空白の友人

マスク(フリーイラスト)

偶に記憶の空白が訪れる。

正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。

まあ、この程度のことはよくある話だし、仕事中や車の運転中になったことはないので、大して気に留めていなかった。

今までは…。

2ヶ月くらい前の休日。暇だしゲーセンでも行くべーと家を出たところまでは覚えていたんだが、気が付くと駅近くのスタバでコーヒーを飲んでいた。

家を出たのが11時頃、我に返った時刻が14時半ぐらいだった。

ちょうど仕事関係でごたごたが続いていた時期でもあったし、「疲れてんなー、俺」ぐらいにしか思わなかった。

翌日会社へ出勤。

同僚の女の子から「昨日の昼頃、駅前のスタバにいたでしょ?」と言われた。

俺「あー、いたかも」

同僚「一緒にいたお友達、結構いい男じゃん。今度紹介してね~」

俺「は?」

同僚「冗談、冗談。でもちょっと本気(笑)。長身・ロンゲでユニセックスって、ちょっと私的にツボだから」

誰それ? 長身? ロンゲ? そんな友人に心当たりはありません。

俺「声かけてくれれば良かったのに」

同僚「いやー、思い出話で盛り上がってるところだったから、邪魔しちゃ悪いかと」

詳しく聞くと、どうやら俺とそいつは近所の川でザリガニ釣りをした時のことやら、駄菓子屋でくじを当てるためにした無駄な努力などについて盛り上がっていたらしい。

同僚が嘘を吐いているとは特に理由がないので思わないが、俺には全くそいつに心当たりはない。

その場は何とかお茶を濁して終わりにしたものの、どうも釈然としない。

そして、今年のGW。連休らしい連休もなかったので、実家に帰らず街をぶらぶらしていたら、また3時間ほど記憶が飛んだ。

今度は行きつけのゲームショップに入ったところから、駅前の噴水で一服していたところまでの記憶がない。

数日後、大学時代からの腐れ縁の友人からの電話。

友人「そーいえばさー。お前この間の5日に○○駅前にいただろ?」

俺「いたけど?」

友人「いやー、そん時のお前のツレな、すらっとした長身でロングヘアだったから、俺思わず『Y(俺のこと)のヤツ、モデルの彼女でもできたんかー!』とびっくりしちまったけど、よく見たら男だったから安心しちゃったよ(笑)」

俺「……(汗)」

風貌などを聞くと、どうやら先の人物と同一のようだ。

でも、俺には全く心当たりがないんです。

小学校時代のアルバムを引っ張り出してきて、仲の良かった子などを思い出してみたけど、該当者が思い当たらない。

お前は誰なんだよう。

関連記事

呼び寄せられた仲間

僕が大学生のころ。あれは確か昭和63年12月の出来事でした。 同じ高校の友達と2人で神戸三宮に出ていたら、別の高校卒業以来の友達と出くわした。 「おお、久々じゃないか」となって…

木造校舎

青い手首

ネタではありません。実際の体験談です。 世田谷区立某小学校での出来事。 ※ 入学して1年間は、戦前からある古い木造校舎で過ごしました。 2年生になった頃に木造校舎の建て…

糸と縫い針(フリー写真)

祖母の糸切りばさみ

20年程前の話。田舎で祖母が亡くなった時のこと。 母方の実家は地元では名士で、医者でも教師でもないのに、祖父は周りから先生と呼ばれていた。 そういう人なので、あちこちに愛人…

時が止まる場所

昔ウチの近所に結構有名な墓地があって…。 当時俺は、よく友達と近所の大きな公園で、自転車を使った鬼ごっこをしてたんだ。 ある日、リーダー格の友人Aの意見で、公園内だけではつ…

満月(フリー画像)

天狗

35年前くらいの事かな。俺がまだ7歳の時の話。 俺は兄貴と2階の同じ部屋に寝ていて、親は一階で寝ていた。 その頃は夜21時頃には就寝していたんだけど、その日は何だか凄く静か…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。 これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

高校の頃の同級生、Aちゃんにまつわるほんのり話。 自分で言うのもなんだが、母校は地元でも有名な進学校。 女性担任が成績の良い生徒には優しく、悪い生徒には冷たい典型的な学歴コ…

もう5、6年前かな?確か秋も過ぎて12月だかそんくらいの時期。 前日に早く寝たから、その日はやたらと早く目が覚めたのよ。 だいたい日の出の直後くらいだったと思う。起きたとい…

胎内の記憶

5才くらいの頃の体験なんだけど、白装束かローブのようなものを着た、髭もじゃの外国人のおじさんの家によく遊びに行っていた。 それが夢なのか実際に行っていたのかはよく分からない。 …

時間

時を超えた電話

高校の時に母から、 「昨日、お前から電話がかかってきた。○○(住んでいるところ)にもうすぐ到着するという電話だった。声は確かにお前だった」 と言われた事があった。 そ…