青ゲット(毛布)男殺人事件

公開日: 未解決事件

wallpaper284_640_1136

事件のあらまし

明治39年2月11日の午後9時頃のことである。

吹雪の中をO町にある「橋田時助商店」に一人の男が訪れ、同店の番頭高木昭一(当時30歳)に面会を求めてきた。

昭一が玄関に出てみると、その男は「私は、T村の高木さんの親戚から使いとしてきた者ですが『親戚のおばあさんが急病で倒れたので、すぐ来て欲しい』とのことなので迎えに来ました」といって昭一を同店から連れ出していった。

それから2時間ほど経った後、今度は昭一の自宅にも青ゲット(毛布)を頭からすっぽりかぶった30歳くらいの男が訪れ「私は使いの者ですが、T村の親戚のおばあさんが重い病気になり『是非とも、O町のおっ母さんに会いたい』といっているので迎えに来ました」といって、昭一の母ツネ(当時50歳)を連れ出した。

その後、1時間程してまた先ほどの青ゲット男が昭一方にきて、母ツネを呼び出したのと同様の方法で、昭一の妻リョウ(当時25歳)を連れだした。

更に40分ほど後に、昭一の子供(当時2歳の女の子)まで連れ出そうとして同家に来た時は、隣の家の長井家の妻タエが留守番をしていて入口の青ゲットをかぶって立っている男に不審をいだき、その求めに応じなかったため危なく難を逃れた。

実のところT村の親戚には誰も病人がなく、使いの者を頼んだ事実もなかった。青ゲットをかぶった男が嘘を言って、昭一ら3人を連れ出したことが判明した。

青ゲットの男は、目撃者の話によると、年齢30歳くらいと思われるが、人相については、手拭いをほおかむりにして頭からすっぽりかぶっていたので、はっきりとわからなかったとのことであった。

死体なき大量殺人

翌日の12日午前5時頃、N川河口にかかるT橋周辺は、昨夜来の吹雪によって新雪で覆われていた。

寒中とはいえ、朝起きの早いT村の大工が、対岸のO町で建設中の仕事を片づけるため、まだ誰も通っていない新雪を踏みしめながら、いつもの通り急ぎ足でT橋を渡り始めた。

約500メートルもある長い木造の橋の丁度中ほどまできた時、大工は目の前の異様な状態に思わず立ちすくんでしまった。

そこには、あたり一面白い雪がまっ赤に染まり、おびただしい血痕が散らばっていたからである。

更に、その脇にある欄干の一部は、斧でバッサリ切り落とされたように無くなっており、何か大きなものと一緒にN川に投げ込まれたような形跡であった。

大工はとっさに誰かがここで殺されたと直感したが、同時に急に背筋が寒くなり、急を知らせようとする足取りも雪の上を滑ってなかなか進まなかったという。

それから間もなくO警察署にこの事件の第一報が入り、死体なき殺人事件として、血まなこの捜査が行われたのである。

関連記事

ロズウェル事件

1947年7月8日、ロズウェル・デイリー・レコード紙の夕刊に、ニューメキシコ州ロズウェル北西120キロ程の所にあるJ・B・フォスター牧場に「空飛ぶ円盤」が墜落し、その残骸を軍が回収した…

下山事件

下山事件(しもやまじけん)とは、日本が連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪、翌日未明に死体となって発見された事件。事件発生…

交通事故で亡くなった家族

警官をしている友人が数年前に体験した話。そいつは高速道路交通警察隊に勤めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。内容を聞くと、一週間前にあった東北自…

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

1988年(昭和63年)3月18日、愛知県名古屋市中川区のアパートに会社員(当時31歳)の男性が帰宅。室内で、妻である臨月の妊婦(当時27歳)が殺され、赤ちゃんが泣き叫んでいる…

一家が失踪した神隠し事件

平成14年9月7日、広島県世羅町京丸の「京丸ダム」の湖底に車が転落しているのを通行人が発見し、警察に通報した。車内からは四人の遺体が見つかり、遺体は昨年6月4日から一家4人で行…

北関東連続幼女誘拐殺人事件

1979年以降、4件の女児誘拐殺人事件と関連が疑われる1件の女児連れ去り事件(失踪事件)が栃木県と群馬県の県境、半径20キロ以内で発生しており、これら5事件まとめて「北関東連続幼女誘拐…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…

松川事件

松川事件

松川事件は、1949年(昭和24年)に福島県の日本国有鉄道(国鉄)東北本線で起きた列車往来妨害事件。「下山事件」「三鷹事件」と並び、第二次世界大戦後の「国鉄三大ミステリー事件」…

長岡京殺人事件

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦2人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見…

赤城神社主婦失踪事件

1998年5月3日、千葉県白井市の主婦志塚法子さん(当時48歳)は、家族(夫・娘・孫・叔父・叔母・義母)と群馬県宮城村三夜沢の赤城神社までツツジ見物に訪れていた。あいにくの雨の…