ヒサルキで思い出した体験談

公開日: ヒサルキ | 不思議な体験

self_portrait2_by_hikarishimoda

あれは私が小学校4年生くらいの頃だった。

私が通っていた小学校は全校生徒40人弱と過疎化が進んでいる田舎の学校で、とにかく周りは山や段々畑ばかりで、コンビニなんて学校から10キロ先にしか無いような所だった。

そんな学校なので当然動物なんかも沢山出る。狐や猿やイノシシ、野犬なども出る。

既に周りが動物園みたいな環境だが、学校でも、ウサギ、インコ、鶏、烏骨鶏を飼っていた。

この学校では学年ごとで飼育する動物が決まっていた。私の学年はうさぎの飼育だった。

その日、私は夕方の餌やり当番だった。9月も後半に入ったがまだ暑く、夕暮れ時ヒグラシが鳴いていた。

私はグラウンドにあるウサギ小屋に、ダンボール一杯に入ったキャベツの残飯を持って向かった。

グラウンドでは3人ほど女子がジャングルジムで遊んでおり、終わったら仲間に入れてもらおうとか考えていた。

ウサギは全部で6羽いて、誰かが餌を持ってきたのを見るとドアの前に餌をもらいに集まって来る。

私は生き物が好きだったので、その姿が好きでとても可愛らしかった。

しかし、その日はなんだか様子がおかしい。いつもだったら小屋の前に立った段階で金網越しからウサギが見えているのだが、1羽も見当たらない。

俺は小屋のドアノブを回し中に入った。

中に入るとやはり1羽も見当たらない。

中は荒れた様子もなく、ただ『ウサギがいない』と言う状態だ。

もしかして逃げた…?

