サイパンに残された日本兵

サイパン(フリー画像)

十数年前の「人事院月報」という、国のお堅い雑誌の読者欄に何故かあった話。

少し怖かったので今でも覚えています。大体下記のような内容でした。

夏休み、一家でサイパンを訪れた。

深夜に家族揃ってホテルで寝ていたら、いきなり電話が掛かってきた。

寝ぼけ眼で受話器を取ると、男性の声で

「○○さんですか?」

と尋ねてきた。

「いいえ、違います…」

と応えると電話は切れたが、少し経った頃にまた電話が掛かってきた。

同じ人がまた、

「○さんは居ませんか?」

と言うので、

「違いますっ!」

と言って電話を切った。

全くこんな夜中に一体何事だ…と不愉快になった。

でも旦那も子供も電話には不思議と気付かず、すやすや寝ている。

その時、ふとベッドサイドに気配を感じて振り向いた。

するとそこには兵隊姿の男性が立っていた。

それを見て気が動転し、声も出ない。

日本兵はじっとこちらの方を見つめ、テレパシーのように声は使わず心に直接語り掛けてきた。

「自分は……という者だ。○○さんを探している。どこに居るか知らないか?」

「いえ、知りません…」

と念ずるように伝えると、驚いたことにまた心に返してくる。

「○○さんが、自分を日本に帰してくれると約束してくれた。どうしても探したい」

私は震えながら、

「自分はその人を知らないし、申し訳ないが何も判らない」

と言った。

すると、

「どうしても日本に帰りたい。自分だけじゃなく、皆そうだ」

と言い、窓の外を見ると無数の日本兵の姿が…。

ここで「ぎゃぁー」と悲鳴を上げたら、それらの姿はさーっと消えた。

その叫び声で家族が目を覚ました。

やはり家族は電話のことなど何も気付いていないようだった。

翌朝ホテルに文句を言ったが、「そんなのよくある話だ」と取り合ってくれない。

帰国後、何かの手掛かりがあればと、日本兵の名前を調べてみたが詳しいことは判らなかった。

それにしても何故、それまで霊体験も一切無かった自分のところに出てきたのかは不明です。

皆さん、特にこれからの季節に南の島々で浮かれ遊ぶのは、亡き兵隊さん達のことを想い慎みましょう。

関連記事

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。 と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

黒いモノ

2年前の話をします。 当時は高校二年生で父と母が色々揉めて離婚に差し掛かってるところだった。 父は酒癖が悪いけど一応仕事はちゃんとやっていたし、どちらかというと頭がよく回転…

ベンチに座る女

僕が中学生の頃の実体験。 当時、僕はその辺りでは一番大きなマンションの7階に住んでいました。 受験を控え、一応は深夜まで勉強する事が多かった僕は、2時頃から3時頃までの間に…

見つけて…、お願い…

これはもう25年以上も前ですが、実際に体験した話です。 元々ある場所に起因する話なのですが、当時私が高校2年から3年へ上がる春休み中に、その事は起こりました。 そのある場所…

学校(フリー写真)

霊感教師と霊感生徒

俺の母は小学校の教師をしている。 霊感があり、赴任先によっては肉体的にかなりキツかったらしい。 ※ 10年前に4年生のクラスを担任した時、かなりの霊感を持つ女生徒Aと出会った…

話しかけてきた人影

私の祖母は、亡くなるまでに何度もこの話をしていた。それは、私の父がまだ赤ん坊だったときのこと。 ロンドンが空襲に遭い、住む家を破壊されてしまった祖母は、友人の家に身を寄せることに…

病院で会ったお婆さん

この話は実話です。私自身も体験したことなのですが、当時は何も気付きませんでした。 ※ それは私がまだ幼い頃です。記憶は曖昧なのですが、確か妹がまだ赤子だったので、私は小学生の低学年…

人身事故

6月の中旬頃の話。 当時俺はバイクを買ったばかりで、大学が終わるとしょっちゅう一人でバイクに乗ってあちこちを走り回っていた。 その日も特にする事がなかったので、次の日が休み…

ビル(フリー画像)

やっぱり連れて行かれたんだな…

この話は私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。 そのビルは警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いて…

霊感テスト

自分自身に霊感が備わっていながら、それに気が付いていない人も意外と多い。 あなたには霊感があるだろうか?今回はそんな霊感をチェックするための簡単なテストをご紹介しよう。 は…