呪いの人形

公開日: 怖い話

A-doll-covered-by-mud-lies-in-the-floor-of-a-flooded-house-after-the-passing-of-Tropical-Storm-Isaac-in-Port-au-Prince-on-August-26-2012.-Dieu-Nalio-CheryAssociated-Press-960x653

最初は、ほんの冗談だった。

うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。

野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。

なんでも信用するので、からかって遊んでいたのだが、ノロはなぜか俺が気に入ったらしく、よく俺の言うことを聞いていた。

ある日、

「呪いってどうやってかけるか知ってる?」

と、あまりにも馬鹿なことを訊いてきた。

中3にもなって、呪いなんて信用するかなあ、と思ったけど、彼の顔を見ていたらからかいたくなったので

「知ってるさ、ブードゥー教の呪いの人形さ。まあ、見てなって。カッター出せよ」

そして、そのカッタ-で彼の指を少し切った。

彼は、真っ青になったけど、俺はそのまま進めた。

「そして、この血をな、こうやって泥と混ぜて人形をつくるんだ」

俺は 15センチ程度の血の混ざった泥人形を作った。

「お前が、呪いたいのは…寺本だろ?」

ノロは、びっくりしてコクっと頷いた。

「本当は、彼の持ち物か、髪や爪があればいいんだけどな」

すると彼は、鞄の中からヘアーブラシを取り出した。

「お!それ、寺本のか!あいつ、いつもお前のこといじめてるからな」

「しかし、よくブラシなんか、ガメてきたよな」

俺はいつもやっているかのように手早くブラシから髪の毛を取り出し、泥人形の中に埋め込み、寺本の名前を拾った古い釘で書いた。

それから、

「命を取るとあんまりだろう。足でいいんじゃないか」

釘を人形の足にねじ込んだ。

「そして、これを暗くて、誰にも見つからないところに隠すんだ。すると、早くて2、3日。長くても1~2週間で効果が出るんだぞ」

「最後にこれだけは守れよな。効果が出たらすぐに川か海に流すんだ」

彼は、信用したのか泥人形を何処かへ隠しに行った。

俺はもう可笑しくて可笑しくて、ノロはあんな泥人形を大事に抱えて行った。

それから2日が経った。

ノロが俺に吃りながら聞いてきた。

「ね、ねえ。い、いつ、効くの?」

最初は、何のことかよく分からなかった。

ようやく何のことか思い出した頃、担任が血相を変えて教室に入ってきた。

「寺本君が、昨日の夜交通事故に遭いました。盗んだバイクを乗り回していて…スピードの出し過ぎで…命に支障はないみたいですが、下半身が…」

担任の話が最後まで聞けなかった。

なんで、あんないい加減な呪いが効くんだ。

俺が彼を…。いや、偶然だ。

なんで、あんないい加減で思いついたような呪いが…。

なぜ、あんなにスラスラと出てきたんだろう?

放課後、ノロが俺に言い寄ってきた。

「すごいね。すごすぎだね。いまから、人形、川に流すから、すごいね。すごいね」

ノロは、にこにこして飛ぶように帰っていった。

なんて奴だ。

奴には、罪悪感がないのか。

クラスの仲間と寺本の見舞いにいったが、彼には会えなかった。

寺本は、右足を切断したそうだ。俺が釘を刺した方の足だ。

暗い気持ちになって、見舞いから帰る途中、近くの神社でノロを見た。

そわそわしながら、裏手の方から闇の中へ消えていった。

なんとなく気になってノロの居た方へ行くと、神社の裏手の羽目板がずれていた。

それを動かすと、血まみれの泥人形が出てきた。

その人形には、俺の名前が書いてあり、釘は額に刺してあった。

関連記事

アリス(フリーイラスト)

アリス症候群の恐怖

自分は小さい頃から「不思議の国のアリス症候群」の症状があった。時々遠近感が曖昧になったり、周りの物が大きくなったり小さくなったりする感覚に陥る。大抵の場合、じっとしてい…

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。私は父が経営する土建屋で事務をしています。今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

疫病神

20年くらい前、高校生の時一人で留守番をしていたら、インターホンが鳴った。出てみると、乞食みたいなのが立っていて「この家には死神がついている」と言い残して立ち去っていった。それから…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

乾杯(フリー写真)

言えないこと

大学時代の友人から「うちに遊びに来ない?」と電話が入った。声を聞くのは半年振り、実際に会うとなれば1年ぶりにもなるのだな…。そう仕事明けのぼんやりした頭で話半分に聞いて…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

普通の子に戻れた日

小さい頃、私は知的障碍を持っていると思われていました。言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。…

車のテールランプ(フリー写真)

白装束の女性

初めて変な経験をしたのが5歳の頃。もう30年以上前の話をしてみる。父親は離婚のため居らず、六畳一間のアパートに母親と二人暮らしだった。風呂が無く、毎晩近所の銭湯に行って…