私は慌てて外で遊んでいた女子達に駆け寄って行った。

遊んでいたのは学校の近くに住んでいる姉妹だった。

私は「ウサギがいない」と言う事を伝えた。

とりあえず先生を呼びに行こうと言う事になった。

そこで一人が「私はここでうさぎが周りにいないか探す」と言い、私と姉妹は職員室へ向かった。

職員室に行くと担任の先生と教頭先生がいた。私たちは担任の先生に事情を話した。

「とりあえずウサギ小屋の周りを調べてなさい、少しして先生も行くから」

と言われて私たちはグラウンドに戻った。

グラウンドに戻ると私たちはすぐウサギを探し始めた。

だが、1羽がすぐに見つかった。

グランドの真ん中で背をピーンと伸ばし、目を見開き腹の辺りが割かれ、内蔵が無いのかお腹が凹んでおり、周りに腸の切れ端みたいな物が少し落ちていた。

だが、周りに血痕は無く、何処かで腹を割いて置いたようだった。

死体を調べていると先生がやってきた。

先生は死体を見ると「今日はもう遅いからとりあえず家に帰りなさい。明日埋めてあげようね」と言い、俺たちはとりあえず家に帰る事にした。

次の日、私たちは学校に来て4年生全員(男4、女4の8人)でウサギを埋める事から始まった。

田舎の学校だからか、飼っていた生き物が死んだりしたら、通常の授業はお休みになり、時間を作ってくれていた。

私たちはウサギをグラウンドの隅っこに埋めてあげるようにした。

男子は穴掘り、女子は野花とクッションになる葉っぱなんかを取りに行った。

穴を70センチほど掘りウサギを埋める時、私は昨日の事をみんなに話した。

そして、もしかしたら野犬か何かが入って来て、それに追われて逃げ出して殺されたんじゃないかと言う推理を立てた。

そんな推理を立て私たちはウサギを埋め終わり、「まだ生き残りがグランドに隣接する山にいるかもしれない」との事で山を散策する事になった。

山に入ってすぐ私たちは3羽のウサギを見つける事ができた。

1羽目は埋めてあげたウサギの様な状態。

2羽目は頭から前足だけが残っている茶色のウサギ。

3羽目は白色で下半身だけ残されて内臓が飛び出している状態。

それらが5~6メートル間隔でバラバラな位置で死んでいた。

そして、この死体には不快な点が子供ながらにあった。

それはあまりにも切断面が綺麗なのだ。

それだけではなく、どのウサギの毛にも血が一滴も付いておらず、周りに血が飛び散った形跡もない。

解らない人がいるだろうが、映画『バイオハザード』のレイザーカッターに真っ二つにされた感じだった。

その死体を見つけてからもしばらく探したが、結局この3羽以外見つからなかった。

その後、私たちはこの3羽もグラウンドの隅っこに埋める事にし、3羽を埋め終わる時にはお昼になっていた。

放課後、私たちはウサギのお墓に行った。すると異変が起きていた。

一つの墓が掘り起こされ、死体がグラウンドの中心に移動されていた。

『動物か何かに掘り起こされたのかな?』とか思いながら、もう暗くなりはじめていたので、私たちはお供え物の花だけ置いて家に帰ることになった。

次の日、学校のインコが死んでいた。

それも全滅で、その死に様が全て金網に首を突っ込み首を吊っている状態だった。

とても異様な光景だったのを覚えている。

先生は『猫か何かが来ておどかして慌てて金網に突っ込んだんだろう』とか言っていた。

しかし慌てて飛び回って金網を突き破る程の力がインコにあるのだろうか?

その後、このような動物の変死事件は起きることはなくなった。

と言うより、それ以来鶏以外の動物がいなくなり死ぬ動物がいなくなったと言う方が正しいだろう。

しかし、こうして思い返して見ると、おかしな点が幾つもあると気が付いた。

まず、私がウサギを見に行った時、確かにドアはしっかり閉まっており、中は誰も荒らした形跡がなかった。

次にウサギの切断面が綺麗であり、死体は内臓以外は比較的綺麗に残っていた。

最後に、グラウンドで『私はここでうさぎが周りにいないか探す』と言った子が誰か判らないことだ。

昔の事なので記憶が無くなってるからかもしれないけど、なぜか顔が思い出せない。

それに、なんでグラウンドの真ん中で死んでるウサギに気が付かなかったんだろうか…。

だってそこは、俺が姉妹とそのもう一人の子が話していた場所の近くだったのに。

時間停止

小学生の時の話。 昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。 単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタ…

普通の子に戻れた日

小さい頃、私は知的障碍を持っていると思われていました。 言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。 …

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。 その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。 山一つと言っても、子…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。 諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。 それまで祖母とは小さな漁師…

日記帳(フリー写真)

祖父母の祈り

私が15歳の一月。 受験を目の前にして、深夜から朝まで受験勉強をしていた時、机の上に置いてあった参考書が触っていないのに急に落ちた。 溜息を吐いてそれを拾いに机の下に潜った…

髪寄りの法

祖父が子供の頃に体験した話。 祖父は子供の頃、T県の山深い村落で暮らしていた。村の住人の殆どが林業を営んでおり、山は彼らの親と同じであった。 そんな村にも地主が存在しており…

ワームホール

ワームホール

14年前、多摩川の河原から栃木の山中にワープした。 草むらに見つけた穴を5メートルほど進んで行ったら、なぜか板壁に突き当たった。 その隙間から這い出てみると、森の中の腐りか…

神秘的な山(フリー写真)

サカブ

秋田のマタギたちの間に伝わる話に『サカブ』というのがある。 サカブとは要するに『叫ぶ』の方言であるが、マタギたちが言う『サカブ』とは、山の神の呼び声を指すという。 山の神…

妖狐哀歌(宮大工10)

オオカミ様が代わられてから数年が経った。 俺も仕事を覚え数多くの現場をこなし、自分でも辛うじて一人前の仲間入りを果たす事が出来たと実感するようになった。 また、兄弟子たちも…

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。 俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。 俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…