テープレコーダー

5590672018_056d1ceea1_b

これは友人から聞いた話。

ある男が一人で登山に出かけたまま行方不明になった。

3年後、湿地帯でその男の遺骨が発見され遺留品も回収されたが、その中には一つのテープレコーダーがあった。

テープには大声で助けを求める男の声が録音されていた。

男はどうやら何か怪我をして、動けなくなったらしかった。

テープの事はマスコミにも公表されたが、遺族も警察関係者も公表を控えていた部分があった。

そのテープには助けを求めるメッセージとは違うものも録音されていた。

何かに非常に怯えた男の声だった。

どうやら夜に何かが起こっているようだった。

男は必死にテープに向かって口述している。

一日目

夜になると人の声がする…。

呼ぶ声がする…。

こんな夜中に誰もいないところに…。

だれもいないのに…

二日目

たすけて…。

声がする。

夜になるとあいつがやってくる…。

暗闇から呼んでいる…。

昨日より近くなっている…。

おそろしいよ…。

おねがい、たすけて…。

とてもこわい、とても…。

だれかたすけて…

三日目

近くまで来ている…。

たすけて…。

人が…ヒッ…。

…こわい…。

近くまで来ている…。

おねがい、たすけて…。

おねがい、おねがい。

よぶ…だれも…。

ひ…あいつ…ちか…こわいよ…たす…。

すぐそばまで…たすけ…。

こえが…。

おねがい、…た…て

テープはそこで切れている。

それ以後、男はテープに何も録音していない。

警察はこのテープを詳しく分析した。

テープはずっとその男の声だけで、他の怪しい物音は入っていなかった。

しかし、三日目のテープが最後に切れるところで、これまでとは違う音が録音されていた。

その事に関して、分析家も理解不能だった。

それは、遭難した男の声とは違う、別の人間の声だった。

レコーダーのすぐそばで発せられている。

耳元でささやかれたかのように、はっきりと。

オイ

関連記事

森の小屋(フリー写真)

牛の森

俺の地元に『牛の森』と呼ばれる森がある。森から牛の鳴き声が聞こえるのでそう呼ばれている。聞こえると言われている、とかそういうレベルじゃない。本当に聞こえる。俺自…

石段

黒い鳥居

これからするお話は、今から20年以上前、僕が中学生の時の話です。当時の僕は悪い先輩達と付き合いがあり、暴走やタバコ、シンナー等、不良っぽい事をして意気がる田舎ヤンキーでした。 …

自首した理由

俺の親戚に元刑務官って人がいる。その人が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。そんな叔父は時間があれば…

霧の出た山(フリー写真)

首狩地蔵

私の母が通っていた中学校の近くには『首狩地蔵』と呼ばれるお地蔵様があるそうです。そのお地蔵様は藪の奥まった所にあって、近付くと祟りがあると言われているそうです。実際、お…

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…

土地にまつわる因縁話

知り合いの霊能力がある人の話。普通、霊能者と言えば厳かな感じの人が多いというイメージがあるんだが、知り合いの人はそこら辺にいそうな、筋トレ好きな体育会系のおっさんなのよね。 …

介護の闇

家には痴呆になった祖母がいる。父方の祖母だが、痴呆になる前も後も母とは仲が良く、まめに面倒を見ている。これは年末の深夜の話。祖母の部屋から、何やらぼそぼそと呟く…

幽霊ってさ、通り魔みたいに理不尽な存在だと思うんだ

霊ってどんなものかその時まで知らなかったけど、通り魔みたいに理不尽な存在だと思う。10年くらい前に日本全国をブラブラ旅歩いていたときの話。T県のとある海鮮料理を出すお店…

滝壺(ゆんフリー素材)

好きだった叔父さん

小学生の頃、家に叔父さんが居候していた。叔父さんは工場の仕事をクビになり、家賃も払えなくなってアパートを追い出され、毎日やることも無く俺んちでゴロゴロしていた。収入も無…

アパート(フリー写真)

花魁の絵

大学時代の友人の話。彼は大学に合格した後、上京して一人暮らしをするために、近くに良い物件はないかと探していました。ところが条件が良い物件はどこも契約済みで、大学よりか…