サイパンに残された日本兵

サイパン(フリー画像)

十数年前の「人事院月報」という、国のお堅い雑誌の読者欄に何故かあった話。

少し怖かったので今でも覚えています。大体下記のような内容でした。

夏休み、一家でサイパンを訪れた。

深夜に家族揃ってホテルで寝ていたら、いきなり電話が掛かってきた。

寝ぼけ眼で受話器を取ると、男性の声で

「○○さんですか?」

と尋ねてきた。

「いいえ、違います…」

と応えると電話は切れたが、少し経った頃にまた電話が掛かってきた。

同じ人がまた、

「○さんは居ませんか?」

と言うので、

「違いますっ!」

と言って電話を切った。

全くこんな夜中に一体何事だ…と不愉快になった。

でも旦那も子供も電話には不思議と気付かず、すやすや寝ている。

その時、ふとベッドサイドに気配を感じて振り向いた。

するとそこには兵隊姿の男性が立っていた。

それを見て気が動転し、声も出ない。

日本兵はじっとこちらの方を見つめ、テレパシーのように声は使わず心に直接語り掛けてきた。

「自分は……という者だ。○○さんを探している。どこに居るか知らないか?」

「いえ、知りません…」

と念ずるように伝えると、驚いたことにまた心に返してくる。

「○○さんが、自分を日本に帰してくれると約束してくれた。どうしても探したい」

私は震えながら、

「自分はその人を知らないし、申し訳ないが何も判らない」

と言った。

すると、

「どうしても日本に帰りたい。自分だけじゃなく、皆そうだ」

と言い、窓の外を見ると無数の日本兵の姿が…。

ここで「ぎゃぁー」と悲鳴を上げたら、それらの姿はさーっと消えた。

その叫び声で家族が目を覚ました。

やはり家族は電話のことなど何も気付いていないようだった。

翌朝ホテルに文句を言ったが、「そんなのよくある話だ」と取り合ってくれない。

帰国後、何かの手掛かりがあればと、日本兵の名前を調べてみたが詳しいことは判らなかった。

それにしても何故、それまで霊体験も一切無かった自分のところに出てきたのかは不明です。

皆さん、特にこれからの季節に南の島々で浮かれ遊ぶのは、亡き兵隊さん達のことを想い慎みましょう。

関連記事

居座る住居人

会社員だった頃は不動産会社に勤めていたので、こういう話は割と日常茶飯事でした。会社で買った中古住宅を解体していたら白骨が出てきたりとか、競売で落とした物件の立ち退き交渉に行った…

死者からの着信

実際の体験談を書きます。友人(H)が自殺をした時の話。Hとは高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人…

夜の池(フリー写真)

夜釣りでの恐怖体験

友人から聞いた話。彼がヘラブナ釣りに嵌まり始めた頃のこと。夜中に無性に竿が振りたくなり、山奥のため池へ出掛けたのだという。餌の準備をしていると、向こう岸に誰かが…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

カラオケボックス

カラオケ嫌い

佐野さんは大のカラオケ嫌いだ。飲み会の流れで「カラオケ」という単語が出るだけでこっそり姿を消す程の。「高校の時までは行ったんですよ。わーわー皆で歌うのが楽しかった。ブルーハーツ…

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

田舎の夜(フリー素材)

鏡に写る幽霊

僕は現在、建築関係の仕事をしています。主にシステムバスの施工職人をしていて、大体一日で作業を終了しないといけないため、夜遅くまで仕事をすることが多々あります。これは僕が…

高田馬場のアパート

7年前の話。大学入学で上京し、高田馬場近辺にアパートを借りて住んでいた。アパートは築20年くらいで古かったけど、6畳の和室と、襖を挟んで4.5畳くらいのキッチンがあると…

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。「うぉっ、時刻表よ…