呪いの人形

公開日: 怖い話

A-doll-covered-by-mud-lies-in-the-floor-of-a-flooded-house-after-the-passing-of-Tropical-Storm-Isaac-in-Port-au-Prince-on-August-26-2012.-Dieu-Nalio-CheryAssociated-Press-960x653

最初は、ほんの冗談だった。

うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。

野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。

なんでも信用するので、からかって遊んでいたのだが、ノロはなぜか俺が気に入ったらしく、よく俺の言うことを聞いていた。

ある日、

「呪いってどうやってかけるか知ってる?」

と、あまりにも馬鹿なことを訊いてきた。

中3にもなって、呪いなんて信用するかなあ、と思ったけど、彼の顔を見ていたらからかいたくなったので

「知ってるさ、ブードゥー教の呪いの人形さ。まあ、見てなって。カッター出せよ」

そして、そのカッタ-で彼の指を少し切った。

彼は、真っ青になったけど、俺はそのまま進めた。

「そして、この血をな、こうやって泥と混ぜて人形をつくるんだ」

俺は 15センチ程度の血の混ざった泥人形を作った。

「お前が、呪いたいのは…寺本だろ?」

ノロは、びっくりしてコクっと頷いた。

「本当は、彼の持ち物か、髪や爪があればいいんだけどな」

すると彼は、鞄の中からヘアーブラシを取り出した。

「お!それ、寺本のか!あいつ、いつもお前のこといじめてるからな」

「しかし、よくブラシなんか、ガメてきたよな」

俺はいつもやっているかのように手早くブラシから髪の毛を取り出し、泥人形の中に埋め込み、寺本の名前を拾った古い釘で書いた。

それから、

「命を取るとあんまりだろう。足でいいんじゃないか」

釘を人形の足にねじ込んだ。

「そして、これを暗くて、誰にも見つからないところに隠すんだ。すると、早くて2、3日。長くても1~2週間で効果が出るんだぞ」

「最後にこれだけは守れよな。効果が出たらすぐに川か海に流すんだ」

彼は、信用したのか泥人形を何処かへ隠しに行った。

俺はもう可笑しくて可笑しくて、ノロはあんな泥人形を大事に抱えて行った。

それから2日が経った。

ノロが俺に吃りながら聞いてきた。

「ね、ねえ。い、いつ、効くの?」

最初は、何のことかよく分からなかった。

ようやく何のことか思い出した頃、担任が血相を変えて教室に入ってきた。

「寺本君が、昨日の夜交通事故に遭いました。盗んだバイクを乗り回していて…スピードの出し過ぎで…命に支障はないみたいですが、下半身が…」

担任の話が最後まで聞けなかった。

なんで、あんないい加減な呪いが効くんだ。

俺が彼を…。いや、偶然だ。

なんで、あんないい加減で思いついたような呪いが…。

なぜ、あんなにスラスラと出てきたんだろう?

放課後、ノロが俺に言い寄ってきた。

「すごいね。すごすぎだね。いまから、人形、川に流すから、すごいね。すごいね」

ノロは、にこにこして飛ぶように帰っていった。

なんて奴だ。

奴には、罪悪感がないのか。

クラスの仲間と寺本の見舞いにいったが、彼には会えなかった。

寺本は、右足を切断したそうだ。俺が釘を刺した方の足だ。

暗い気持ちになって、見舞いから帰る途中、近くの神社でノロを見た。

そわそわしながら、裏手の方から闇の中へ消えていった。

なんとなく気になってノロの居た方へ行くと、神社の裏手の羽目板がずれていた。

それを動かすと、血まみれの泥人形が出てきた。

その人形には、俺の名前が書いてあり、釘は額に刺してあった。

関連記事

古いアパート

アパート101号室

昨年夏に放送された深夜の特別番組「超オフレコの恐怖体験」は、その名の通り、心霊現象が囁かれる物件を取り上げ、視聴者に寒気をもたらした一夜でした。 伝説に包まれたある古びたアパー…

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。 鏡に映った自分を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。 いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノではないん…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。 現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。 その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 恐い場所だという先行イメージ…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。 それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

マンション(フリー写真)

夢の中の会話

私は十年近く前、誘拐されたことがあります。 私を誘拐し拉致したのは同じマンションに住む女の人で、私は風呂場に閉じ込められました。 縛られたりはしなかったのですが「逃げたら…

ピチガイオカン

自分の記憶と兄から聞いた話、それに友達からの情報、それらを元にした話なので、完全に真実の話とも言えないかもしれませんが、結構怖いと思った話なので書き込ませていただきます。 始まり…

コッケさん

私の田舎ではコケシの事をコッケさんと言って、コケシという呼び方をすると大人に相当怒られました。 中学生に上がりたての頃、半端なエロ本知識で「電動こけし」という単語を知ったクラスの…

クロスロード

1930年代に実在した伝説のブルースギタリストのロバート・ジョンソン。アコースティック・ギター1本で弾き語りをして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。 最初の頃の彼のギターテクニックは…

人が溺れてる

友達から聞いた話。 夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。 薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

倉庫(フリー背景素材)

曰く付きの絵画

一つ俺の体験談をば。 秋口の頃だったか、俺の勤めている会社の社長の菩提寺が建物の一部を修復するとかで、俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行か…