西安義行さん失踪事件

公開日: 未解決事件

disappearance

1987年3月15日、兵庫県丹波市の自宅から、西安さんは高校時代の友人Sさんとドライブに出かけた。2人は京都・舞鶴へ向かった。

Sさんは運転免許を取りたてだったので、西安さんが運転した。

「海を見て、食事をして帰った。変わったことはありませんでした」とSさん。

夕方、京都府綾部市の綾部駅近くで、西安さんは「列車で帰る」と車を降りた。

西安さんは約一時間後「無事着いたか」と、春日町のSさん宅に電話している。

それが、西安さんの消息の最後となった。

それから、不可解な出来事が起きるようになる。

最初は87年5月。母の久子さん(68)が電話を取ると、小さな声が漏れてきた。「僕、学校の横」と聞こえた。震える声の主は息子と思えた。「義行やろ」 声をかけると、電話は切れた。

93年3月ごろの電話は、女児がたどたどしく「歌うから聞いて」と告げた。「明かりをつけましょ、ぼんぼりに…」。ふと思いつき久子さんは問うた。「あんた、義行の子か?」 ・・・返事はなかった。

98年、今度は来訪者があった。集落の区長の男性宅に、地下足袋を履いた男二人が現れ「西安義行さんの両親の家はどこか」と尋ねた。今は亡き区長によると、二人は「西安さんが結婚する相手の近所の者」と名乗ったという。

さらに昨年11月、女の子が「圭子さんはおられますか」と電話してきた。留守を告げると、電話は切れた。

悪魔の詩訳者殺人事件

1991年7月11日、筑波大学助教授の五十嵐一が大学のエレベーターホールで刺殺され、翌日7月12日に発見された。現場からO型の血痕(被害者の血液型ではないため、犯人の血液型とさ…

琵琶湖バラバラ殺人事件

琵琶湖バラバラ殺人事件とは、2008年5月17日早朝から6月23日にかけて、滋賀県近江八幡市の琵琶湖で発生した殺人・死体損壊事件である。被害者の身元確認、犯人特定・逮捕まで至っ…

熊取町若者七人連続怪死事件

1992年6月から7月にかけて、大阪府熊取町で17歳から22歳の若者が連続して自殺、変死するということがあった。1週間ごとに、それも決まって水曜日か木曜日に自殺するというミステ…

交通事故で亡くなった家族

警官をしている友人が数年前に体験した話。そいつは高速道路交通警察隊に勤めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。内容を聞くと、一週間前にあった東北自…

王将社長射殺事件

2013年12月19日に王将フードサービスの当時の社長である大東隆行が射殺された。2014年12月現在でも犯人特定・犯人逮捕には至っておらず、未解決事件となっている。事…

青ゲット(毛布)男殺人事件

事件のあらまし明治39年2月11日の午後9時頃のことである。吹雪の中をO町にある「橋田時助商店」に一人の男が訪れ、同店の番頭高木昭一(当時30歳)に面会を求めてきた。 …

三鷹事件

三鷹事件は、1949年(昭和24年)7月15日に日本・東京都北多摩郡三鷹町(現・三鷹市)と、武蔵野市にまたがる日本国有鉄道中央本線三鷹駅構内で起きた無人列車暴走事件。同時期に起…

赤城神社主婦失踪事件

1998年5月3日、千葉県白井市の主婦志塚法子さん(当時48歳)は、家族(夫・娘・孫・叔父・叔母・義母)と群馬県宮城村三夜沢の赤城神社までツツジ見物に訪れていた。あいにくの雨の…

トラック

不可解な事件

ある探偵事務所のYさんから聞いた、行方不明者に関する未解決事件の話です。行方不明の男性は長距離トラックの運転手でした。ある日、その男性はトラックで青森の方の高速を走り、…

長岡京殺人事件

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦2人が、仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見…