小さな猫のぬいぐるみ

PA024549

先日、成人式後の同窓会で聞いた話。

T君はお父さんを小学生の頃に事故で亡くし、それからずっと母子家庭。

T君自身はそんな環境どこ吹く風と言った感じで、学級委員をやったりサッカー部の主将を務めたりと、文武両道に大活躍な学生時代を送っていた。

彼のお母さんもまた底抜けに明るく世話好きで、たまの休みの日にはT君やT君の友達を車に乗せて水族館に連れて行ってくれたり、サッカーの試合の応援にも来てくれるような人だった。

今でもT君とお母さんは仲が良いけれど、昨年T君が関西の大学に入学するのを機に、家を出て独り暮らしすることになった。

お母さんも独立には大賛成で、「しっかり勉強してくるのよ!」と激励の言葉で送り出した。

そして巣立ちの日に「寂しくなったりめげそうになったら、これをお母さんと思って頑張りなさい」と、手作りの小さな猫のぬいぐるみを手渡したそうだ(T君は無類の猫好きだった)。

見知らぬ土地で新たな生活を始めたT君。

一人暮らしを始めてから1ヶ月程経ったある日の夜、就寝中に突然目が覚めた。

意識がはっきりしてきた途端、『胸の上に誰か座ってる!』と直感したそうだ。

しかし体が動かない。目を開けようとしても、瞼もピッタリ閉じられたまま開かない。

『これが金縛りか』と自分でも意外なほど冷静に思ったそうだ。

ただ、胸に重しが乗っているように重くて苦しい。

長い間ウンウン唸っていたら、いつの間にかまた寝ていて、次に目が覚めた時は朝になっていたと言う。

部屋の中に異常は無く、誰かが侵入した痕跡もない。

その日から、T君は度々夜中に金縛りに遭うようになっていった。

お陰で寝ても疲れが取れず弱ってしまったT君は、ある日、藁にもすがる思いでお母さんにもらった例の猫のぬいぐるみを手に持ったまま寝たそうだ。

お守り代わりと考えたんだろう。

しかし、その夜もまた金縛りにかかった。

T君は渾身の力で手に持った人形をぎゅーっと握り締めた。

すると、それまで固く閉じられていた目がフッと開いた。

T君の目に映ったのは、T君の胸の上で正座して、じっとこちらを見つめる寝間着姿の女の姿だったという。

「ヒィッ」と息が漏れるような悲鳴を上げて、T君は気絶したそうだ。

そして夜が明け目が覚めると、全身汗びっしょり、右手にぬいぐるみを力いっぱい握っていたという。

金縛りは1ヶ月程で起らなくなったそうだ。

「慣れない環境での初めての独り暮らしで、精神的に参ってたのかもね」とT君は笑った。

「良い話じゃん。お母さんがぬいぐるみを通して、T君を守ってくれたんじゃない?」と言うと、T君は少し考えてから言った。

「それはどうかな。だって俺の上に乗っかってた女、どう見ても母さんだったからなぁ」

関連記事

皺のある手(フリー写真)

祖母の日記

私は大変なおばあちゃん子で、中学になってもよく祖母の家に遊びに行っていました。父方の祖母なのですが、父親は私が幼い頃に不慮の事故で死去していました。祖父を早くに亡くした…

夜のビル街(フリー写真)

呻き声

俺のツレはいわゆる夜中の警備のバイトをしていて、これはそのツレにまつわる話。ある日、そいつが言うには、「何かさ、最近、バイト中に鳴き声がするんだよな」「まあ、近…

謎の男のシルエット

成りすまし

大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びと…

赤模様

赤いシャツの女

二年前の今頃の話。その日、来週に迎える彼女の誕生日プレゼントを買いに、都内のある繁華街に居た。俺はその日バイトが休みだったので、昼過ぎからうろうろとプレゼントを物色して…

女の勘

結婚して4年目の頃の話。会社に可愛い事務の女の子が入ってきた。さすがに浮気する気はなかったけど、その子のことは気になっていた。ある日、飲み会にその子も来ることに…

コトリバコ(長編)

序 暇なときにここを読んでいる者です。俺自身、霊感とかまったくありません。ここに書き込むようなことはないだろうと思ってたんですが、 先月起こった話を書き込もうかと思いここに来ました。一応…

ある番組のお蔵入りになったテープの話

20年程前の事なのですが、当時私は番組制作会社のADをしていました。女性アイドルと霊能力者が、心霊スポットを検証する番組の収録の時の事ですが、そのアイドルが現場で突然白目になっ…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので、TVの前で…

神社(フリー素材)

ふくろさん

大学二年の春だった。その日僕は、朝から友人のKとSと三人でオカルトツアーに出掛けていた。言いだしっぺは生粋のオカルティストK君で、移動手段はSの車。いつもの三人、いつも…

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…