Qualeは物質に干渉する

公開日: 不思議な体験

Mysterious-Steampunk-Gentleman

僕は東京の杉並区に住んでいます。今は恥ずかしながらフリーターです。

昨日は友人四人と駅近くの居酒屋で飲み、ほろ酔いで自宅まで帰っていました。駅から自宅までは歩いて10分ほどです。

その途中にコンビニがあるんですが、お酒のせいで喉も渇いていたし、煙草も切れていたので、寄ることにしました。

缶コーヒーと煙草を二箱買って店を出ると、とても雨が強くなっていました。

雨宿りがてら煙草に火をつけ、コンビニの軒下で雨足が弱くなるのを待っていました。

コーヒーを飲みつつ、二本目の煙草に火をつけたときでした。

隣にいつの間にか上品なおじさんが立っていて、僕のほうをじっとみています。

カーキ色のスーツにノータイ。なかなかのロマンスグレーです。

なんだろうと思いつつも気にしないようにしていましたが、一度意識してしまうと、どうしても視線が気になってしまいます。

知っている人かな?とも思いましたが、顔や雰囲気に見覚えは全くありません。

ちらちらと様子を見ていると、その男性が会釈をしたので、思わず会釈し返しました。

「雨が強いですね」

「ですね。台風のせいでしょうね」

最初は二言三言こんなふうに始まりましたが、気がつくと結構しゃべりこんでいました。

その人の話し方がまた上手いんです。

なんていうんだろう…警戒心を和らげるような口調と声質っていうのかな。

自分の身の上というか近況なんかを、知らず知らずのうちベラベラと話してました。

両親とは中学生の頃に死別したこと、大学卒業して上京してきたこと、就職先でトラブルがあり退職したこと、今はフリーターをしながら、大学院に入りなおすために勉強していること。

ほとんど僕が話していた気がします。

男性は絶妙な相槌を打ったり「そうなんですか」と興味深く聞いてくれたりしてたのがとても嬉しくて、話しながら何故か胸が熱くなり、最後の方は鼻声になってしまいました。

僕はいつも自分のことを孤独だと思っていました。たとえば親友と会っている時も、彼女がいた時も、心の奥底では、自分は独りなんだという気持ちを完全に拭い去ることが出来ませんでした。

両親に置いていかれたんだと、心のどこかでまだ思っていたのかもしれません。

そんなことを、初めて出会った見知らぬ人に話している自分にも驚きますが、黙って聞いていてくれた男性も、今思えば本当に不思議です。

気がつけば一時間くらい、コンビニの軒下で僕たちは話していました。

ふと携帯が鳴り、見ると、さっきまで一緒に飲んでいた友人からの着信でした。

「ちょっと失礼します」と言って電話に出ると、かなり酔っ払った様子で何を言っているか分かりません。

まださっきの店の近くにいることだけはわかったので、タクシーで迎えにいくからと言って切りました。

男性に友人の件を話して「話を聞いてくださってありがとうございました」とお礼を言いました。

男性は「いえいえ、こちらこそ」と、親切にもコンビニのお兄ちゃんに言ってタクシーを呼んでくれました。

前置きが長くなって申し訳ないのですが、実は本題はここからなのです。

タクシーを待っている間(と言っても3分ほどだったのですが)、男性は奇妙なことを僕に言い出しました。

「君はどんなに勉強して試験をパスしても、大学院には戻らないだろう」

「今アルバイトで働いている会社は2年後に無くなる」

「リラはダメだ」

「2009年1月2日13時43分に、杉並区のA神社境内で、ある女性と必ず出会いなさい。茶髪、癖っ毛、長めのショートヘアで、ファー付きのロングコート。茶色のヒールが高いブーツを履いている」

その話の途中でタクシーが着ました。

僕はいきなり言われた色々なことを、整理もできないまま乗り込んだのですが、ドアが閉まる直前、男性は僕の手に紙切れと何かを握らせました。

そして早口で何かを言いましたが、僕には聞き取れませんでした。

紙切れには、先ほどの女性の件と、英語と日本語の混じった文字が書いてありました。

『ネメア』

『Jacob’s Ladder was developed by Causal closure of physics』

『Maryはpaper moonを歌わない』

『主観から始まったものは全ては客観に終わる』

そしてサンプルケースのようなものの中に、ピアスが一対入っていて『Her diva』と書かれた付箋が付いていました。

紙切れの裏側には、

『彼女に会ったら、ピアスを自然な形で渡す。その際に、彼女に自分のことを不審に思われてはいけない。難しいだろうが頑張る必要がある。Qualeは物質に干渉する。2009年1月2日13時43分にA神社で、誰よりも早く彼女に会わなければいけない。つまり彼女がその日話す初めての人物が、君でなくてはいけない。13時43分に遅れてはならない。妹さんは、おじさんとおばさんとうまくやっているが、おばさんは一年後に、精密な検診をうけなければならない。その時には、妹さんと共に必ず実家にいなければならない。2009年のお盆に帰省してはいけない。万が一にも失敗したならば好きにしてよい。君の他に二人いるが、それらは補欠である』

そんなことが書いてありました。

一体なんだったんでしょうか。

一切創作はありません。

関連記事

田舎の風景(フリー写真)

指切り地蔵様

俺の実家の近所に『指切り地蔵様』と呼ばれている地蔵がある。指の部分がちょうど指切りできるように変に曲がっているから『指切り地蔵様』。小さな頃、その地蔵様と指切りをした…

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。親父は意識が朦朧としていたが、…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

赤信号(フリー写真)

ニコニコ

中学生の時の話。当時6歳だった弟と剣道の道場に通っていた時のこと。道場の近くに大きな交差点があるんだけど、そこの横断歩道で信号が赤から青に変わるのを待っていた。…

空(フリー写真)

石屋のバイト

私は二十歳の頃、石屋でバイトをしていました。ある日、お墓へ工事に行くと、隣の墓地に自分の母親くらいのおばさんが居ました。なぜかその人は、私の働く姿を見守るような目で見て…

竹下通りの裏路地

今から5年前、当時付き合っていた彼女と竹下通りへ買い物に出掛けました。祭日だったと記憶しています。どこを見ても若者だらけで、快晴の空の下、人混みを避けながら買い物を楽しんでいま…

人形釣った

俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院を繰り返した挙句会社をクビにされた。これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

マスク(フリーイラスト)

空白の友人

偶に記憶の空白が訪れる。正確に言うと、「気付いたらいつの間にか数時間が経過していた。そして、ついさっきまで自分が何をしていたのかが判らない」というものなんだけど。まあ、…