最強の姉

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

product-hugerect-14404-1052-1328719047-fc7ebe6d2bcef4fba540c284d43fccd7

一年前から一人暮らしを始めて以来、不眠症が酷くなった。

数ヶ月前に姉が遊びに来て、「へー…ここ住んでるんだ。そうかそうかなるほどね」と変な言葉を残して帰って行った。

霊とか一度も口にした事がない姉だけど、この人はとにかく勘が鋭い。

じゃんけんで姉に勝った事がないし、誰か来るとか親戚が亡くなるとかよく当たる。

怖いなと思ったのは、電車に乗っている最中に電話がかかってきて『電車降りて。今すぐ話をしたいの』と言われ降りたところ、どうでも良い話に数十分付き合わされ内心腹を立てていたら、目的地でかなり大きな事故が起きていた。

聞いても「別に」で他に何も話さない人だけど、勘の鋭さは半端ない。

その姉が「なるほどね」と言ったから少し引っかかっていた。

数日後、姉から人形が送られてきた。

「何これ?」と電話をしてみたら、『とりあえず枕元に置いて寝てみて』とだけしか言わない。

姉と違って人形趣味がないから、何だかなあと思いながら枕元に置いて寝たら、その日から物凄くよく眠れるように。

姉に「何かすごく良く眠れるんだけど、何あれ?」と聞いたけど、『そうか、良かったね。それはあげるよ』と言うだけでやはり何も言わない。

それ以来、枕元にその人形がいるんだけど、毎日見ているうちに何だか情が湧いてきて、服なんかを買って着せ替えている。

他の人形を見ても特に可愛いと思えないから、本当に人形者になったとは言えないんだけど、その人形は可愛くて仕方ない。

姉は相変わらずあまり何も言わないけど、やはり何かあった気がして怖い。

後日談 – 1 –

連休中に姉が遊びに来たのだけど、お土産に人形用のピンクの靴を持ってきてくれた。

実は、少し前にピンクの洋服を初めて自分で縫ってみて、可愛いけど靴だけ合わない。

どこかに売っていないかなと思っていたから驚いた。

あと、隣の部屋に6人家族がいて凄く煩かったんだけど、姉は来るなり「もうすぐ引っ越すよ」と言っていた。

すると連休最終日の夜、いきなりいなくなっていた。どうも夜逃げらしい。

相変わらず謎の多い人だと思う。

後日談 – 2 –

あれから他の人形に興味が湧く事はないけど、姉からもらった人形はとても可愛がっている。

今回お正月と言う事で、見よう見まねで一生懸命着物を作って着せてみた。

可愛かったから着物を着せた人形を持って帰省したら、「はいこれ」とちりめんの人形用草履をくれた。

草履まで間に合わなかったから、靴のままだったんだ。

着物を作った事は一切言ってないのに、何で分かるんだろう…。

後日談 – 3 –

姉に突然「鞄の中にあるぬいぐるみ出して」と言われ、思い当たる節がないので何だろうと思っていたら、友人からゲーセンで貰ったぬいぐるみストラップだった。

「これはこっちで処分するから」と言われて、有無を言わせず持って行かれた。

こういう時は何か理由があると解っているし、聞いても答えないのでそのまま預けて帰ったけど、昨日彼氏の二股が判明。

相手はそのストラップをくれた友人だった。

気が付かなかった自分の馬鹿さ加減に腹が立って、物凄く落ち込んでいるけど、姉があのストラップに何を見たかの方が気になって仕方ない。

謎の駅と老人の地図

俺は5年前、大学1年の時に重い精神病を患った。 最初は何となくやる気が起きないことから始まったんだが、そのうち大学の構内とか、人込みの中とかで、俺の悪口が聞こえるようになったんだ…

住宅街(フリー写真)

ヤクルトをくれるお婆さん

あれは俺が小学4年生の時でした。 当時、俺は朝刊の新聞配達をしていました。 その中の一軒に、毎朝玄関先を掃除しているお婆さんが居ました。 そのお婆さんは毎朝、俺が …

戻って来たお手伝いさん

おばあちゃんに聞いた、ささやかな話。 母と二時間ドラマを見ていて、「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、 母が「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一…

踏み入るべきではない場所

私がまだ小学校低学年の幼い子供だった頃、趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。 「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。 特…

切り株(フリー写真)

桂の木

亡き母は勘が良い人だったたけに、色々と不思議で恐い話があります。 母方の祖母が大事にしていた桂の大木が庭にあったのですが、増築する為にその木を切る事になってしまいました。 …

石段の向こう

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。 私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。 母が婚前に英語の教師をした影響…

母を名乗る女の人

小学校に上がる前の、夏の終わりの頃の話。 私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。 喉が渇いて目が覚めると、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う…

名も知らぬ息子

「僕のお母さんですか?」 登校中信号待ちでボーっとしていると、突然隣の男が言った。 当時私は20歳の大学生で、妊娠・出産経験はない。それに相手は、明らかに30歳を超えていた…

雪(フリー写真)

片道の足跡

北海道は札幌に有名な心霊スポットの滝がある。 夏場などは、夜中なのに必ずと言って良いほど駐車場に車が数台停めてあって、若い声がきゃーきゃー言っているような有名な場所。 ※ 当…

飲み屋街(フリー写真)

仏壇の異変

叔母さんが久々に俺の家に遊びに来た時、つい先日見たテレビの恐怖特集の話になり、 「幽霊とか居る訳ねーじゃん!」 という会話をしていた時だった。 その叔母さんが、お客さ…