マンホールの男

公開日: 怖い話

工事現場(フリー写真)

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。

多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。

ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。

その細い裏道は、臨時の水道工事の関係で車が通れなくなっていた。

夜は殆ど車が通りそうもないその道を、俺は気に入った。

何故なら、俺は騒々しい国道沿いの勤務よりも、静かな道でボーっと妄想しながらゆっくり仕事する方が好きだからだ。

うるさい先輩も今日は居ないし、ラッキーだと思った。

とにかくその日は、工事中の場所に車が入り込まないように見張っているだけの楽な仕事だった。

住宅街で一通が多い区間だったので、俺一人が現場に立ち、早朝の早番が来たら交代して帰るというパターンだった。

俺はまず最寄の便所スポットと自販機の在り処を確認すると、ピカピカと赤く光る棒を持って狭い交差点の角に立った。

ここなら四方を見渡せる。どの方向から車が来ても気付くから、今日はずっとここに居よう。そう思った。

初めの一時間に二台程車が通った。しかし問題の通りに入り込みそうな気配は無かった。

飲み明けのサラリーマンが終電で家路に向かう姿を何度か見送った後、人も車も全く通る気配が無くなった。

周りの家も時間が経過すると共に、一軒、また一軒と電気を落として行った。

「おいおい、野良犬すら通らねぇな。サボリ放題じゃん」

などど一人言を言っていると、物音が聞こえた。

工事中の方を見ると、パイロンで囲まれたマンホールの辺りから、何か異様な雰囲気を感じ取った。

よく見ると、蓋の開いたマンホールに人影が見える…。

咄嗟に時計を見た。

午前二時半…。

おかしいぞ。こんな時間に作業員が居るはずがない…。

俺は酔っ払いが入り込もうとしているか、夜中にたむろしている若者がふざけてやっているパターンを考えた。

どうやって対応すべきか。

ゆっくりと近付いて見ると様子がおかしい事に気付く。

マンホールの男は、ちょうど体の半分ほど穴の中に入っている状態で、微動だにせず穴の中を眺めながらニヤニヤ笑っていた。

笑っていたと言っても、全く動かない状態でジーっとマンホールの中を見つめていて、どうやって体を支えているのか分からない体勢だったので不気味だった。

俺の赤く光る棒が一定のリズムで男の顔の表情を映し出すが、俺が近付いた事などまるで気にしていないように、ただ真っ直ぐマンホールの中をじっと見つめたまま動かなかった。

暗闇に浮かび上がるドス黒い男のシルエットと、等間隔で赤黒く浮かび上がる男の顔面が俺の脳に刻まれ、恐怖に変わって行った。

何なんだ…コイツ…。

その時、男がゆっくりと俺の方を向こうと首を動かした事に気付いた。

目の焦点がまるで合っていない。

顔は歪み、笑っているのかどうかも分からない表情になっていた。

しかしそこからハッキリと憎悪の念を感じ取った俺は、一瞬たじろぐと、このままここに居てはまずいと思い逃げ出そうとした。

その時、大通りから車が入って来て、ヘッドライトで辺りが一瞬照らされた。

車が走り去った後、俺はすぐに男の居た方を確認した。

そこには蓋の開いたマンホールがポッカリと黒い口を空けていて、男の姿は無くなっていた。

人じゃなかったのか…?

夜が明けるまで俺は交差点に立ち、マンホールから目を離さなかった。

しかし二度と男が現れる事は無く、帰り際に早番の同僚と一緒にマンホールの中を確認したが、下水の底には何も無かった。

その事があってから、俺はマンホールを見ると気分が悪くなるようになってしまった。

関連記事

インターホン

俺が5才の頃の出来事。実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

赤ちゃんの人形

公園で友達と喋っていて、小便がしたくなったから、ちょっと離れた公園内のトイレに行った。『何やら線香くさいなぁ…』と思いながら用を足してトイレから出たら、上下スウェットで髪はぼさ…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。夕方になってかくれんぼをして…

高過ぎる電気代

ある新婚夫婦がマイホームを購入するため不動産屋を訪ねた。その夫婦は、少し古いが希望に合う物件を見つけることが出来た。そこは古い和風屋敷の一軒家。値段の割には良い物件。 …

小学校の廊下

←ココ

この間、小学校の同窓会があった。その時に当然の如く話題に上がった、俺たちの間では有名な事件の話を一つ。 ※ 俺が通っていた小学校は少し変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。…

夜のビル街(フリー写真)

呻き声

俺のツレはいわゆる夜中の警備のバイトをしていて、これはそのツレにまつわる話。ある日、そいつが言うには、「何かさ、最近、バイト中に鳴き声がするんだよな」「まあ、近…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。鏡に映った自分を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノではないん…

鬼になった武士

文政十二年(1829年)、6月8日のこと。遠野南部藩からの命令で、この町で山狩りが行われた。これは館野武石衛門という猟師がリーダーとなり、辺り一帯の村や町に住む武士や町人、農民…