架空の最終電車

旧生駒トンネル(フリー写真)

大阪から奈良へ抜ける近鉄奈良線。

大阪と奈良の間には生駒山があり、電車は長いトンネルを通ることになる。

現在のトンネルは『新生駒トンネル』と言い、その昔、数々の死傷事故を起こした『旧生駒トンネル』に代わり、昭和30年代になって掘削されたものだ。

しかし多くの死者を出した旧トンネルのせいか、今だに怪現象が多発するという。

私は、昭和21年に旧生駒トンネルで発生した車両火災事故に、実際に遭遇した人物の話を聞いたことがある。

その人物とは私の小学校時代の美術の先生で、当時既に50歳を超えていたと思う。

どういう訳か、私は彼に大変かわいがられていたと記憶している。

ある放課後、どのようないきさつかは忘れたが、彼は忌まわしい旧生駒トンネルの火災事故の話をしてくれた。

戦後間もない頃(昭和21年)のこと。

大阪から奈良へ向かう彼を乗せた近鉄電車が、旧生駒トンネルの中ほどまで差し掛かった時だった。

登り急勾配の難所に旧式のモーターが耐えられず、突如発火した。

古い車体はあっという間に炎に包まれ、乗客はパニックに陥った。

暗いトンネル内を我先に逃げ惑う人々。

電車は奈良側の出口まであと少しの所で停まっていた。

当然、大多数の乗客が、より近い奈良側の出口を目指して坂を登って行った。

「なあ、坊(先生はなぜか私をこう呼んでいた)。

どんな時も、落ち着かなければあかんよ。

僕はその時、咄嗟に気付いたんや。

この時期、大阪湾からの浜風は生駒山に向けて吹いてるはずやってな。

それで指を舐めて、風向きを調べたんや。

そしたら案の定、風はトンネルの下の方から吹いていたんや…」

狭いトンネル内での火災は、火そのものよりも有毒ガスによる中毒が命取りになる。

彼は冷静な判断で、遠いけれど風上になる大阪側の出口を目指し、無事生還することが出来たのだ。

逆に風下の奈良側へ逃げた乗客の多くが、有毒ガスによって命を落としたのだった。その数28名。

私は固唾を呑んで先生の話に聞き入っていたが、その後、彼の口をついて出た話に…恐怖した。

その後も不可解かつ不幸な事故を繰り返した『旧生駒トンネル』は、そもそも掘削当初から落盤事故によって多数の犠牲者を出した、曰く付きのトンネルだった。

そのため、幽霊話や怪奇現象の類が絶えず噂されていたが、中でもこの逸話は最も印象深い。

事故の後、沿線の利用客の間で奇妙な噂が流れた。

「奈良方面行きの最終電車が…おかしい」

深夜、乗客もまばらになった最終電車が、石切駅を発車する。

ごとん、ごとんと電車は勾配を登り、トンネルに差し掛かる。

急坂を全力で登る電車のモ-ター音が、悲鳴のように車内に響き渡る頃、がらんとしていた車内が突然…『満員乗車』に変わるのだ。

窓という窓に、無数の人影が映る。

連結幌の所に佇む男…。

この様子は、車外からも目撃されたという。

あまりの目撃談の多さに、電鉄会社も対応を余儀なくされた。

そして、ある作業によってこの状況を改善しようとしたのだった。

その作業とは…『最終電車の後に、もう一本電車を走らせる』というものだった。

つまり回送電車である。

しかしこれでは解決しなかった。いや、悪化したとも言える。

無人のはずの回送電車に、以前にも増してギッシリと人が乗っているのが、外から確認できるのである。

業を煮やした電鉄会社は、更にダイヤの改正を行った。

すなわち、ダイヤ上に『架空の最終電車』を設定したのだ。

そして石切駅の時刻表には、決して走ることのない最終電車の発車時刻が記されるようになったのだ。

その効果があったのか、不思議とその後、奇怪な目撃談は聞かれなくなったという。

一件落着…いや、事はそんなに容易くないようだ…。

最近になって、私は友人Oの兄の体験を聞かされた。

彼は霊感が非常に強く、数々の心霊体験の持ち主である。

彼は通勤でいつも近鉄奈良線を利用しているのだが、毎日のように悩まされるというのだ。

彼曰く、

「ラッシュで満員の車内で、人の話し声がする。

もちろん乗客も喋ってるけど、何か違うんや。

あれは…異次元の声や。

想像してくれ、ヘッドホンの左右から別々の会話が聞こえるとしたら…。まさにステレオ状態なんや。

ただ、片方の声ははっきり意味が解るのに、もう一方は全く聞き取れない。

「うわわわわわわ……」

と言うだけなんや…」

現在では『旧生駒トンネル』は閉鎖され、電源施設等に再利用されており、草生した入り口は立ち入り禁止となっている。

昼間でも山肌に黒々と口を開けたトンネルの様子は不気味である。

ただし、奈良側の出口は現在の近鉄東大阪線のトンネルと共用されているようなので、大阪向きの先頭車からは覗くことができるかもしれない。

カナちゃんのメッセージ

ここでの俺は神楽と名乗ることにする。断っておくが、本名ではない。今はサラリーマンをしているが、少し前までは神楽斎という名で霊能者をしていたからだ。雑誌にも2度ほ…

禍垂(かすい)

昔まだ十代の時で、して良い事と悪い事の分別もつかない時の話。中学を出て高校にも行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。いつものようにツレから連絡があり、今から肝…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

ミンキーモモ

10年程前の話です。当時学生だった私は、友人とドライブに出かけました。昼間にも関わらず「横須賀の心霊スポットを見に行こう」というものでした。場所は、ご存知の方はマニアと呼ばれる…

良い心霊写真

写真店のご主人から聞いた話ですが、現像した写真におかしなものが写り込む事は珍しくなく、そういったものは職人技で修正してお客さんへ渡すそうです。このご主人ですが、一度だけ修正せず…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

呪われた土地

俺の親友の話をしたいと思う。小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は、当時団地住まいだった俺にとって…