森の中の奇妙な人影

公開日: 怖い話

冬の森(フリー写真)

ある寒い冬の夜、若者のタカシは深い森を通って家に帰る道中でした。

彼の家は山奥にある小さな村で、最寄りの町からは車で数時間かかる場所にありました。

その日、タカシは町で仕事を終え、森を通る短い道を選びました。

彼は森の静けさと美しさを愛していましたが、その夜は違いました。

森の中は暗く、雪が降り続き、風が冷たく吹いていました。

タカシは急いで家に帰ることを決めました。

しかし森の中を進むうちに、彼は奇妙な感覚に襲われました。

彼の周りの雪が揺れ、風が奇妙な音を立て始めました。

そして突然、彼の前に現れたのは、黒いマントをまとった不気味な人影でした。

その人影の顔はマントで完全に覆われていました。

タカシは恐怖で硬直し、何を言うべきかわからずに立っていました。

その時、不気味な人影がゆっくりとマントを下ろしました。

その顔は、見るも無惨なもので、肌は青白く、目は深い黒で、口は広く開いていました。

人影は「あたえびと」と呟き、タカシに手を差し伸べました。

タカシは、この人影が何を意味するのか理解できませんでした。

彼の内心は恐怖で満たされ、彼はその場から逃げることを決意しました。

しかしその時、彼の体が動かなくなりました。

彼は全身が冷たくなり、彼の足は地面にくっついて動かなくなりました。

彼は恐怖で震え、人影に助けを求めました。

人影はただ静かに立って「あたえびと」と呟き続けました。

そしてタカシの前に現れたのは、もう一つの人影でした。

この人影もまた、黒いマントを身に纏い、顔は覆われていました。

新しく現れた人影も同じように「あたえびと」と呟き、タカシに手を差し伸べました。

タカシは、恐怖に震えながらも、何かを理解し始めました。

「あたえびと」は、彼らが何かを求めているのかもしれないと考えました。

彼は、もしかしたら彼らが彼を助けてくれるのかもしれないと希望を持ち始めました。

しかし彼の希望はすぐに打ち砕かれました。

二つの人影は、彼に向かってゆっくりと歩み寄り始めました。

彼らの足音は、静かな森に響き渡りました。

彼らがタカシの前に立つと、彼らは再び「あたえびと」と呟きました。

彼らは彼の手を掴み、彼を彼らの方へ引き寄せ始めました。

タカシは恐怖で声を上げましたが、声は森に吸い込まれ、誰にも届きませんでした。

彼の体は彼らの力に抗うことができず、彼は彼らに引き寄せられました。

そして、彼が人影の間に引き込まれると、彼の意識は闇に包まれました。

彼が目を覚ました時、彼は自分がもう森の中にいないことに気づきました。

彼の周りは闇で、彼の前には大きな門が見えました。

彼はその門の前に立っていました。

その門の中からは、美しい光が漏れていました。

タカシはその門を開けることを決意しました。

彼がその門を開けると、彼の前には美しい風景が広がっていました。

しかしその風景の中には、彼が見たことのないものがたくさんありました。

彼はそれが、もしかしたら「あたえびと」が彼に見せたかったものなのかもしれないと思いました。

彼はその風景に向かって歩き始めました。

彼がその風景に吸い込まれると、彼の意識は再び闇に包まれました。

そして彼が目を覚ますと、彼は再び森の中にいました。

彼の周りには、もう「あたえびと」の姿はありませんでした。

タカシは混乱し、驚き、恐怖で体が震えました。

しかし彼は自分が無事であることに感謝しました。

彼は立ち上がり、家に向かう道を再び進み始めました。

その夜、タカシは家に無事帰り着きました。

彼の家族は彼が無事で帰ってきたことを喜びました。

しかしタカシはその夜の出来事を誰にも話すことができませんでした。

彼は自分が見たこと、経験したことを信じることができませんでした。

それから数年後、タカシはその森を再び通りました。

彼がその森を通るたびに、彼はあの夜の出来事を思い出しました。

彼は「あたえびと」が何を意味するのか、彼らが何を求めていたのかを理解しようとしました。

しかし彼はその答えを見つけることはできませんでした。

あの夜の出来事は彼にとって、心に深く刻まれた恐怖となりました。

関連記事

みさきとおばあちゃん

朝起きて家の前でタバコをふかしていると、隣に住んでるAさんに声をかけられた。 「○○ちゃん(私の名前)、頼みたい事があるんだけど……。 ちょっと、みさき(Aさんの娘さん、小…

未来の夫

ある少女が、将来の結婚相手が分かると言う占いを実践してみることにした。 その占いとは、真夜中の0時、口に剃刀を咥え、水を張った洗面器の中を覗き込むと、そこに結婚相手の顔が映るとい…

教室(フリー写真)

余るプリント

この間久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。 幼馴染(A男)は、ある女子高で英語の教師を勤めていた。 Aはいつも英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを校内のコ…

釘

恨みクギ

俺が若かった頃、当時の彼女と同棲していた時の話。 同棲に至った成り行きは、彼女が父親と大喧嘩して家出。彼女の父親は大工の親方をしている昔気質。あまり面識は無かったが、俺も内心びび…

パンダ

パンダのぬいぐるみ

5歳の頃、一番大事にしていたぬいぐるみを捨てられたことがありました。 それはパンダのぬいぐるみで、お腹に電池を入れると足が交互に動いて歩くものです。キャラクターではなくリアルに近…

あやかし

工事中の仏閣を見た。仏像があるべき場所をクレーンのようなものでパーツがくるくる回っている。 俺は竹やぶに続く仏閣を参拝しようと山に入っていった。浅く霧がかかっていてなんとも神聖な…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。 昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。 それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。 よ…

不思議の国のアリス症候群

『不思議の国のアリス症候群』という病気を耳にした事があるだろうか。 これは得体の知れない悪夢に魘されるという症状で、人によっては毎晩のように発生する。 その悪夢とは常人の想…

空き家

赤い鞠

これは私が小学生の頃の話です。 家の近所に一軒の空き家がありました。 その家は昔旅館を経営していた様子で、山奥の長い一本道を上って行くと突然現れるその家は、小学生が誰しも…