最強の姉

product-hugerect-14404-1052-1328719047-fc7ebe6d2bcef4fba540c284d43fccd7

一年前から一人暮らしを始めて以来、不眠症が酷くなった。

数ヶ月前に姉が遊びに来て、「へー…ここ住んでるんだ。そうかそうかなるほどね」と変な言葉を残して帰って行った。

霊とか一度も口にした事がない姉だけど、この人はとにかく勘が鋭い。

じゃんけんで姉に勝った事がないし、誰か来るとか親戚が亡くなるとかよく当たる。

怖いなと思ったのは、電車に乗っている最中に電話がかかってきて『電車降りて。今すぐ話をしたいの』と言われ降りたところ、どうでも良い話に数十分付き合わされ内心腹を立てていたら、目的地でかなり大きな事故が起きていた。

聞いても「別に」で他に何も話さない人だけど、勘の鋭さは半端ない。

その姉が「なるほどね」と言ったから少し引っかかっていた。

数日後、姉から人形が送られてきた。

「何これ?」と電話をしてみたら、『とりあえず枕元に置いて寝てみて』とだけしか言わない。

姉と違って人形趣味がないから、何だかなあと思いながら枕元に置いて寝たら、その日から物凄くよく眠れるように。

姉に「何かすごく良く眠れるんだけど、何あれ?」と聞いたけど、『そうか、良かったね。それはあげるよ』と言うだけでやはり何も言わない。

それ以来、枕元にその人形がいるんだけど、毎日見ているうちに何だか情が湧いてきて、服なんかを買って着せ替えている。

他の人形を見ても特に可愛いと思えないから、本当に人形者になったとは言えないんだけど、その人形は可愛くて仕方ない。

姉は相変わらずあまり何も言わないけど、やはり何かあった気がして怖い。

後日談 – 1 –

連休中に姉が遊びに来たのだけど、お土産に人形用のピンクの靴を持ってきてくれた。

実は、少し前にピンクの洋服を初めて自分で縫ってみて、可愛いけど靴だけ合わない。

どこかに売っていないかなと思っていたから驚いた。

あと、隣の部屋に6人家族がいて凄く煩かったんだけど、姉は来るなり「もうすぐ引っ越すよ」と言っていた。

すると連休最終日の夜、いきなりいなくなっていた。どうも夜逃げらしい。

相変わらず謎の多い人だと思う。

後日談 – 2 –

あれから他の人形に興味が湧く事はないけど、姉からもらった人形はとても可愛がっている。

今回お正月と言う事で、見よう見まねで一生懸命着物を作って着せてみた。

可愛かったから着物を着せた人形を持って帰省したら、「はいこれ」とちりめんの人形用草履をくれた。

草履まで間に合わなかったから、靴のままだったんだ。

着物を作った事は一切言ってないのに、何で分かるんだろう…。

後日談 – 3 –

姉に突然「鞄の中にあるぬいぐるみ出して」と言われ、思い当たる節がないので何だろうと思っていたら、友人からゲーセンで貰ったぬいぐるみストラップだった。

「これはこっちで処分するから」と言われて、有無を言わせず持って行かれた。

こういう時は何か理由があると解っているし、聞いても答えないのでそのまま預けて帰ったけど、昨日彼氏の二股が判明。

相手はそのストラップをくれた友人だった。

気が付かなかった自分の馬鹿さ加減に腹が立って、物凄く落ち込んでいるけど、姉があのストラップに何を見たかの方が気になって仕方ない。

関連記事

神奈川県某駅の駅ビル

小学校入るくらいまでの体験。神奈川県某駅の駅ビルで、階段やエスカレータなど使わずに、3Fから4Fにワープした。駅との連絡口が3Fで、決まったルートを歩くと4Fに着いてる。 …

きよみちゃん

私が小学校三年生の時の話です。そのころ、とても仲よしだった「きよみちゃん」という女の子がクラスにいました。彼女と私は、学校が終わると、毎日のようにお互いの家を行き来して…

逆光を浴びた女性(フリー素材)

真っ白な女性

幼稚園ぐらいの頃、両親が出掛けて家に一人になった日があった。昼寝をしていた俺は親が出掛けていたのを知らず、起きた時に誰も居ないものだから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。 …

弟の言葉

弟が一時期変なこというので怖かった。子供の頃、うちの実家はクーラーが親の寝室にしかなく、普段は自分の部屋で寝ている私も弟も真夏は親の部屋に布団をしいて寝ていた(結構広い部屋で1…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

赤い橋

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんの所に行ったんだ。婆ちゃんはよく近所の孤児院でボランティアをしていて、俺もよく介護のボランティアをして…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…

幸福の妖精

リクルートスーツを見る季節になると、毎年思い出すお話。俺は就職活動してた。バブル崩壊後の冷や水ぶっかけられた氷河期世代あたりだと思ってくれ。俺は理系で一応研究職希望だったけど、…

庭に咲く花(フリー写真)

光る玉

私の母は私を産む前に二度流産しており、三度目(私)の時も、何度か駄目になりかけていたそうです。妊娠4ヶ月頃の時も、やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、その時、庭で二人…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…