サイパンに残された日本兵

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

サイパン(フリー画像)

十数年前の「人事院月報」という、国のお堅い雑誌の読者欄に何故かあった話。

少し怖かったので今でも覚えています。大体下記のような内容でした。

夏休み、一家でサイパンを訪れた。

深夜に家族揃ってホテルで寝ていたら、いきなり電話が掛かってきた。

寝ぼけ眼で受話器を取ると、男性の声で

「○○さんですか?」

と尋ねてきた。

「いいえ、違います…」

と応えると電話は切れたが、少し経った頃にまた電話が掛かってきた。

同じ人がまた、

「○さんは居ませんか?」

と言うので、

「違いますっ!」

と言って電話を切った。

全くこんな夜中に一体何事だ…と不愉快になった。

でも旦那も子供も電話には不思議と気付かず、すやすや寝ている。

その時、ふとベッドサイドに気配を感じて振り向いた。

するとそこには兵隊姿の男性が立っていた。

それを見て気が動転し、声も出ない。

日本兵はじっとこちらの方を見つめ、テレパシーのように声は使わず心に直接語り掛けてきた。

「自分は……という者だ。○○さんを探している。どこに居るか知らないか?」

「いえ、知りません…」

と念ずるように伝えると、驚いたことにまた心に返してくる。

「○○さんが、自分を日本に帰してくれると約束してくれた。どうしても探したい」

私は震えながら、

「自分はその人を知らないし、申し訳ないが何も判らない」

と言った。

すると、

「どうしても日本に帰りたい。自分だけじゃなく、皆そうだ」

と言い、窓の外を見ると無数の日本兵の姿が…。

ここで「ぎゃぁー」と悲鳴を上げたら、それらの姿はさーっと消えた。

その叫び声で家族が目を覚ました。

やはり家族は電話のことなど何も気付いていないようだった。

翌朝ホテルに文句を言ったが、「そんなのよくある話だ」と取り合ってくれない。

帰国後、何かの手掛かりがあればと、日本兵の名前を調べてみたが詳しいことは判らなかった。

それにしても何故、それまで霊体験も一切無かった自分のところに出てきたのかは不明です。

皆さん、特にこれからの季節に南の島々で浮かれ遊ぶのは、亡き兵隊さん達のことを想い慎みましょう。

パワーショベル

3人だけの秘密

この話は今から約20年前、私がまだ中学生だった頃の出来事です。 夏休みも後1週間程となった8月の終わり。ろくに宿題も終わっていないにも関わらず、友人2人と近所の市営プールに遊びに…

病室(フリー素材)

優しい声

これは俺が中学生の時の体験です。 恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。 ※ 中学二年の二学期に急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったので…

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。 当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。 自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…

夜の山

霊感のある女性

あれは去年の秋頃だったと思います。 夕暮れ時、近所に買い物に出た私はふと、その日がいつも買っている雑誌の発売日だったことを思い出し、本屋へと足を向けました。 本屋はスーパ…

妹を守るために

これは知り合いの女性から聞いたマジで洒落にならない話です。一部変更してありますが、殆ど実話です。 その女性(24歳)と非常に仲の良いA子が話してくれたそうです。 A子には3…

初めて見た霊

俺が中学の時の話。 麻雀を覚えたての頃で、仲の良い友達3人(A・B・C)と学校が終わってはAの家に集まり麻雀をやっていた。 Aの部屋は離れにあり、親などに特にうるさくされず…

雪山(フリー写真)

鎖で封印された祠

『牛の首』という江戸時代から伝わる怪談があるが、俺の田舎にもそれに類する伝説があった。 標高200メートルくらいの山があった。山と言うより、丘に近い感じだ。 地元の人たちは…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。 その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。 目的のエリアに着いて『…

前世

僕が15才だったとき、3才の妹が洗面台に置いてあった緑色の除光液を、マウスウォッシュだと間違えて飲んでしまったんだ。 すぐに近所の薬局の人に、誤飲用の薬を持ってきてもらって、妹に…

星空の下(フリー写真)

白く光る顔

数年前、とある湖畔で朝釣りのためにキャンプをしていた時のこと。 夜中の焚き火中に、 「たすけてえええ!だれかあ!」 と女性の声が湖の方から聞こえて来て、そちらに目をや…