マンホールの男

公開日: 怖い話

工事現場(フリー写真)

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。

多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。

ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。

その細い裏道は、臨時の水道工事の関係で車が通れなくなっていた。

夜は殆ど車が通りそうもないその道を、俺は気に入った。

何故なら、俺は騒々しい国道沿いの勤務よりも、静かな道でボーっと妄想しながらゆっくり仕事する方が好きだからだ。

うるさい先輩も今日は居ないし、ラッキーだと思った。

とにかくその日は、工事中の場所に車が入り込まないように見張っているだけの楽な仕事だった。

住宅街で一通が多い区間だったので、俺一人が現場に立ち、早朝の早番が来たら交代して帰るというパターンだった。

俺はまず最寄の便所スポットと自販機の在り処を確認すると、ピカピカと赤く光る棒を持って狭い交差点の角に立った。

ここなら四方を見渡せる。どの方向から車が来ても気付くから、今日はずっとここに居よう。そう思った。

初めの一時間に二台程車が通った。しかし問題の通りに入り込みそうな気配は無かった。

飲み明けのサラリーマンが終電で家路に向かう姿を何度か見送った後、人も車も全く通る気配が無くなった。

周りの家も時間が経過すると共に、一軒、また一軒と電気を落として行った。

「おいおい、野良犬すら通らねぇな。サボリ放題じゃん」

などど一人言を言っていると、物音が聞こえた。

工事中の方を見ると、パイロンで囲まれたマンホールの辺りから、何か異様な雰囲気を感じ取った。

よく見ると、蓋の開いたマンホールに人影が見える…。

咄嗟に時計を見た。

午前二時半…。

おかしいぞ。こんな時間に作業員が居るはずがない…。

俺は酔っ払いが入り込もうとしているか、夜中にたむろしている若者がふざけてやっているパターンを考えた。

どうやって対応すべきか。

ゆっくりと近付いて見ると様子がおかしい事に気付く。

マンホールの男は、ちょうど体の半分ほど穴の中に入っている状態で、微動だにせず穴の中を眺めながらニヤニヤ笑っていた。

笑っていたと言っても、全く動かない状態でジーっとマンホールの中を見つめていて、どうやって体を支えているのか分からない体勢だったので不気味だった。

俺の赤く光る棒が一定のリズムで男の顔の表情を映し出すが、俺が近付いた事などまるで気にしていないように、ただ真っ直ぐマンホールの中をじっと見つめたまま動かなかった。

暗闇に浮かび上がるドス黒い男のシルエットと、等間隔で赤黒く浮かび上がる男の顔面が俺の脳に刻まれ、恐怖に変わって行った。

何なんだ…コイツ…。

その時、男がゆっくりと俺の方を向こうと首を動かした事に気付いた。

目の焦点がまるで合っていない。

顔は歪み、笑っているのかどうかも分からない表情になっていた。

しかしそこからハッキリと憎悪の念を感じ取った俺は、一瞬たじろぐと、このままここに居てはまずいと思い逃げ出そうとした。

その時、大通りから車が入って来て、ヘッドライトで辺りが一瞬照らされた。

車が走り去った後、俺はすぐに男の居た方を確認した。

そこには蓋の開いたマンホールがポッカリと黒い口を空けていて、男の姿は無くなっていた。

人じゃなかったのか…?

夜が明けるまで俺は交差点に立ち、マンホールから目を離さなかった。

しかし二度と男が現れる事は無く、帰り際に早番の同僚と一緒にマンホールの中を確認したが、下水の底には何も無かった。

その事があってから、俺はマンホールを見ると気分が悪くなるようになってしまった。

関連記事

火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。 開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。一命はとりとめたものの、全身火傷の重体だった。 昔の事とて、ろ…

銭湯(フリー背景素材)

もう一人の足

母が高校生くらいの頃、母にはAさんという友人がいたそうです。 その人は別に心霊現象に遭うような方ではなく、本当に普通の人だったそうです。 ある日、母とAさんは近くの銭湯へと…

冬の森(フリー写真)

森の中の奇妙な人影

ある寒い冬の夜、若者のタカシは深い森を通って家に帰る道中でした。 彼の家は山奥にある小さな村で、最寄りの町からは車で数時間かかる場所にありました。 その日、タカシは町で仕…

さよなら

中学生の頃、一人の女子が数人の女子から虐められていた。 いつも一人で本を読んでいるような子で、髪も前髪を伸ばしっ放しで幽霊女なんて言われていた。 でもさ、その子滅茶苦茶可愛…

田舎の風景(フリー写真)

犬の幽霊

あれは小学6年生の頃、夏の盛りだった。 僕は母方の田舎に一人で泊まりに来ていた。 田舎のため夜はすることがなく、晩飯を食った後はとっとと寝るのが日課になっていた。 ※ …

奇声を発するおっさん

俺はあるマンションに住んでいるんだが、2ヵ月くらい前、真上の部屋に人の善さそうな初老のおっさんが引っ越してきた。 朝にゴミ出しをしていると「おはようございます」と笑顔で挨拶してく…

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…

滝つぼ(フリー写真)

滝つぼの柄杓

17年前の1月頭、震災の一週間くらい前。俺が小学生の時の話。 お年玉でカメラを買って貰ったばかりの友達と、そのお姉さんとの三人で、カメラの練習に少し山奥の自然公園に行くことになっ…

無人島ビデオ

「1年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」 「あぁ、あったな。それがどうした?」 「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」 「マジ…

折詰め

近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら店主がいらないと言うんだ。 「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、…