神々と魔物の戦争

公開日: 世界の謎

in-the-world-not-of-the-world-greg-olsen

俺は青森に住んでいるんだけど、青森って霊能力者みたいな人がかなり多い。

俺は黒石市なんだが、前に親父の火葬で、火葬場に親族一同集まった事がある。当然坊さんも来る。

それで大きな待合室の隅の喫煙所で煙草を吸っていたら、坊さんも一服しにきたんだよ。

その時に少し話をしたんだけど、坊さんの話って結構面白いんだよな。

その坊さんは職業として僧侶やっているんだけど、その道に入ったのは、やはり霊能力みたいなものが少しあって、昔から自分は坊主やるんだろうなと思っていたからとか。

話の中で興味深かったのは、青森ってリアルに霊界に一番近い土地なんだと。

恐山が人間の世界の局地というか、ある意味端っこだそうだ。

それで北海道は神様の土地なんだって。原住民のアイヌは文字通り神の民。

今の世界は六道でいう修羅道になっているけど、幸いまだ日本に地獄が出来た事は無いらしい。

神が負けると地獄になるんだけど、修羅道というのはまさに神と魔物が戦争している状態なんだって。

魔物は人間から恐怖を取り去ってしまい、神を恐れなくなって神を殺そうとしたり、やってはいけない罪を犯してしまう。

過去にあったアイヌ民族迫害などは、まさに魔物に取り憑かれた人間の行為その物らしい。

その神が負けないように神を手助けするのが神道で、魔物に負けない人間を作るのが仏教の教え。

問題はこの続きの話で、「神が負けて地獄になったらどうなるのか?」と聞いてみたんだ。

そしたら、「既に一回負けてる」と言うんだよ。

おかしな話だよな。日本に地獄はまだ無いのに。

それで何故なのか聞いたら、

「日本じゃなく遠い国で負けた。そこはもう地獄になっていて、神も魔物もいなくなってる」って言うのさ。

じゃあそれどこって聞いたら、さらっと「イスラエル」と言った。仏教の坊さんがだよ。

それで神様は仕方なく中国大陸を通って日本まで逃げ込んで、日本人とは別のアイヌの民として、なんとか形勢を立て直そうと奮闘しているらしい。

以前は規律を教えるばかりで、魔物に対処する術を持たなかった人間をなんとかする為に、シルクロードを通る中でインドの仏教や道教を作り出して、日本で一応の完成を迎えたらしいんだけど…。

それでもまだ魔物がしつこ過ぎて、やられそうなんだってさ。

だから霊界に一番近い青森で沢山の霊能力者を作って、なんとか対抗しようと頑張ってるんだそうだ。

ちなみに神が魔物に打ち勝つには、人間がその存在を知れば良いだけなんだって。

別に祈るとか、訳解らん高い壷買うとかは不要(笑)。

ただ何となくでいいから、神様居るよって思っていれば良い。

それを色々な人に伝えるのが霊能力者の役割で、そういう人は神も魔物も見えちゃうし、魔物からしたら敵なので大変らしい。

というか俺の知り合いにも一人、見えるどころか軽く悟った奴が居るから、思わず納得してしまった。

そいつも「神様はちゃんと居て俺達を見てくれてる」と言うし、その割に変なのに憑かれていて大変だった。

俺はそいつと一緒に居る時は変なものを沢山見たし、幸い俺は遭遇しなかったけど、「魔物にも憑かれてる」と言ってたし。

殆どユダヤ教の教えのような話だけど、その坊さんは本気で語っていた。

あと北海道は神様の土地と言うけど、物理的にはただの土地なので、青森が一番らしい。

エルサレムも国家としてのイスラエルじゃなく、約束の土地という意味のイスラエル。

中東近辺はもう神様の手から離れているから、人間がなんとかするしかないって。

「そのうち中東から、大なり小なり最後の戦争は必ず起きる」とも言っていた。

その時まで日本を守るのが、今の神様が考えてる事だとさ。

以上。なんだか怖くも無いしつまらない話だけど…。

というか今まで書こうかかなり迷ってたんだけどね。これは創作でも何でもなく、本気で坊さんが言っていた話。

知り合いの霊能力者も、数年前からコンタクトが取れなくなっている。

そいつが言うには、「今のところ人間は覚悟が足らない」ってさ。

あと、「神様はピンチではあるけど負ける事は無いだろう」とも言ってた。

「完全に魔物の意思の人間も既に沢山居るけど、そいつらは神様じゃなく人間によって駆逐されると思う」とも。

知り合いに本物の霊能力者が居るなら、これと同じ事を聞いて見て欲しい。似たような事を言うかも知れない。

をのこ草子

「をのこ草子」という文書を知っていますか? 江戸時代に書かれた読み物で、現代でいえば小説みたいなものなのですが、作者が不明で、成立年代もはっきりしません。 書いてある内容が驚くほど現代…

続・ペガサス計画

「ペガサス計画」にまた一人、証言者が現れた。 Daily Mirrorが報道したところによれば、キャプテン・ケイと名乗る退役海兵隊員が17年間、火星に作られた軍事基地に配属されて…

ゲシュタルト崩壊

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。 鏡に映った自分を見ながら「お前は誰だ」と言ってみてください。 いえ、お化けとか幽霊だとかそういう類のモノではないん…

エリア51

アメリカのネバタ州南部、アメリカ空軍によって管理されているグルームドライレイク近郊の一地区、ここが「エリア51」と呼ばれる空軍基地だ。正式名称はグレーム・レイク空軍基地という。 …

ウェンディゴ憑き

ウェンディゴは、カナダ南部からアメリカ北端のインディアンたちに伝わる精霊の呼び名。地方によって多くの呼び名がある。 若しくは、北アメリカのオジブワ族やアルゴンキン語族系インディア…

空からの落下物

皆さんは、ファフロッキーズという現象をご存知だろうか。 空から突然、カエルや魚が降ってくる現象の事だ。古くは、9世紀頃の日本でも観測されている。 天空より降ってくるものは実…

ペガサス計画

CIA(中央情報局)とDARPA(国防高等研究計画局)が中心となったアメリカの極秘の時空トラベルプロジェクト「ペガサス計画」をご存知だろうか? タイムトラベル技術を応用して月や火…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。 自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…

聖ヨゼフの階段

サンタフェにあるロレット・チャペルは、建築家 P.ムーリーによってが設計されて1873年から工事が始まった。しかし構築物がほとんど完成されてから一つの恐るべき誤りが発見された。せっかく…

霊界への扉『スノーノイズ』

皆さんも、一度はテレビを点けたまま寝てしまい、気付くとテレビが砂嵐だった…という経験はないだろうか。 この砂嵐、あまり気分の良いものではない。この砂嵐はテレビの受信信号が低下した…