最強の姉

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

product-hugerect-14404-1052-1328719047-fc7ebe6d2bcef4fba540c284d43fccd7

一年前から一人暮らしを始めて以来、不眠症が酷くなった。

数ヶ月前に姉が遊びに来て、「へー…ここ住んでるんだ。そうかそうかなるほどね」と変な言葉を残して帰って行った。

霊とか一度も口にした事がない姉だけど、この人はとにかく勘が鋭い。

じゃんけんで姉に勝った事がないし、誰か来るとか親戚が亡くなるとかよく当たる。

怖いなと思ったのは、電車に乗っている最中に電話がかかってきて『電車降りて。今すぐ話をしたいの』と言われ降りたところ、どうでも良い話に数十分付き合わされ内心腹を立てていたら、目的地でかなり大きな事故が起きていた。

聞いても「別に」で他に何も話さない人だけど、勘の鋭さは半端ない。

その姉が「なるほどね」と言ったから少し引っかかっていた。

数日後、姉から人形が送られてきた。

「何これ?」と電話をしてみたら、『とりあえず枕元に置いて寝てみて』とだけしか言わない。

姉と違って人形趣味がないから、何だかなあと思いながら枕元に置いて寝たら、その日から物凄くよく眠れるように。

姉に「何かすごく良く眠れるんだけど、何あれ?」と聞いたけど、『そうか、良かったね。それはあげるよ』と言うだけでやはり何も言わない。

それ以来、枕元にその人形がいるんだけど、毎日見ているうちに何だか情が湧いてきて、服なんかを買って着せ替えている。

他の人形を見ても特に可愛いと思えないから、本当に人形者になったとは言えないんだけど、その人形は可愛くて仕方ない。

姉は相変わらずあまり何も言わないけど、やはり何かあった気がして怖い。

後日談 – 1 –

連休中に姉が遊びに来たのだけど、お土産に人形用のピンクの靴を持ってきてくれた。

実は、少し前にピンクの洋服を初めて自分で縫ってみて、可愛いけど靴だけ合わない。

どこかに売っていないかなと思っていたから驚いた。

あと、隣の部屋に6人家族がいて凄く煩かったんだけど、姉は来るなり「もうすぐ引っ越すよ」と言っていた。

すると連休最終日の夜、いきなりいなくなっていた。どうも夜逃げらしい。

相変わらず謎の多い人だと思う。

後日談 – 2 –

あれから他の人形に興味が湧く事はないけど、姉からもらった人形はとても可愛がっている。

今回お正月と言う事で、見よう見まねで一生懸命着物を作って着せてみた。

可愛かったから着物を着せた人形を持って帰省したら、「はいこれ」とちりめんの人形用草履をくれた。

草履まで間に合わなかったから、靴のままだったんだ。

着物を作った事は一切言ってないのに、何で分かるんだろう…。

後日談 – 3 –

姉に突然「鞄の中にあるぬいぐるみ出して」と言われ、思い当たる節がないので何だろうと思っていたら、友人からゲーセンで貰ったぬいぐるみストラップだった。

「これはこっちで処分するから」と言われて、有無を言わせず持って行かれた。

こういう時は何か理由があると解っているし、聞いても答えないのでそのまま預けて帰ったけど、昨日彼氏の二股が判明。

相手はそのストラップをくれた友人だった。

気が付かなかった自分の馬鹿さ加減に腹が立って、物凄く落ち込んでいるけど、姉があのストラップに何を見たかの方が気になって仕方ない。

関連記事

田舎の風景(フリー写真)

大きな馬

昭和50年前後の事です。 うちの祖父母が住んでいた家は、東京近郊の古い農家の家でした。農業は本職ではなく、借家でした。 敷地を円形に包むように1メートル程の高さの土が盛ら…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。 友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…

異世界で過ごした日々

これまで3回ほど異世界に行ったことがあります。 1回目は多分、9歳か10歳の頃。2回目は23歳の頃、3回目は10年前の36歳の頃でした。 あの世界に行くのはいつも決まって、…

何で戻ってくるんだ

3年程前の話。私は今でも、バイク好きで乗ってるんですけど、3年前は俗に言われる走り屋って奴だったんです。 その時行ってた峠の近くに湖があって、そこに大きな橋がかかってるんです。 …

裏世界

不思議な記憶というか、今でも鮮明に覚えている記憶。 小学5年生の夏休み、家の裏手にある大きなグラウンドで、夏休みの自由研究である「身近にいる昆虫リスト」を作っていた。 する…

江戸時代にタイムスリップ

思い出すと身の毛もよだつが、話さずにはいられないので書いてみる。 平成20年の6月24日、外回りの仕事で顧客名簿を片手にH市内を走り回ってた。 この日は梅雨独特のジメジメした気温で、汗…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

砂場(フリー写真)

サヨちゃん

俺は小学校に入るまで広島の田舎の方に住んでいた。 その時に知り合った『サヨちゃん』の話をしよう。 ※ 俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。 …

太陽の光(フリー写真)

わたしの靴がないの

従姉妹が19歳という若さで交通事故に遭い、亡くなりました。 それから半年ほど経った頃、夢を見ました。 従姉妹の家に沢山の人が訪れ、皆それぞれ食事をしながら談笑しています。 …

龍神様の掛け軸

実家にある掛け軸の話。 いつ誰が買ってきたのかも定かでない、床の間に飾ってある龍神様の描かれた小ぶりの掛け軸。 聞けば祖母が嫁いできた頃には既にあったと言うから、既に70年…