空白の友人

マスク(フリーイラスト)

偶に記憶の空白が訪れる。

正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。

まあ、この程度のことはよくある話だし、仕事中や車の運転中になったことはないので、大して気に留めていなかった。

今までは…。

2ヶ月くらい前の休日。暇だしゲーセンでも行くべーと家を出たところまでは覚えていたんだが、気が付くと駅近くのスタバでコーヒーを飲んでいた。

家を出たのが11時頃、我に返った時刻が14時半ぐらいだった。

ちょうど仕事関係でごたごたが続いていた時期でもあったし、「疲れてんなー、俺」ぐらいにしか思わなかった。

翌日会社へ出勤。

同僚の女の子から「昨日の昼頃、駅前のスタバにいたでしょ?」と言われた。

俺「あー、いたかも」

同僚「一緒にいたお友達、結構いい男じゃん。今度紹介してね~」

俺「は?」

同僚「冗談、冗談。でもちょっと本気(笑)。長身・ロンゲでユニセックスって、ちょっと私的にツボだから」

誰それ? 長身? ロンゲ? そんな友人に心当たりはありません。

俺「声かけてくれれば良かったのに」

同僚「いやー、思い出話で盛り上がってるところだったから、邪魔しちゃ悪いかと」

詳しく聞くと、どうやら俺とそいつは近所の川でザリガニ釣りをした時のことやら、駄菓子屋でくじを当てるためにした無駄な努力などについて盛り上がっていたらしい。

同僚が嘘を吐いているとは特に理由がないので思わないが、俺には全くそいつに心当たりはない。

その場は何とかお茶を濁して終わりにしたものの、どうも釈然としない。

そして、今年のGW。連休らしい連休もなかったので、実家に帰らず街をぶらぶらしていたら、また3時間ほど記憶が飛んだ。

今度は行きつけのゲームショップに入ったところから、駅前の噴水で一服していたところまでの記憶がない。

数日後、大学時代からの腐れ縁の友人からの電話。

友人「そーいえばさー。お前この間の5日に○○駅前にいただろ?」

俺「いたけど?」

友人「いやー、そん時のお前のツレな、すらっとした長身でロングヘアだったから、俺思わず『Y(俺のこと)のヤツ、モデルの彼女でもできたんかー!』とびっくりしちまったけど、よく見たら男だったから安心しちゃったよ(笑)」

俺「……(汗)」

風貌などを聞くと、どうやら先の人物と同一のようだ。

でも、俺には全く心当たりがないんです。

小学校時代のアルバムを引っ張り出してきて、仲の良かった子などを思い出してみたけど、該当者が思い当たらない。

お前は誰なんだよう。

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

田所君

小学生のころ同級生だった田所君(仮名)の話。田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。学校の図書館を「根城」…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

んーーーー

現在も住んでいる自宅での話。今私が住んでいる場所は特にいわくも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので、この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。 …

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

亡くなったはずの役者さん

私は昔、ある役者さんの熱狂的なファンでした。その役者さんが出ている作品を全て見る事は勿論、雑誌を買い集めたりと、私の生活は彼と共にありました。しかし役者さんは、ある日病…

渓流(フリー写真)

一人で泳ぐ男の子

去年の梅雨の終わり頃、白石川に渓流釣りに行った時の事。午前4時くらいに現地に到着し準備を終え、さあ川に入ろうとした時に、川の方から子供の声が聞こえるんです。薄明るくなり…

公園(フリー素材)

視える子

7歳の長男の話です。長男は所謂『視える子』らしいのですが、彼から聞き出す話のことごとくが、一般的な霊感体験談からズレていて興味深いのです。長い髪の女や不思議な子どもな…

秘密

小学四年生の時の話。当時、俺は団地に住んでいた。団地と言っても地名が○○団地というだけで、貸家が集合している訳じゃなく、みんな一戸建てに住んでいるような所だった。既に高…

星を見る少女

夜、アパートに住んでいる青年がふと外を見ると、向かいのアパートのベランダに人がいる。背格好からすると少女だろうか。少女はどうやら、空を見上げているらしかった。なんとなく…