空白の友人

マスク(フリーイラスト)

偶に記憶の空白が訪れる。

正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。

まあ、この程度のことはよくある話だし、仕事中や車の運転中になったことはないので、大して気に留めていなかった。

今までは…。

2ヶ月くらい前の休日。暇だしゲーセンでも行くべーと家を出たところまでは覚えていたんだが、気が付くと駅近くのスタバでコーヒーを飲んでいた。

家を出たのが11時頃、我に返った時刻が14時半ぐらいだった。

ちょうど仕事関係でごたごたが続いていた時期でもあったし、「疲れてんなー、俺」ぐらいにしか思わなかった。

翌日会社へ出勤。

同僚の女の子から「昨日の昼頃、駅前のスタバにいたでしょ?」と言われた。

俺「あー、いたかも」

同僚「一緒にいたお友達、結構いい男じゃん。今度紹介してね~」

俺「は?」

同僚「冗談、冗談。でもちょっと本気(笑)。長身・ロンゲでユニセックスって、ちょっと私的にツボだから」

誰それ? 長身? ロンゲ? そんな友人に心当たりはありません。

俺「声かけてくれれば良かったのに」

同僚「いやー、思い出話で盛り上がってるところだったから、邪魔しちゃ悪いかと」

詳しく聞くと、どうやら俺とそいつは近所の川でザリガニ釣りをした時のことやら、駄菓子屋でくじを当てるためにした無駄な努力などについて盛り上がっていたらしい。

同僚が嘘を吐いているとは特に理由がないので思わないが、俺には全くそいつに心当たりはない。

その場は何とかお茶を濁して終わりにしたものの、どうも釈然としない。

そして、今年のGW。連休らしい連休もなかったので、実家に帰らず街をぶらぶらしていたら、また3時間ほど記憶が飛んだ。

今度は行きつけのゲームショップに入ったところから、駅前の噴水で一服していたところまでの記憶がない。

数日後、大学時代からの腐れ縁の友人からの電話。

友人「そーいえばさー。お前この間の5日に○○駅前にいただろ?」

俺「いたけど?」

友人「いやー、そん時のお前のツレな、すらっとした長身でロングヘアだったから、俺思わず『Y(俺のこと)のヤツ、モデルの彼女でもできたんかー!』とびっくりしちまったけど、よく見たら男だったから安心しちゃったよ(笑)」

俺「……(汗)」

風貌などを聞くと、どうやら先の人物と同一のようだ。

でも、俺には全く心当たりがないんです。

小学校時代のアルバムを引っ張り出してきて、仲の良かった子などを思い出してみたけど、該当者が思い当たらない。

お前は誰なんだよう。

関連記事

何で戻ってくるんだ

3年程前の話。私は今でも、バイク好きで乗ってるんですけど、3年前は俗に言われる走り屋って奴だったんです。 その時行ってた峠の近くに湖があって、そこに大きな橋がかかってるんです。 …

三宅太鼓(フリー写真)

三宅木遣り太鼓

八月初旬。 夜中に我が家の次男坊(15歳)がリビングでいきなり歌い出し、私も主人も長男(17歳)もびっくりして飛び起きました。 主人が「コラ!夜中だぞ!!」と言い、電気を点…

雪(フリー写真)

片道の足跡

北海道は札幌に有名な心霊スポットの滝がある。 夏場などは、夜中なのに必ずと言って良いほど駐車場に車が数台停めてあって、若い声がきゃーきゃー言っているような有名な場所。 ※ 当…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。 婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

犬(フリーイラスト)

じじ犬との会話

ウチのじじ犬オンリーだけど、俺は夢で犬と会話できるっぽい。 じじ犬と同じ部屋で寝ていると、大抵じじ犬と喋っている気がする。 「若いの、女はまだ出来んのか?」 「うるさ…

餓鬼魂

もう30年程前になるか、自分が小学生の頃の話。 当時の千葉県は鉄道や主要街道から少し奥に入ると、普通に林が広がっていた。 市内にはそう広くない林が点在し、しかも民家から距離…

ゴムまり持った女の子

私がまだ花の女子大生だった頃のお話です。 私の学科用の校舎は新設されたばかりでまだぴかぴか。最上階には視聴覚設備用の特別教室があり、その上にパイプスペース用の小部屋だけがある階が…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。 母に言ったら、 「じいちゃん帰って来たんだね」 と言われた。 ※ それから10年。 10年も経ってから、 「実…

霧のかかる山(フリー写真)

酒の神様

去年の今頃の時期に結婚して、彼女の実家の近くのアパートに住んでいる。 市内にある俺の実家から離れた郡部で、町の真ん中に一本国道が通っており、その道を境に川側と山側に分かれている。…

霧島駅

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。 体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。 田舎と言って…