをドンドンドンと激しく叩く。

同時にAの家の玄関が激しく音を立てる。

怖くなったAはパニックになりながらもビデオを取り出した。するとドアを叩く音も消えた。

以上です。この話を最初に聞いた時はマジで怖かった。

関連記事

山

土着信仰

俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入っていない。 何故かと言うと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があり、なかなか仏教が定着しなかったから。明治まで寺という概念すら…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。 あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…

坊主斬り

飢饉の年の事である。 草木は枯れ果て、飢えのために死ぬものが相次いだ。 食人が横行し、死人の肉の貸し借りさえ行われる有様だった。 ある日、寺の住職が庄屋の家の法事に招…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になってかくれんぼをして…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。 今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。 …

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。 帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。 しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

木造アパート

挨拶の大切さ

友人のアパートを訪れた日、私は商店街の裏にある彼の住む建物へ行きました。 そのアパートの一階には共同のトイレがあり、友人の部屋は一階の一番奥に位置していました。 夜遅くま…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。 自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

呪いの連鎖(長編)

呪いって本当にあると思うだろうか。 俺は心霊現象とかの類は、まったく気に留める人間じゃない。だから、呪いなんか端から信じていない。呪いが存在するなら、俺自身この世にはもう居ないは…