テープレコーダー

5590672018_056d1ceea1_b

これは友人から聞いた話。

ある男が一人で登山に出かけたまま行方不明になった。

3年後、湿地帯でその男の遺骨が発見され遺留品も回収されたが、その中には一つのテープレコーダーがあった。

テープには大声で助けを求める男の声が録音されていた。

男はどうやら何か怪我をして、動けなくなったらしかった。

テープの事はマスコミにも公表されたが、遺族も警察関係者も公表を控えていた部分があった。

そのテープには助けを求めるメッセージとは違うものも録音されていた。

何かに非常に怯えた男の声だった。

どうやら夜に何かが起こっているようだった。

男は必死にテープに向かって口述している。

一日目

夜になると人の声がする…。

呼ぶ声がする…。

こんな夜中に誰もいないところに…。

だれもいないのに…

二日目

たすけて…。

声がする。

夜になるとあいつがやってくる…。

暗闇から呼んでいる…。

昨日より近くなっている…。

おそろしいよ…。

おねがい、たすけて…。

とてもこわい、とても…。

だれかたすけて…

三日目

近くまで来ている…。

たすけて…。

人が…ヒッ…。

…こわい…。

近くまで来ている…。

おねがい、たすけて…。

おねがい、おねがい。

よぶ…だれも…。

ひ…あいつ…ちか…こわいよ…たす…。

すぐそばまで…たすけ…。

こえが…。

おねがい、…た…て

テープはそこで切れている。

それ以後、男はテープに何も録音していない。

警察はこのテープを詳しく分析した。

テープはずっとその男の声だけで、他の怪しい物音は入っていなかった。

しかし、三日目のテープが最後に切れるところで、これまでとは違う音が録音されていた。

その事に関して、分析家も理解不能だった。

それは、遭難した男の声とは違う、別の人間の声だった。

レコーダーのすぐそばで発せられている。

耳元でささやかれたかのように、はっきりと。

オイ

富士川(フリー写真)

お下がり

俺の家は昔とても貧乏で、欲しい物なんか何一つ買ってもらえなかった。着ている服は近所の子供のお下がりだったし、おやつは氷砂糖だけだった。そんな俺でも、義務教育だけはちゃん…

目

あの目(長編)

夏休みの少し前くらいの出来事。俺と友人のA、Bが、夏休み中にN県の山奥へキャンプへ行こうと話していると、それを聞いていた留学生2人が「一緒に連れて行って欲しい」と声をかけてきた…

人間の闇

新婚の頃、旦那のお祖母さんの妹の家に挨拶に行った。古い大きな家だった。その時は玄関で挨拶して帰っただけだったが、テレビの音が凄いボリュームだったのが妙に印象に残った。そ…

蛇

ナール・ナーシュ

これは現在進行中の話。一応自己責任系に入るかもしれないので、読む方はその点ご了承の上でお願いします。7~8年前、自分はパワーストーンに嵌っていて、色々集めていました。集…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

死を恐れる男

ある村に、死を異常に恐れる男がいた。特に男が恐れていたのは「自分が埋葬された後に、棺の中で息を吹き返してしまうのでは?」というものであった。その男が病気の床にあるとき、…

33年間

1783年(天明3年)、浅間山は大噴火した。噴煙は、上空1万メートルにまで達し、その時に流れ出た溶岩流は、付近の村々をあっというまに覆い尽くし、約1200人もの命が失われた。 …

リョウメンスクナ

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することになったんだわ。今は利用者もないお寺ね。それでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。「ちょっと…

磨りガラス(フリー素材)

ガラス戸の向こう

この事件が起きるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から十二年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越すことになった。その部屋は会社が用意したもので、…

学校(フリー背景素材)

お守りばばあ

俺が小学生だった頃、地元に有名な変人の婆さんが居た。渾名は『お守りばばあ』。お守りばばあは、俺が通っていた小学校の正門前に、夕方頃になるといつも立っていた。お守りばばあ…