紫の世界

夕焼け

この話は、主人公が早朝にタバコを買いに出かけた際に、普段とは異なる不可解な出来事に遭遇した体験談です。

日の出直後、寝ぼけた状態で外に出た主人公は、居間で新聞を読んでいる父親に「タバコを買ってくる」と伝えます。父親は不明瞭な言葉で返事をしましたが、主人公はそれを気にせず外に出ます。

外では、言葉がおかしな掃除する人に出会い、自動販売機でタバコを買います。タバコを吸った瞬間、周囲の状況がおかしいことに気付きます。自動販売機の数が増えており、空がドス黒い紫色になっています。

混乱し、家に戻ろうとしますが、家を見つけられず、異様な雰囲気の中で顔のない人物に遭遇します。その人物に攻撃され、失神します。

意識が戻ったときには、通常の景色に戻っており、家の近くで掃除する人に出会います。家に戻ると、普段は仕事に行っているはずの父親がおり、「今日は『紫』なんだから」と言います。

その後、父親から聞いた話によると、彼らの家系には紫色の朝焼けの日には外に出歩くなという家訓があり、父親自身も若い頃に変なところに迷い込んだ経験があるとのことでした。父親はその日の朝焼けが紫色っぽかったため、主人公に気をつけるように言っていました。

関連記事

神に愛されるということ

私は占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。 「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず…

神社の思い出

小学生の時、家の近くの神社でよく遊んでた。 ある日、いつも通り友達みんなで走り回ったりして遊んでいると、知らない子が混ざってた。 混ざってたというか、子供の頃は誰彼かまわず…

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。 実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。 弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

夜の繁華街

赤い服の男

かつて私が所属していたサークルの公演が終わったある夜、私たちは近くの居酒屋で打ち上げをしていました。 公演の開始時間が遅かったため、打ち上げが終わる頃には時計の針は既に午前一時…

京都(フリー写真)

かわらけのお狐さん

小学生の頃に学校の畑を掘ったら、土の中から陶器の狐が出てきた。 真っ白のかわらけで出来た狐のお面みたいなもので、他にも沢山出て来た。 七福神や打出の小槌などの縁起物もあっ…

真っ白ノッポ

俺が毎日通勤に使ってる道がある。田舎だから交通量は大したことないし、歩行者なんて一人もいない、でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。 高校時代から27歳になる現在まで…

家族っぽい何か

先週の事なんだけど、小三の俺の弟が体験した話。 弟はその日、学校が終わって一度家に帰ってから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になってかくれんぼをして…

炎

再生する時間

私は一度死んだことがあります。この事実だけ聞いても、どういうことか理解しづらいと思いますので、詳細をお話しします。 私が小学1年生の頃の話です。夏休みが終わり、2学期が始まりま…

登山(フリー写真)

伸びた手

8年前の夏、北陸方面の岩峰に登った時の話。 本格登山ではなくロープウエーを使った軟弱登山だった。 本当は麓から登りたかったのだが、休みの関係でどうしようも無かった。 …

工場

不可解な扉の向こう

幼い頃の私には忘れられない体験があります。それは幼稚園の頃、よく遊びに行っていた祖父の家で起きた出来事です。祖父の家は関東のどこか、田舎でも都会でもない中途半端な場所にありました。そ…