寝たフリ

Magnus_Enckell_-_Boy_with_Skull_-_Google_Art_Project

小学校の先生Aから聞いた話。

高校の部活の合宿で、20人くらいが一つのでかい部屋に布団敷いて詰め込んで寝るってシステムだった。

練習がきついからみんな疲れて夜10時には寝ちゃってたんだけど、朝起きたらBの顔と足が泥が付いて乾いたみたいに汚れてた。

Aは全然記憶に無くて、なんで泥だらけなのか分からないけど、別に誰も気にもせず今日はちゃんと風呂で体をちゃんと洗えくらいに言ってた。

その日もみんなすぐに寝たんだけど、夜中にAがトイレに行きたくなって起きたらBだけ布団にいない。

あいつもトイレかと思って一つしかないトイレ行ったけど、Bはいなくて『あれ? あいつどこいったんだろう』と不思議に思ってた。

そのままみんなが部屋に戻ってもBはまだいない。おかしいなあと思いつつも睡魔には勝てずそのまま寝た。

朝起きたらBは布団にいたけど、やっぱり顔と足が泥だらけになっていた。

さすがにBも不安になってAにちょっと「明日俺を見ててくれないか?」と相談してきた。

AはBの隣に寝て、Bが起きたらすぐ分かるようにBの腕とAの髪の毛を糸で縛って寝た。夜中、Aは髪の毛が引っ張られて起きたらBが立ち上がり部屋を出て行ってしまった。

腹が減って無意識に食堂にでも行くのかと思ったら、Bはそのまま裸足で外に出て行ってしまった。

合宿所は山の中だったけどBはどんどん奥に進んで行って、10分くらい歩いたところで突然立ち止まり、おもむろに地面を掘り始めた。その場所はなんと墓地。

墓地と言っても墓石が綺麗に並んでるような場所ではなく、卒塔婆が立て掛けてあるだけの古い墓地だった。

Aは離れたところから見ていたけど、Bは地面から何か掘り起こしてバリバリ喰ってるようだった。

暗くてよく見えないけどどうやらこの墓地は土葬用らしく、Bが喰ってるのはほとんど白骨化した死体だった。

さすがにAは焦って逃げたけど、物音に気づいたBがちらっとこっちを睨んで追ってきた。

Aは全力で走って宿まで戻って布団に潜って、とにかくやり過ごそうとしてたらBが部屋に入ってきた。

Aは焦ったけど部屋には20人もいるからばれないだろうと思ってたら、Bが一番端っこで寝ている奴の心臓に耳を当て始めた。

しばらくすると隣の奴の心臓に耳を当てて行く。どうやら心臓の鼓動を調べているらしく、今全力で走ってきたAはかなり鼓動が速くなっていたため焦った。

『頼む!心臓静まってくれ!』と願えば願うほど焦って鼓動は速くなるばかり。そうこうする内についにBは隣の奴の心臓に耳を当て始めていた。

目を瞑って誤魔化せば大丈夫だと思って、とにかく寝たフリをしていると、ついにBの耳がAの胸に乗っかってきた。

相変わらず心臓は速いけど『大丈夫大丈夫』と自己暗示をかけているとすっとBの耳が離れていった。

そして隣の方にBは移っていった。

Aは『はあ、良かった。なんとかやり過ごしたようだ』と思ってしばらくそのまま寝たフリをし、10分くらいして一体どうなったんだろうと思ってうっすらと目を開けた時。

Bが目の前5センチのところで明らかにイッた目で思い切りこっちを見て一言。

「見つけた」

関連記事

九尾の狐

日本には狐の怪談が沢山残っている。その中で最も有名なのは「九尾の狐」ではないだろうか。「九尾の狐」で有名なのは「白面金毛九尾の狐」三国随一の大妖怪と言われる程の実力。古…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

抽象画

執着

あまり思い出したくないのですが、私が体験した話を書きます。先にお断りしておきますが、これは幽霊や心霊体験のお話ではないので御了承下さい。長文ですが、どうかお付き合い願い…

禍垂(かすい)

昔まだ十代の時で、して良い事と悪い事の分別もつかない時の話。中学を出て高校にも行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。いつものようにツレから連絡があり、今から肝…

村

祟り神

中学生の頃に祖父から聞いた話。俺の地元の山には神主も居ない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。大半…

むかえにきたよ

私は高校時代、電車通学をしていました。利用していたのは、一時間に一本ペース、駅の9割が無人駅という超ド田舎の私鉄です。二年に上がった春、私が乗る駅で若い親子の飛び降り事…

夜の町並み(フリー写真)

夜道のいざない

去年の7月くらいに体験した話。うちの母方の祖父が亡くなり、通夜と葬式のため親の実家の北海道へ行きました。当日は祖父を神社まで運び、その夜は従兄弟や叔父、叔母とみんなでそ…

抽象画(フリー素材)

夢が現実に

最近になって気付いた不思議な事。俺は普段眠ってもあまり夢を見ない。というか実際は見ていても忘れているんだと思う。でも、偶に夢を覚えていたりする。しかも覚えているやつに限…

ユーカリの木(フリー写真)

当世話

俺の実家のある地区では『当世話(とうぜわ)』と呼ばれるシステムがあり、それに当たった家は一年間、地区の管理を任される。今年はその当世話がうちで、祭事に使う御社の掃除を夏に一度し…

障子の穴

自分がまだ小学校高学年の頃の話。当時の自分の部屋は畳と障子の和室で、布団を敷いて寝る生活だった。ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んで…