広島一家行方不明事件

公開日: 未解決事件

wallpaper222_640_1136

事件のあらまし

平成14年9月7日、広島県世羅町京丸の「京丸ダム」の湖底に車が転落しているのを通行人が発見し警察に通報。

車内からは4人の遺体が見つかり、遺体は昨年6月4日から一家4人で行方が分からなくなっていた同町戸張の会社員Yさん(58)、その妻(51)、元小学校教諭の長女(26)、Yさんの母(79)と判明した。

県警では事件、事故の両面で捜査しているが、地形から交通事故の可能性は低いという。

そのため無理心中の可能性もあるとみて調べを進めている。

一家が失踪した当時、自宅は施錠され、屋内には争った形跡もなく、妻はこの日勤め先の社員旅行で中国へ出発する予定で、荷造りした旅行かばんもそのまま残されており、また食卓には朝食が虫よけネットをかけて手付かずの状態で残されていた。

突然一家4人がいなくなったため、テレビのワイドショーなどで「神隠し」と騒がれた。

神隠しの伝説

この「神隠し」という言葉が使われた理由は、その不可解な状況での失踪という他に実はもう一つ因縁めいた理由があったのである。

同町の大将神山という山には古くから神隠しの伝説があった。

その昔、この辺りを治めていた長者の家にお夏という使用人が居た。日頃より長者はこのお夏に目を掛けていたが、ある日お夏が大将神山に行ったきり帰ってこなくなっってしまった。

村人達が総出でお夏を探したが、いくら探してもとうとうお夏は見つからず、人々はお夏は神隠しにあったのだと言いあった。

そんな伝説のある大神将山は、かつてY家の所有だったというのである。

偶然と言ってしまえばそれまでだが、何とも奇妙な巡り合せではないだろうか。

関連記事

交通事故で亡くなった家族

警官をしている友人が数年前に体験した話。そいつは高速道路交通警察隊に勤めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。内容を聞くと、一週間前にあった東北自…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…

熊取町若者七人連続怪死事件

1992年6月から7月にかけて、大阪府熊取町で17歳から22歳の若者が連続して自殺、変死するということがあった。1週間ごとに、それも決まって水曜日か木曜日に自殺するというミステ…

トラック

不可解な事件

ある探偵事務所のYさんから聞いた、行方不明者に関する未解決事件の話です。行方不明の男性は長距離トラックの運転手でした。ある日、その男性はトラックで青森の方の高速を走り、…

琵琶湖バラバラ殺人事件

琵琶湖バラバラ殺人事件とは、2008年5月17日早朝から6月23日にかけて、滋賀県近江八幡市の琵琶湖で発生した殺人・死体損壊事件である。被害者の身元確認、犯人特定・逮捕まで至っ…

赤城神社主婦失踪事件

1998年5月3日、千葉県白井市の主婦志塚法子さん(当時48歳)は、家族(夫・娘・孫・叔父・叔母・義母)と群馬県宮城村三夜沢の赤城神社までツツジ見物に訪れていた。あいにくの雨の…

下山事件

下山事件(しもやまじけん)とは、日本が連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪、翌日未明に死体となって発見された事件。事件発生…

長岡京殺人事件

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦2人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見…

青ゲット(毛布)男殺人事件

事件のあらまし明治39年2月11日の午後9時頃のことである。吹雪の中をO町にある「橋田時助商店」に一人の男が訪れ、同店の番頭高木昭一(当時30歳)に面会を求めてきた。 …

西安義行さん失踪事件

1987年3月15日、兵庫県丹波市の自宅から、西安さんは高校時代の友人Sさんとドライブに出かけた。2人は京都・舞鶴へ向かった。Sさんは運転免許を取りたてだったので、西安さんが運…