零というゲームが発端の出来事

カメラ

『零』というゲームを知っているかな?

幽霊を写せる特殊なカメラを使い悪霊と戦う謎解きゲームみたいなやつ。

それが発端とも言える話を嫁がしてくれた。

オカルトマニアの嫁が大学時代のこと。嫁と同じサークルに入っていた男に少し変わった奴がいた。

周りの人間を見下すような態度が多く、場の空気を読まない毒舌家でもあったため、嫁やサークルメンバーからは敬遠されていたそうだ。

そいつは嫁に気があったようで、しばしば彼女にちょっかいを出してきたらしい。

その日も嫁の気を引くため、次のような幽霊話を振ってきた。

・昔の人が言ったように、カメラには魂=エネルギーを吸い取る効果がある(彼によれば、写真はエネルギーをもぎ取って紙に焼き付けた物らしい)

・肉体があれば失ったエネルギーは回復できるが、純粋なエネルギー体である幽霊には相当なダメージとなる

・よってカメラを使って除霊する『零』のシステムは非常に合理的

箸にも棒にもかからぬ話と一笑に伏した嫁の態度にカチンと来たのか、男は「じゃあ、お前のために心霊写真撮ってきてやるよ!」とどこかへ行ってしまった。

だが彼の大言壮語はいつものことなので、誰も期待していなかったそうだ。

数日後、男はおかしな写真を持ってサークルに顔を出した。

俯き加減で暗い表情の若い女がカメラを睨んでいる。

フラッシュは焚いていたようだが、背景は黒くて殆ど何も見えない。

率直に言って、『零』で撮る幽霊写真のパクリとしか思えない代物だった。つまりどう見ても偽物。

男は興奮気味に幽霊を撮った際の武勇伝を語るが、彼が行った廃墟は心霊スポットでも何でもないただの空き家。

結局誰も写真を称賛せず、彼は法学部の奴に説教されただけだった。

それが不満だったのか、彼は写真を焼き増しして色々な出版社やTV局に送ったがどれも送り返されて来て、以後は梨のつぶて。

大量の焼き増しの処分に困ったのか、男はメンバーに写真を押し付け始めた。

大抵の者はゴミ箱に直行させたが、嫁は「偽物としても上手に作ったな」と冗談半分に保存しておいた。

数ヶ月が過ぎ、皆んながその写真のことなど忘れた頃、自宅の火事で男が亡くなった。火元は彼の部屋だったそうだ。

例え普段はウザいと思っていても、知っている人間が死んだというのは相当なショックらしく、サークルメンバーはお互いを慰めながら彼の思い出話などをしていた。

その流れで嫁が例の写真を取り出したところ、真っ黒だったはずの背景に赤い光が差していて、その光の中に真っ黒な物が幾つも折り重なっている。

その形はどう見ても人間であり、見ようによっては炎の中の黒焦げの人間。

女は相変わらずそこに立っているが、光のせいでその女が透けていることが分かった。

嫁はパニックになったのか、翌日その写真を廃墟に投げ捨ててしまった。

更に数ヵ月後、その空き家は不審火で焼け落ちた。

出版社というのは、送ったものを律義に送り返すものなのか。

写真は本物の心霊写真だったのか。

火事と写真にどれだけの因果関係があるのか。

嫁はそんなことを言って首を傾げていた。

そして、最近霊感の強い友人にこのことを話したところ、こんな返答があったらしい。

「その女には何の力も無く、ただそこに『居た』だけだったのに。

写真がエネルギーを紙に焼き付けるとまで分かっていたなら、なぜそれを焼き増ししようなんて思ったのか。

何も手を出さなければ、その女は永遠に無力でそこに『居る』だけの存在だっただろうに」

蛇足ながら、廃墟の火事の少し後でサークルの人がその家のことを調べたそうだ。

元々その空き家に住んでいたのは年配の夫婦で、独立して家を出た娘さんを火事で亡くし、引っ越して行ったのだそうだ。

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので、TVの前で…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…

思い出のテトリス

祖母が亡くなった時の話。祖父母4人の中で一番若い人で一番大好きな人だったから、ショックで数日経ってもまだ思い出しては泣いてた。ある日の夕方、自室のベッドで横になってやっ…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

悪魔の書

中学生の頃、俺は横浜に住んでたんだけど、親父が教会の神父やってたの。神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。まあ、俺なんて信心深い方じゃないし、一家…

夜道

白い傘を差した人

ある日、友人と遊んだ後、雨が降っているし時間も遅いからということで友人を家に送った帰りの話。今週の漫画をまだ読んでいないなと思い、コンビニへ行った。店内に客は自分だけ。…

ベンチに座る女

僕が中学生の頃の実体験。当時、僕はその辺りでは一番大きなマンションの7階に住んでいました。受験を控え、一応は深夜まで勉強する事が多かった僕は、2時頃から3時頃までの間に…

出ると噂されているホテル

仕事で地方へ行く用事が出来て、時間の関係で前の晩に新幹線に乗り一泊することになった。それで、同僚と話している時に予約したホテルの名前を言ったら、「お前知ってる? そのホ…

怪談ドライブ

もう十数年前、大学生だった私は、部活の夏合宿に出かけ、その帰り、大学の合宿施設の近くに実家のある先輩に誘われて、地元の花火大会を見学していた。花火大会の後、会場近くの河原で買い…