森の中の奇妙な人影

公開日: 怖い話

冬の森(フリー写真)

ある寒い冬の夜、若者のタカシは深い森を通って家に帰る道中でした。

彼の家は山奥にある小さな村で、最寄りの町からは車で数時間かかる場所にありました。

その日、タカシは町で仕事を終え、森を通る短い道を選びました。

彼は森の静けさと美しさを愛していましたが、その夜は違いました。

森の中は暗く、雪が降り続き、風が冷たく吹いていました。

タカシは急いで家に帰ることを決めました。

しかし森の中を進むうちに、彼は奇妙な感覚に襲われました。

彼の周りの雪が揺れ、風が奇妙な音を立て始めました。

そして突然、彼の前に現れたのは、黒いマントをまとった不気味な人影でした。

その人影の顔はマントで完全に覆われていました。

タカシは恐怖で硬直し、何を言うべきかわからずに立っていました。

その時、不気味な人影がゆっくりとマントを下ろしました。

その顔は、見るも無惨なもので、肌は青白く、目は深い黒で、口は広く開いていました。

人影は「あたえびと」と呟き、タカシに手を差し伸べました。

タカシは、この人影が何を意味するのか理解できませんでした。

彼の内心は恐怖で満たされ、彼はその場から逃げることを決意しました。

しかしその時、彼の体が動かなくなりました。

彼は全身が冷たくなり、彼の足は地面にくっついて動かなくなりました。

彼は恐怖で震え、人影に助けを求めました。

人影はただ静かに立って「あたえびと」と呟き続けました。

そしてタカシの前に現れたのは、もう一つの人影でした。

この人影もまた、黒いマントを身に纏い、顔は覆われていました。

新しく現れた人影も同じように「あたえびと」と呟き、タカシに手を差し伸べました。

タカシは、恐怖に震えながらも、何かを理解し始めました。

「あたえびと」は、彼らが何かを求めているのかもしれないと考えました。

彼は、もしかしたら彼らが彼を助けてくれるのかもしれないと希望を持ち始めました。

しかし彼の希望はすぐに打ち砕かれました。

二つの人影は、彼に向かってゆっくりと歩み寄り始めました。

彼らの足音は、静かな森に響き渡りました。

彼らがタカシの前に立つと、彼らは再び「あたえびと」と呟きました。

彼らは彼の手を掴み、彼を彼らの方へ引き寄せ始めました。

タカシは恐怖で声を上げましたが、声は森に吸い込まれ、誰にも届きませんでした。

彼の体は彼らの力に抗うことができず、彼は彼らに引き寄せられました。

そして、彼が人影の間に引き込まれると、彼の意識は闇に包まれました。

彼が目を覚ました時、彼は自分がもう森の中にいないことに気づきました。

彼の周りは闇で、彼の前には大きな門が見えました。

彼はその門の前に立っていました。

その門の中からは、美しい光が漏れていました。

タカシはその門を開けることを決意しました。

彼がその門を開けると、彼の前には美しい風景が広がっていました。

しかしその風景の中には、彼が見たことのないものがたくさんありました。

彼はそれが、もしかしたら「あたえびと」が彼に見せたかったものなのかもしれないと思いました。

彼はその風景に向かって歩き始めました。

彼がその風景に吸い込まれると、彼の意識は再び闇に包まれました。

そして彼が目を覚ますと、彼は再び森の中にいました。

彼の周りには、もう「あたえびと」の姿はありませんでした。

タカシは混乱し、驚き、恐怖で体が震えました。

しかし彼は自分が無事であることに感謝しました。

彼は立ち上がり、家に向かう道を再び進み始めました。

その夜、タカシは家に無事帰り着きました。

彼の家族は彼が無事で帰ってきたことを喜びました。

しかしタカシはその夜の出来事を誰にも話すことができませんでした。

彼は自分が見たこと、経験したことを信じることができませんでした。

それから数年後、タカシはその森を再び通りました。

彼がその森を通るたびに、彼はあの夜の出来事を思い出しました。

彼は「あたえびと」が何を意味するのか、彼らが何を求めていたのかを理解しようとしました。

しかし彼はその答えを見つけることはできませんでした。

あの夜の出来事は彼にとって、心に深く刻まれた恐怖となりました。

雨(フリー写真)

黒い傘

あまり怖くないかもしれないけど、今日のような雨の日に思い出すことがあるんだ。 高校2年生の夏休みの時の話。 友人二人(AとBとする)と買い物に行っていると、突然雨が降って来…

横断歩道(フリー写真)

足の取れた人形

幼稚園児の頃、友達がいたんだ。年少組の時に同じクラスで仲良くなって、家が近かったので年長組に移ってクラスが分かれてからも家を行き来していた。 ある時、その子が私の人形(当時新発…

六甲山ハイウェイの死神

私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。 「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が解らないし、また友人が私を…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。 川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。 15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

肝試しから戻らない7人

この話は実際に新聞に載った話です。 ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。 夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。 でも本当…

祖父の箱

旅先で聞いた話。 伐り倒した木を埋めておくと、稀に芯まで真っ黒になることがある。 そんな埋木を使って特殊な方法で箱を作ると、中に女子が育つそうだ。 ただし、箱を開ける…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。 祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。 その遊びに来るこ…

湧き水(フリー写真)

岩のくぼみ

父が二十代の頃に体験した話です。 私が住んでいる場所は、自然豊かな地域です。 山も海も身近にあり、今でも手漕ぎの小船で海へ出て、魚釣りをされる年配の方が沢山居られます。 …

生霊

この前、職場の同僚Aと居酒屋で飲んでいたときの話。 偶然、俺の前の職場の飲み会とカチ合った。 俺は特に問題があって辞めたわけじゃないし、前の職場の人とも仲が良かったので、合…

高田馬場のアパート

7年前の話。 大学入学で上京し、高田馬場近辺にアパートを借りて住んでいた。 アパートは築20年くらいで古かったけど、6畳の和室と、襖を挟んで4.5畳くらいのキッチンがあると…